無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

2019年第44回 「視点」(20190606~13-東京都美術館)

2019年 第44回 全国公募写真展 『視点』の全国巡回展が近づいてきました。お近くの方は是非おいでください。

大阪展(堺市立文化館)

日時:2019年8月7日~11日

『視点』のちらし

ダウンロード - img_20190513_0003.pdf

ダウンロード - img_20190513_0004.pdf

 

主催:日本リアリズム写真集団/2019年「視点」委員会

私の作品は「沖縄ー不条理をこえて」です。6枚組。これはチョイと泣かせてくれます。昨年夏、翁長雄志知事がなくなり、玉城デニーさんが知事選に出て、勝った。今年の2月24日に県民投票までやって、これも圧倒的多数が反対に〇。この国はこうした沖縄の民意を無視し、踏み潰そうとしている。急遽、予定していた構想を捨て、負けてたまるかの思いで作品化しました。私なりの写真の力をお見せします。

 

巡回展(詳細は順次お知らせします)

大阪展(8月7日~11日) 浜松展(9月3~8日)  仙台展(10月8日~13日)、三重展(11月20~24日)

東京展(2019年6月6日~13日)東京都美術館(終了)

名古屋展(7月4日~7日)愛知県美術館(終了)

2019年7月21日 (日)

投票してきたーなぜ選挙に行くのか?(190721)

①行ってきましたー参議院選挙の投票に行ってきた。選挙区、比例区の各1名の名を書いた。

②なぜ投票するか?-私達一人ひとりが「主権者」だからです。内閣は主権者の意思を無視できないはずでしょう。主権は国民にあることになっているんだから。だから正々堂々と意思を示しましょうよ。投げ捨てちゃダメです。

③投票することから始まるー自分が誰それに投票したら、その人は当選したのか、落ちたのか分かるよね。当選したら、その後何をやっているのか否かをフォローできる。議員や首長に私達の声を届けられる。また、落選したら、なぜ落選したのかを考えて、今後に繋げられる。総じて政権・政治への視点を掘り下げることができる。

④憲法にはさまざまなことが書かれている。だから投票だけで終わらない。憲法の第3章に「国民の権利及び義務」が謳われている。11条「基本的人権」、12条「自由・権利の保持義務、濫用の禁止、利用の責任」(「国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない」とあるのだよ。13条「個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利の尊重」、19条「思想及び良心の自由」、20条「信教の自由、国の宗教活動の禁止」、21条「集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密」などなどがある。

 こうした権利を行使することは、私達が生きていく上で、大切なことだ。だからこそ、政府(内閣)による権利の侵害に敏感でなければならない。過去の日本ではこうしたことが余りにも踏みにじられていた。兵士は「鴻毛の如し」と殺されたし、住民も同然だった。だから私達が生きていくためだよ。だから、各級議員も権利侵害に敏感な候補を選びたい。

⑤3権分立がおかしくされているのに黙ってていいの?-憲法第4章に「国会」があり、第41条「国会は国権の最高の機関」とあるのに、今や与党の多勢に無勢で、ろくな審議が行われていない。数の力でおしきり、もっとひどいのは基本的な事実関係すら歪めている首相・内閣の横暴ぶり。公文書保存のデタラメさや改竄事件。また、内閣は第5章にあるが、66条の③項に「内閣は行政権の行使について、国会に対して連帯して責任を負う」とあり、73条に「法律を誠実に執行し、国務を総理すること」とあるんだ。沖縄で観ていたらデタラメが過ぎるんだがな。

 司法は6章にあるが「③すべて裁判官は、良心に従い独立して、その職権を行い、この憲法及び法律にのみ拘束される」はずなんだ。首相の意思に忖度せよなどと、どこにも書かれていないよ。

⑥2章の「戦争の放棄」は日本国の過去が作らせた条文だと私は理解しているのだが、今考えれば、先駆的で、普遍的なことだ。この道と間逆な道に進もうとしている安倍政権に対して、もっともっと声をあげることが必要だ。武力で、人殺しで金儲けなど、おかしくないか。

 だからこそ、投票は政治に関心を向けていく第一歩なのだ。これをしなければ、否、してこなかったから何時の間に「自己責任」といわれて、悪いのはお前だと泣き寝入りさせられてきてしまった。このままいったら、74年前の大日本帝国の時代に戻るばかりだ。

 選挙結果に関心をもとう。私達の、子どもたちの、孫達の人生を拓くために。諦めてはダメだ。

 

テント村撤収作業(190717)

2019年7月17日 晴れ 風強し。

海上行動メンバーは安和に行くと。大丈夫か?

