無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

2019年第44回 「視点」(20190606~13-東京都美術館)

2019年 第44回 全国公募写真展 『視点』の全国巡回展が近づいてきました。お近くの方は是非おいでください。

仙台展 宮城県美術館

www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-20190913-s01-01.html

日時:2019年10月8日~13日

『視点』のちらし

ダウンロード - img_20190513_0003.pdf

ダウンロード - img_20190513_0004.pdf

 

主催:日本リアリズム写真集団/2019年「視点」委員会

私の作品は「沖縄ー不条理をこえて」です。6枚組。これはチョイと泣かせてくれます。昨年夏、翁長雄志知事がなくなり、玉城デニーさんが知事選に出て、勝った。今年の2月24日に県民投票までやって、これも圧倒的多数が反対に〇。この国はこうした沖縄の民意を無視し、踏み潰そうとしている。急遽、予定していた構想を捨て、負けてたまるかの思いで作品化しました。私なりの写真の力をお見せします。

 

巡回展(詳細は順次お知らせします)

仙台展(10月8日~13日)、三重展(11月20~24日)

 

東京展(2019年6月6日~13日)東京都美術館(終了)

名古屋展(7月4日~7日)愛知県美術館(終了)

大阪展(8月7日~11日(終了)

浜松展(9月3日~8日)クリエート浜松(終了)

2019年9月15日 (日)

津嘉山正種「沖縄の魂 瀬長亀治郎物語」をみてきた(190914)

 昨夜、2019年9月14日、沖縄タイムスホールで、津嘉山正種さんの一人朗読劇「沖縄の魂 瀬長亀治郎物語」を観てきた。会場は補助席を含めて一杯だった。

 私は津嘉山さんの芝居を観るのは初めて。どんなかなと思って出かけた。開始のブザーが鳴り照明が落とされ、津嘉山さんが舞台に入場。彼は初っぱなに舞台に入りそびれたようだった。ベテラン俳優も緊張しているのだ。おじいちゃんがお孫さんに瀬長亀治郎の追っかけをしていた経験を説明し、舞台設定が会場の私たちにわかる頃から彼はこの役柄(対話形式)に乗ってきた。以降、ほっとして、時に緊張感を持ちながら聞くことができた。

 亀治郎が当時の那覇市民など沖縄の人々の支持・信頼を得て、如何に闘ったのかが、にじみ出る朗読劇だった。特におじちゃんと孫との会話を通じて、亀治郎の言動を追う分、本人の発言ばかりかその時代性を裏打ちするものになっており、当時を知らない私たちの心にも染みたのではないか。また、復帰前の彼は、沖縄の声をひたすら打ち出していた。共産党ではなく人民党だった事がそれを物語っている。そして津嘉山さんが強調してやまないことは、今に至るも沖縄の現実は基本的に変わっておらんということだろう。ただここを解きほぐすためには、もっともっと2つの時代の考証を行い、明確に示すことが必要だろう。でもなんもかわっちゃいないのだというところは、観ていて、悲しすぎる。だからこそ、彼らの経験を引き継いでいく努力が重要なのだ。津嘉山さんのこの一人語りはこの意味で成功していると私は考える。

 余談ではあるが、会場に来た多くのお客様の中に、私の友人知人がどれだけ来ているかと思いきや、案外少なかった。普段現場に来ていない人たちが多かったことは、これからの可能性を示唆してくれるので、かえってよかったと思う。

 亀治郎の標語となっている「不屈」は亀治郎の不屈であり、なによりも沖縄県民の不屈だということも確認できた。だが復帰前と今の違いは、米国の支配から日本の支配になり、お金を積極的にばらまきながら分断支配していることが、より巧妙な支配になっていることだろう。これをオール沖縄の闘いとして跳ね返してきたのだが、まだまだであり、米日共同の支配を如何にして跳ね返すのかが未だに課題なのだ。だからこそ私たちは「沖縄の魂」をリニューアルしていく必要があるのだと思う。

 15日も16日もチケットは完売しており、そうじて3日間でどうなるか。可能であれば沖縄県内で連続上演されることを期待している。

 なお、瀬長亀治郎の著書に「瀬長亀治郎日記」3部作がある。琉球新報社編。私も未だ読んでいないので、読んでみたい。否、読むしかないようだ。

雨の辺野古川下流でセイタカシギ3羽を確認(190915)

 2019年9月9日、辺野古川河口でセイタカシギ1羽を確認し撮影にも成功していますが、翌日以降姿は見えなくなっていました。これが今朝、8:25頃、雨が降るなか、辺野古川下流(平和の塔下)でセイタカシギ2羽とその後を1羽が上流に向かって飛び去りました。潮が満ちてきたので上流に飛んだと思います。計3羽。

