無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

2019年第44回 「視点」(20190606~13-東京都美術館)

2019年 第44回 全国公募写真展 『視点』の開催日が近づいてきました。

2019年6月6日から13日です。

東京都美術館(1階第4展示室)

一般500円・学生300円

ダウンロード - img_20190513_0003.pdf

ダウンロード - img_20190513_0004.pdf

 

主催:日本リアリズム写真集団/2019年「視点」委員会

私の作品は「沖縄ー不条理をこえて」です。6枚組。

〇わたしは6月8日13時~17時会場に在席しています。是非ともおいでください。お待ちしています。会場においでいただける方は事前にメールでお知らせいただけると確実です。9日午後もいることは可能です。(ヤマヒデ)

巡回展

名古屋展(7月4日~7日) 大阪展(8月7日~11日) 浜松展(9月3~8日)  仙台展(10月8日~13日)、三重展(11月20~24日)

2019年5月22日 (水)

日曜日でも働いている奴らがいる(190519)

2019年5月19日(日)晴れ

Imgp7100-800x532

朝、テント2で。脇机に寝ていたネコ。この子たちは、よさげだと思えば、どこでも寝てる。安心して寝ている子達を脅したりしてはいけない。

 

今日はカヌー練習ナシ。平和行進の締めくくり集会(宜野湾市)があり、そこに宣伝してくると。

テント村への来訪者は予想外に殆どなし。

テント内にいると、何機か軍用機が飛んでいた。

Imgp8536-800x532

西に飛ぶMC-130.嘉手納に向かうのだろう。11:30

今日は日曜日だが。

Imgp8537-800x532

テント内にいると大型輸送機の音。ボーイング747。アトラス航空。やはり軍用物資を嘉手納に運ぶのか。13:05

Imgp8542-800x532

長島の奥でクレーン台船が動いている。日曜日に、なにをしているのか? 13:31

入ってきた情報によれば、大浦湾の開口部に設置されていた航路標識(赤)が昨年なくなったのだが、ずっと放置されていた。標識じたいは置いてあったのに、さぼっていたのだ。これを設置したようだ。今更だから、近々新たな動きがあるのかもしれない。

Imgp8548-532x800

キャンプシュワブ内のマイクロ回線の塔。足場がほぼ除去された。以前のものと何処がどう変わったのか、確認しておかなければならない。14:50

ゲート前からの搬入は今日もナシ(190518)

2019年5月18日(土)曇り後晴れ

Imgp8521-800x532

今朝も入ってきた土砂運搬船。2隻。8:23

Imgp8524-532x800

去年の8月から工事が進んでいたマイクロ回線の鉄塔。姿を現した。リニューアルされている。10:09

因みに、もしも飛行場ができたとすれば、この位置にこんな高い物を造れない。当分できないと米軍も承知しているようだ。

Imgp8526-800x532

沖合いにオスプレイが飛ぶ。ヘリモードだからこの辺で訓練中か。12:08

Imgp8528-800x532

河口の干潟にミナミコメツキガニが出ている。12:39

Imgp8529-800x532

潮が引いた。護岸が出来ても頑張っている自然に涙が出てくる。12:39

Imgp7091-800x532

沖縄は梅雨入りしたが、晴れた。タオルを洗濯して干している。犬も? 13:56

ゲート前からの搬入はないと連絡有。警察が平和行進の警備に当たっているためか。先ずはよしよし。平和行進の皆様、ご苦労様。

今日のテント村は来訪者であふれていた。晴れていたから良かった。私たちはバテた。今の沖縄を知って帰ってくださいね。

 

 

 

2019年5月21日 (火)

平和行進出発式へ(20190517)