ともかくテント村メンバーは漁港脇のテントの撤収作業をやるのだ。強風が吹き始める前に。数名での作業は大汗かいた。

お陰で作業風景の撮影できず。

 

テント2に戻ってきた。10:16やれやれ

Imgp0557-532x800

テント2での座り込み。11:41

Imgp0562-800x532

ネコは気持ちよさそうだ。私の寝場所を奪うなよ。11:44

ゲート前からここのトイレに来るぐらい。

テント2の片付けは明日18日にやるとのこと。私は休みなので、お任せする。

テント村の再開は7月22日です。よろしく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランプウェイ台船避難行(190716)

2019年7月16日 晴れ しかし台風5号が発生しており、近づいてくるようだ。

海上行動は安和へ。

朝いちで海を見ると。

Imgp9329-800x532_20190721135901

ドック型揚陸艦が沖合いにいる。8:13

Imgp9331-800x532

ターンして東に向く。マナヌ岩の沖だ。艦番LSD42「ジャーマンタウン」だ。久しぶりの登場だ。

Imgp9335-800x532_20190721140901

更に旋回して10:15

Imgp9338-800x532

あれ、ランプウェイ台船がタグボートに引かれて出て行く。台風対策を始めたな。10:31

ランプウェイ台船とは、土砂運搬船が水深が浅すぎ接岸できない場所で、沖合いでこちらに一旦積み替え、この船からダンプに積み込んで行くもの。

Imgp9345-800x532

手前の干潟にシロチドリ2羽。 軽く羽ばたく。10:42

Imgp9354-800x532

漁港の護岸の先端部から、水陸両用装甲車5と3(右奥)の計8両。待機中。

Imgp0541-800x532 

漁港の護岸の先端部から。11:15

Imgp9355-800x532

ランプウェイ台船またでる。計3隻。11:16

Imgp9363-800x532

11:20 揚陸艦と交差する。

Imgp9374-800x532

11:31 4隻目。

Imgp0545-800x532

漁港の浚渫した土砂の積み上げ地。決壊していたが、トン袋が置かれている。11:48

Imgp9390-800x532

上空をMC-130 西へ。13:02

Imgp9391-800x532

KC-135東に飛ぶ。14:08

Imgp9396-800x532 

平和の塔の高台から撮影。航路内に装甲車3両。揚陸艦に乗るだろう。14:14

Imgp9400-800x532

あれ、戻ってきた。14:15

Imgp9406-800x532

戻る装甲車。何故だ? 14:17

漁港の護岸の奥で練習している音がする。

Imgp9412-800x532

再び出たね。15:16 

5両と5両のようだ。

Imgp9415-800x532

まだ乗らないものがある。15:26

Imgp9417-800x532

15:34 乗った装甲車は10両か? 船はまだ動かない。見落としもあるか、これかたまだ乗るのか、分からない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日だから、日曜日なのに(190714)

 2019年7月14日 晴れ 3連休の日曜日 この3日間、ゲート前からの搬入ナシ、護岸での埋立て作業もナシ。カヌー練習も写真展開催中につきなし。

Imgp9250-800x532 

テント前の干潟に変な奴が。ヤドカリの仲間だが、人工物を被っている。何だろう。12:02

日曜日だから油断していたら大型機の音が

Imgp9262-800x532

慌ててテントから飛び出した。空中給油機だろうが、分からない。12:12

Imgp9263-800x532

KC-135じゃなし、KC-10でもなし。機体が太い。12:12 西へ向かう。

翌日の沖縄タイムスに出ていた。19年7月14日午後、嘉手納基地に外来機のKC-46Aが到着したと。何しに来たのか?

因みに航空自衛隊にも導入予定だ。

Imgp9275-800x532

暑くなってきた。ツノメガニが活躍する季節になった。12:36

Imgp9311-800x532

そしたらこいつがツノメガニで遊ぶ。ツノメガニも負けていられない。「ここは自分たちの棲息圏なんだぞ」。13:23

ネコは色々と遊ぶが犬も遊ぶんだね。学習能力があるということだろう。

Imgp9319-800x532

潮が満ちてきて。ツノメガニは。14:50

Imgp9321-800x532

波が被るようになると、水の中へ潜っていく。14:50

こういう時間の観察は貴重。

 

 

 

 

 

2019年7月20日 (土)

沖縄参議院選挙 平和のバトンを渡せるか(190720)補足

2019年7月20日 17時過ぎ 那覇新都心

オール沖縄のタカラ鉄美候補の打ち上げ式が那覇新都心で行なわれました。

ここで糸数慶子参議院議員からタカラ鉄美候補に平和の1議席のバトンが渡されました。

Imgp9550-800x532

糸数慶子参議院議員の14年間にわたるご苦労に万感の思いが籠められていました。18:21

 

Imgp9554-800x532

任務を果たし終えた慶子さんと、新たな思いを抱くタカラ鉄美さん。沖縄に新しい平和の風が吹くように私たち沖縄県民が盛り上げていきましょう。必ずや新基地建設を止めましょう。(詳報は後日)

 

◎2019年7月21日20時 タカラさんに当確が出ました(沖縄タイムス)。おめでとう、ありがとう。

 

 

 

 

2019年参議院選挙最終日に寄せてー何が問われているのか?(190720)

 自民党公認、公明党推薦、日本維新の会推薦のあさと繁信さん VS 無所属でオール沖縄の代表のタカラ鉄美さんの闘いです。彼らの主張を選挙公報から拾います。

 あさとさんは、「#オキナワプライド」をメインに掲げ「沖縄の声を、国政のど真ん中へ」と勇ましい。それでは「#オキナワプライド」って、なんでしょうか? ①「やさしい沖縄」②「つよいオキナワ」③「世界に誇るOKINAWA」ということらしいです。

 しかしプライドと言う訳ですから、「やさしい沖縄」というならば「命どぅ宝」を据えるのが筋じゃないですか? 

しかし、

●普天間基地の一日も早い閉鎖 

●県民投票と現状を踏まえた辺野古の普天間基地代替施設の問題解決 

●日米地位協定の抜本的改訂交渉 

が並んでいます。

 あさとさんも米軍基地が沖縄県民にさまざまな問題を来たしていることを認識しているようです。しかし、普天間基地の一日も早い閉鎖の実現を阻んでいるのは、あなたを公認し、推薦している自公の政府ですよね。分かりにくい表現ですが、普天間を辺野古に移せというのは、沖縄の民意を度外視して工事を強行している自公政府がやっていることであり、このどこが「やさしい」のでしょうか? 意味が分かりません。また沖縄の自治を無視した工事の強行と日米地位協定を変えない国の姿勢が透けて見えているんです。

「つよいオキナワ」も意味不明。「わたしたちの県民の思いが詰まった新たな沖縄振興計画の策定」とありますが、沖縄に基地を押し付け続ける国頼みですよね。

さらに「世界に誇るOKINAWA」はもっと意味不明。

●「平和の心は沖縄の心」を世界に発信、平和活動支援と歴史的教訓を次世代へ継承

●半世紀先を見据えたOKINAWAブランドの確立

●東京オリンピック・パラリンピックイベント誘致促進と沖縄伝統文化・芸能の参加促進

 「平和の心は沖縄の心」とは、一体何のことでしょうか? 沖縄が歩まされてきた歴史の中から考えていますか?その挙句の今を考えていますか?

 「沖縄の声」を発信するのであれば、沖縄の人々に寄り添うべきでしょう。米日政府によって虐げられてきたのは、金持ちじゃない、人々です。日本国の国威の発揚になりさがっているオリンピック・パラリンピックに伝統文化をだしたところで、沖縄への視線は変わらない。半世紀先のOKINAWAブランドを言うならば、戦乱をきたさない施策が重要なはず。この国の、中国と対峙する「島嶼防衛」に一言も触れていない。おかしくないですか。

 

 タカラさんは、

①「基地 辺野古に新しい基地は造らせない!」

②「憲法 日本国憲法の理念と平和憲法を守る!」

③「くらし 消費税10%増税反対! 安心の年金制度へ」

④「子育て 子どもの貧困解消、児童虐待防止に取組む」

⑤「県政支える 玉城デニー県政と連携し『誰一人取り残さない社会』を目指す」

を挙げています。

 はっきり言ってパンチにかけています。サブスローガンに「命どぅ宝!すべては沖縄のために」とあるのですから、これを根拠にした打ち出し方が問われているはずです。先に見たとおり、あさと陣営の「オキナワプライド」は、ことばだけが独り歩きしていく。ここを突っ込まないとなりません。またまた彼らは「小中学校の給食費無料化」・「中学卒業までの医療費無料化」・「企業による法人税減免による県民の所得向上」の沖縄県民の誇りを金で釣るいつものやり方を踏襲しているのです。