2019年5月17日(金)曇り

Imgp6991-1280x851

海上のガードマン会社のボートが辺野古漁港に入ってきた。一人、人を乗せた。8:07

沖に土砂運搬船+クレーン台船大浦湾に入るようだ。

Imgp7000-1280x851

クレーンは倒れており、作業はないか? 8:30

今日の海上行動は天候不良のため中止。

Imgp7012-1280x851

クレーン台船と土砂運搬船が重なっている。8:45 入ってくる。

Imgp7019-1280x851

8:54 ゲート前に、平和行進の参加者が集っている。

Imgp7022-1280x851

山城博治沖縄平和運動センター議長が開会の挨拶。9:02

Imgp7028-1280x851

キャンプシュワブの検問所 9:04

Imgp8478-1280x851

この長い横断幕は何か? 参加者の手形。9:04

Imgp7031-1280x851

藤本平和運動フォーラム事務局長 沖縄と共に闘うと力を込めた。

Imgp7036-1280x851

オール沖縄会議共同代表の稲嶺進さん。新基地建設を止めるために頑張ろうと。世界のうちなんちゅの力も得ていると。

登壇者はお互いに何を言うのか、じっと耳を傾けている。

Imgp7044-1280x851

高良鉄美オール沖縄会議共同代表。72年5月15日の沖縄の復帰後も変わらぬ現実に怒りを示しながら、改憲を止めようと語った。

Imgp7056-1280x851

安富浩ヘリ基地反対協議会共同代表。基地建設の現況を示しながら、止めようと訴えた。真ん中の男性二人は、平和行進の副団長。左が仲村未央さん(社民党・県議)。

Imgp8482-1280x851

週発式の締めの団結頑張ろうの挨拶。未央さんがやっている。

正面に新しいビルが造られているが、この流れを止めるしかないのだ。

Imgp7067-1280x851

「憲法を安保に変えるアンポンタン」とあるが、沖縄は軍事占領され、1952年から一貫して安保が露出してきたのだ。これをなくすのは今だろう。

Imgp7069-1280x851

基地の中からこちらを見ている、撮影している。これが沖縄の日常なのだ。9:26

基地・フェンスが一方的なのは何故だろう。

Imgp7075-1280x851

平和行進を頑張ろう!基地撤去! 9:29

心を寄せ合い、デモ出発へ。

Imgp7077-1280x851

韓国の仲間達。韓国でも強行に身を挺して米軍基地と闘っているのだ。共に東アジアの平和を求めていこう。

Imgp7080-1280x851

ピアニカを弾く川口真由美さん。優しく、力強い。

Imgp8499-1280x851

沖縄・韓国連帯の絆を強めよう。去る4月に沖縄から韓国に31名の訪問団が参加した。お互いにもっともっと知ることが大切だろう。

Imgp8510-1280x851

デモ出発! 9:40 元気で行ってらっしゃい。

因みに私は金曜日がお休みなので、この後、帰宅しました。

 

 

連続講座『安倍改憲と憲法9条ー『憲法9条とは何か』を問いながら」

「安倍・トランプ政権下の自衛隊と日米安保ーアメリカ軍事戦略の一部化する自衛隊」

日時:19年6月22日(土)13:30開場

場所:ピープルズプラン研究所(東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2階 有楽町線江戸川橋駅(1b出口)徒歩5分

報告:島川雅史さん(大学非常勤講師 日米安保史、政治史)

資料代:500円。

主催:ピープルズプラン研究所 ℡03-6424-5748 ppsg@jca.apc.org

協力:反安保実行委員会

〇防衛計画大綱の改訂による自衛隊の再編、そして改憲による自衛隊の再編は、実のところ如何なる軍隊となろうとしているのか。日米安保の実質的な再編をともなうことになるようだが。緊急のテーマだろう。(ヤマヒデ)

作業スペースを広げました(190521)

 実はパソコンを資料を見ながら打つときや、どの写真をブログに入れるかなどの検討するために、パソコンの隣にA3ほどの大きさの台があれば欲しいなと思っていたのです。そんな話をしたところ、予想外にでかいものが届いてしまい、この用途には使用不可。お引取り願うのも悪いし、受け取りました。帰宅後さてどうしようと迷いました。A3プリンターが入ればと思いましたが入らない。結局、作業机の配置を変え、その戸棚は戸棚として使い、従来床の上にじかにおいていたものをそこに収納することにしました。お陰で、部屋の作業スペースが広くなりました。この配置に慣れれば、無駄にしていたスペースがほぼなくなり、すっきりするはずです。作業効率が高まることを期待しています。

「望月衣塑子の『安倍晋三』の大研究」が出るらしい(190521)

 今知った話だが、望月衣塑子さんの「安倍晋三」本が出るとのことだ。歴代自民党の首相でこれだけいけしゃーしゃーとトップについてきた奴はいない。どうみても、頭悪そうで、権力欲の皮がつっぱているだけなのに、おかしすぎる。

 こういう男の研究は、理屈ばかりでは解けない。そこに望月さんがどのように食い込んでいるのか、私は興味津々。裸の大様を丸裸にできたら、拍手喝采なのだが。少なくとも、裸の大様振りを白昼にさらせたら、それだけで意義がある。

 しかしこんな男がえばり腐っているのは、マスコミが堕落したせいもあるだろうが、問題は私たちにあるのだろう。民主党政権のドジぶりを経験化できなかったこと。これが自民党政権以外の選択肢を失ってしまった。また「国民」などと私たち自身を益々内向化させてきたこと。外を知らずに何の総括もできない。自民党の政治の根幹は歴史的な安保政治だと何人が分かっているのだろうか。これがわかっていれば、もっともっと沖縄に視線が向かうはずだ。沖縄は刺身のつまでなく、根本的な番外地なのだ。そういえば今度のトランプとの会談で、共同声明をまとめられないらしい。意見が違いすぎたのか。いやいや、安倍がトランプに同調しすぎており、無内容を曝すからだろう。トランプからすれば、「バーカ」と言われているんじゃないかね。