 基地経済頼みの血塗られた沖縄を脱するためには、どうしてもこれを押し付けてくる自公政権の意のままにならぬ人々のパワーが不可欠です。

 与那国島の人々も石垣島の人々も宮古島の人々も、沖縄が中国との戦に備える「島嶼防衛」の先陣を切らされる政治を心の深くから危惧しています。「島嶼防衛」を許さないことを沖縄全体の課題に押し上げ、アジア全体の、人間全体の平和を求めていきましょう。沖縄こそが軍事力で何を守れるのかを問い、守れないと堂々と提起すべき位置にいるのです。そうでなければ、沖縄戦等で亡くなれらた方々は、浮かばれません。ご遺族も、生き残った方々も無念の思いを克服できないでしょう。

 私も改めて頑張ります。一人ひとりは微力でも、力を併せて、踏ん張りましょう。

台風が去った朝(190720)

2019年7月20日 曇り 台風5号は去ったようだが、まだ重たい風が吹いている。参議院選挙(運動)最終日。

3日ぶりに外に出た。

Imgp9419-800x532

名護湾を望む。台風を避けて避難している船が2隻。この右にも。8:07

Imgp9429-800x532

今日は安和、本部沖(右の奥)に土砂運搬船はゼロだ。奴らも台風に勝てないようだ。船員の皆様の安全が第一です。

Imgp9440-800x532 

波、通常よりもあるが、こんなものだ。8:13

Imgp0567-800x532

名護湾だ。沖縄の夜明けを、日本の夜明けを、アジアの夜明けを迎えるような選挙運動ができたらいいな。

夏の花火に酔いしれて(190713)

2019年7月13日 夜 海洋博公園サマーフェスティバルに行った。5名で飲食持参。私は企画に乗っただけなので、お気楽過ぎたか。

海洋博公園に着いたのは17時過ぎ。暑い。

Imgp8888-800x532

水族館の分館のようなイルカの池へ。18:19

Imgp8900-800x532

5,6頭が泳いでいる。油断大敵なのだ。水ビシャ!ありだから。

Imgp0459-800x532

いい雰囲気に。19:46

自分たちも食べたし、飲んでるし。

Imgp8920-800x532

対岸の伊江島に光がともる。19:54

Imgp0467-800x532

19:59 上がった!

Imgp0499-532x800

どんどんくる。

Imgp8973-800x532

20:11 幾つもの玉が時間をおいて開く。

Imgp8977-800x532

脳内カメラが作動していないと撮れない。

Imgp0558-800x532

こちらも撮りなれてきた。花火を撮るのは初めてに近い。見るのも相当久しぶりだ。20:14

Imgp8993-800x532

Imgp9008-800x532

時々カメラを置いて目で楽しむ。いや、カメラで楽しみ、目で楽しむのだから2重の楽しみか。

Imgp9012-800x532

ここでありがたいのは、仲間達。勝手にほっといてくれる。「いいねぇ」とか言われたら、撮れないから。

Imgp9013-800x532

Imgp9028-532x800

Imgp9106-532x800

Imgp9113-800x532

花火って変幻自在だ。

沖縄は平和とは言いがたいが、それでも今はこんなしていられる。

Imgp9127-800x532_20190720011501

奪い合いではなく、交錯・共感してこその美があるのだ。安倍晋三たちには分かるまい。

Imgp9153-800x532

Imgp9158-532x800

Imgp9212-532x800

涙が出てくる。

Imgp9221-532x800

Imgp9227-532x800

昔、豊島園(東京都豊島区)で、2名で見たが。

Imgp9235-800x532

二子多摩川(世田谷区)の花火大会には、誘導員で行ったな(仕事)。

Imgp9244-800x532

今は信頼できる友がいるから、安心して撮っていられる。

素晴らしい一夜でございました。

昔、「愛に生き、平和に生きる」という歌がありました。

花火大会ができるのは贅沢なのかもしれない。3万人もの人々が、それぞれ集って参加できる沖縄。その陰で、集うことができない人も多いだろう。人が集える幸福を考えるならば、誰がどう見ても戦争反対だ。

たかが花火大会だが、そんなことまで考えた花火大会だった。呼びかけてくれたYさんと参加してくれた皆さんに改めて感謝したい。

 

2019年7月19日 (金)

3連休初日(190713)