 一先ず手にとってから書評したい。5月26日発売だと言うことだ。それにしてもこんな楽しみは、なんだかなぁ。好著であることを期待しつつ。6月7日に販売しているかな。

国の「違法」を許さない!住民訴訟 第2回口頭弁論に結集を!(190523-那覇地裁)

 去る1月29日辺野古・大浦湾沿岸地域に住む住民16人が原告となり、沖縄県の『辺野古埋立て承認撤回』に対して、国土交通大臣が行なった「執行停止」の取り消しを求めて提訴しました。(以下参照)

ダウンロード - img_20190520_0001.pdf

日時:19年5月23日(木)

15:20 那覇地裁前 城岳公園集合 15:30 傍聴券配布

16:00 第2回口頭弁論(那覇地裁101号法廷/原告意見陳述:金城武政さん)

16:30 報告集会(城岳公園)

  訴訟原告団(団長:東恩納琢磨)/辺野古弁護団(連絡先:090-4409-1682 田仲)

多数の方々の傍聴をお願い致します。

 

2019年5月20日 (月)

18日(土)に続いて今日も大忙し(190520)

 今日はすっかり梅雨空。平和行進が終った後だったから、良かった。今日テントにお出でになるのは、あっても午前中だと予想していたが、夕方まで続いた。なかなかハードな一日になった。本日私は7回も話した。一回につき10分から30分余り。その合間に友人が来たりしたが、なんとか失礼になることはなかっただろう。

 今日は忙しかったが、総じて良かった。30人近くの団体さんでも、真剣に聞いてくれた人がいた。沖縄は何故足蹴にされてきたのかを話せば、改めて憤りと悔しさを感じていたようだ。普段大勢だと、なかなか話が届いているのか否かを確認できず、こちらは不安になる。

Imgp7104-800x532

これをいただきました。ありがとうございます。

 一旦、ゲート前に上がったあと戻ってきた三多摩からきた団体から、横田基地に配備されたオスプレイと闘っているとの話があり、横断幕をいただいた。具体的に連携できそうなのは大変嬉しい。また同様に戻られた九州の方々は、午前、入ろうとしたトラックを追い返したと嬉しそうだった。数がいれば追い返せるのだと、自信を得たようだ。彼らの話は、十分な応答をいただいた。私が言う「島嶼防衛」の繋がりを九州の地で受け止めていただいている。佐賀空港で陸自オスプレイの部隊を頓挫させていることは、大いに勇気づけられた。また築城(福岡)や新田原(宮崎)、福岡空港なども新たな再編の動きが出ているらしい。いっそうの連携が必要だし、可能だろう。私にも勇気をいただけた。共に頑張りましょう。

 それにしても私はもっと現場にでかけたいが、お金も時間もない。 

朝鮮半島と日本に非核・平和の確立を!(100607-08 東京)

「朝鮮半島と日本に非核・平和の確立を!」

集会:190607 18時30分から

日比谷野外音楽堂

シンポジウム190608 13時開会 13時30分から16時30分

星陵会館

参加費1000円

要申し込み

詳細は以下を

ダウンロード - img_20190520_0003.pdf

主催:『朝鮮半島と日本に非核・平和の確立を!」市民連帯行動実行委員会

連絡先:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 eメール kenpou@annie.ne.jp

            3・1朝鮮独立100周年キャンペーン 連絡先ピースボート(fax:03-3363-7562)

 

〇何故このぐらいのことが実現でいないのか? 私たちの未来をここを避けてはありえない。行動をシンポを通して、理解を深め、私たちの未来を切り拓こう。(ヤマヒデ)

辺野古ドリーム(船団)乗船者大募集!!

辺野古ドリームでは乗船者を大募集中です。一般乗船者と船上クルーの2通りです。

〇一般乗船者は随時船に乗って船上から抗議・監視行動を行ないます。予約制。

〇船上クルーは当面船長の補佐役です。こちらは定期的に担える人が望ましいです。船長を補佐しながら、海の上での危険を防ぎ、カヌーチームとの連携の上で行動をスムースに進めます。先ずは一般乗船を行い、自分でもやれそうだと思ったら、担ってください。

必ず以下を確認してお申し込みください。

ダウンロード - img_20190520_0002.pdf

 

 

«「国家機密と良心」を巡る企画(190526-東京)

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31