2019年7月13日(土)晴れ

3連休初日。ゲート前は3日間搬入なし。海上行動のメンバーは那覇で写真展につき、海上行動お休み。そんななかで。

Imgp8832-800x532

朝っぱらから土砂運搬船4隻入ってきた。8:13

Imgp0433-800x532

骨付き肉をもらって、ガツガツのM.ワイルド感たっぷりだった。9:03

Imgp8836-800x532

今日は完璧の辺野古ブルーだ。河口沖。12:15

Imgp8840-800x532

K2にトレーラー。鉄材を積んでいるようだ。12:16

Imgp8842-800x532

C-17大型輸送機が上空を飛ぶ。嘉手納に向かうのだろう。12:38

Imgp0438-800x532

立憲民主党の小俣一平さん。辺野古新基地建設反対だと。元NHK職員。権力のメディア介入にも反対だと。12:47

Imgp8845-800x532

オイルフェンスの下に汚濁防止幕がついている。何を今更もちあげているのか?13:38

Imgp8846-800x532

ここは工事やっているのだ。土砂投入。13:38 テント村内は平穏な一日だった。

たださ迷っただけに終った?ー久米島②(190711)

 久米島の面積は63.21平方キロ。周囲47.6km(久米島観光協会のパンフから)。人口は約7900名。那覇から西へ約100キロの島。因みに久米島町は奥武島、オーハ島、鳥島(米軍の射爆場)に、硫黄鳥島まで含まれている。硫黄鳥島は鹿児島県徳之島西方だが、琉球王朝とのつながりがあったようだ。

 さて2日目。2019年7月11日。早朝は雨が降っていたが、上がった。晴れ。今日は島の南側のイーフビーチを目指す。宿を出たのは8時過ぎ。

Imgp0339-800x532

先ずは兼城(カネグスク)港へ。丁度フェリー海邦が入港していた。8:34

Imgp0344-800x532

トレーラーが乗る。8:37

白瀬川河口の大港橋を渡る。

Imgp8759-800x532

久米島高校が見えた。9:03 久米島には高校があるんだね。

Imgp8761-800x532

お弁当屋さんの庭にちょこんと2匹。9:14

Imgp0352-800x532

儀間の交差点で。9:25 こうした日陰は嬉しい。小休止。

Imgp0355-800x532

沖縄電力の火力発電所。久米島では自然エネルギーに替える話もあるらしいが。9:35

旗は自民党の「安里候補」のもの。

儀間から東へ。

Imgp0358-532x800

途中にあちこちにタカラ鉄美と仲村未央のポスターが落とされていた。だれかの仕業だろう。安里陣営のものは1枚も落ちていなかったから。9:57

Imgp0365-800x532

坂の途中で一休み。ありがたい。10:07

Imgp0370-800x532

久米島でも総決起大会をやるようだ。各島を遊説しているらしいから。10:46

久米島も保守の地盤だから。自民党+公明党+維新もいる島。

私は離島との格差・差別問題に取組まないとダメだろう。

Imgp0372-800x532

やっとイーフビーチについた。風が強い。11:23

白い砂浜が広がっている。羨ましいが、思ったほど感動的ではない。

Imgp8765-800x532

風が吹きまくる。11:28

Imgp0376-800x532

イーフビーチから約2キロ。奥武島との橋の上から。南の島尻崎方面。風が強い。12:34

Imgp0377-800x532

太陽光を雲の通過で光が立つ。12:36 美しいのだが暑く風が強いため落ち着かない。修行が足りない。

前に進むには半端な時間であり、戻るか。いささかなげやり。初めての島だと、時間の見立てが正確につかないし。

Imgp8778-800x532

山城まで戻りバス待ちとする。ゲットウの実。14:58

Imgp0391-800x532

バス停前。サトウキビが風に揺らぐ。15:16

15:33のバスに乗る。

Imgp8789-800x532

飛行場デッキの壁にあるツバメの巣。雛が3羽。17:03

昨日襲われたので、柱に隠れて撮ろうとしたが、親鳥は出てこない。余り粘ると迷惑になるので、10分ぐらいで退散。

Imgp8800-800x532

私が乗る一本前のもの。動きます。17:03

Imgp8811-800x532 

スタート!17:13

Imgp8814-800x532

飛んだ!17:13

ところで私が乗る予定の飛行機は18:25発。到着が遅れ、出発が遅れると。那覇空港雷雨のため10分程遅れてきた。私達が乗ろうと改札を入るところで異変に気付いた。陸上自衛隊のCH-47がローターを回していた。大失敗。撮れず。

 陸自CH47は何をしていたのか。不明。しかし既に彼らは琉球諸島のあちこちに出没しているのだろう。陸自の基地がないからといって油断してはいけないのだ。

 そのうえ、CH-47が先に飛んだ。こっちは遅れているんだぞ!不定期便のくせに。

お陰で那覇空港に着いたのは。19時30分頃。予定より30分遅れ。自宅着22時頃になってしまった。

(続くー第54警戒隊について)

 

 

 

«呆然とする朝(190719)

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31