 午後、引き潮になったので再び現れないかと待っていましたが、来なかった。

 今年渡ってくるセイタカシギが多いのか、それともたまたま辺野古にも来ただけなのかはわかりませんが、貴重な記録です。北で繁殖し、南で越冬する旅鳥は、時々羽を休め、餌をとれる場所がなければ、渡ることができなくなります。この意味で、辺野古川河口・流域が寄与していることは心強い限りです。こうした自然環境をなんとしても残したいものです。

 

2019年9月13日 (金)

あいちトリエンナーレ2019 出展作家 表現の不自由展・その後 〈壁を橋に〉プロジェクト 今こそ集会

あいちトリエンナーレ2019 出展作家

表現の不自由展・その後

〈壁を橋に〉プロジェクト 今こそ集会

 

【発言者】

表現の不自由展実行委員会

●アライ=ヒロユキ(美術批評)

●岩崎貞明(『放送レポート』編集長)

●岡本有佳(編集者)

●小倉利丸(批評)

●永田浩三(武蔵大学教授)

 

9/15は下線のメンバー、9/17は全員予定)

●中谷雄二弁護団団長(9/15,9/17予定)

●李春熙弁護士(9/17

 

in 名古屋

日時:2019年9月15日(日)開場13時半、1416

会場:東別院会館2階 蓮・橘

(地下鉄名城線「東別院駅」4番出口より、西に徒歩約5

資料代:1000

 

in 東京

・ 日時:2019年9月17日(火)開場18時、18:3020:30

・ 会場:文京区民センター2階 2-A

・ 資料代:1000

 

【〈壁を橋に〉プロジェクト支援カンパのお願い】

中止発表以降の不自由展の保全活動を含む、再開のための様々な活動と、仮処分申し立てに関する費用がかなりかかります。全員東京在住のため新幹線だけでもすでに相当な金額になっています。趣旨をご理解いただき、どうかご支援のほどよろしくお願いします。

 

口座名「表現の不自由展実行委員会」

郵便振替:10140-94898811

ゆうちょ銀行 店番018 普通9489881

 

主催:表現の不自由展実行委員会

■ 問合せ:info@fujiyu.net

公式ホームページ http://fujiyu.net/fujiyu/

FB https://www.facebook.com/hyogennofujiyu/

ツイッター @hyougen_fujiyu

 

(呼びかけ文)少し長いですが、お読みいただければ

■8月1日に開幕した、日本で最大規模の国際芸術祭あいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」(以下、不自由展)がわずか3日で中止されました。この中止決定は大村秀章愛知県知事と津田大介芸術監督によるものです。作家たちへの事前通知もなく、私たち不自由展委員会と約束した協議もありませんでした。

 

■「表現の不自由展・その後」に対して人種主義や性差別、日本の植民地責任・戦争責任の否定を背景とした不当な攻撃があり、あいちトリエンナーレ事務局が大変な困難にさらされたことは事実です。しかし、こうした攻撃が日本社会でマイノリティにかかわる表現に加えられるという状況は、あいちトリエンナーレから始まったわけではありません。、そうした現状こそが2015年の「表現の不自由展」、そして今回の「表現の不自由展・その後」が展示を通して問題提起しようとしてきたものです。

 

■しかし、「表現の不自由展・その後」が中止され、再開されることのないままの状況は、結果的に不当な攻撃の効果を主催者自らが肯定し、後押しするものになってしまいます。

 

■作家や市民からは、理不尽な妨害、攻撃、脅迫への抗議し、再開を求める声が同時多発的に上がっています。それは日本を超え世界に広がっています。

 

■私たちは中止が発表された8月3日当日、その一方的中止に抗議し、それ以来一貫して展示の再開を求めています。しかし、あいちトリエンナーレ実行委員会・大村秀章会長との再開のための協議は実現していません。

 

■私たちは繰り返し協議を呼びかけ、今まで待って待って待ちづつけましたが、このままでは時間切れで会期が終了してしまいます。

なんとしても再開のための具体的な対策も含めた協議の場を作るために、仮処分申し立てに踏み切ることにしました。これがトリエンナーレ実行委員会と契約を結んでいる不自由展実行委員会が取りうる現実的な手段であり、小さな風穴をあける可能性にかけたいと考えたからです。苦渋の思いでの選択です。

 言うまでもなく、これは、市民の皆さん、作家の皆さんがそれぞれの立場から努力されている「再開のための行動」とともにあるものです。

 

■不自由展会場入り口を塞いでいる巨大な壁の向こうは、8月3日のままです。私たち不自由展委員会は東京〜名古屋を往復しながら交代で作品を守っています。

 

「壁が横に倒れると、それは橋だ」(アンジェラ・デービス)の言葉から、私たち不自由展実行委員会は、再開を求める行動を「〈壁を橋に〉プロジェクト」と命名し、再開に向けた具体的な対策も提案していきます。

■この〈不自由の壁〉を倒し、「表現の伝達と交流の場」を取り戻すのは、私たちです。〈不自由の壁〉を倒したとき、それは、民主主義の基本である表現の自由が守られる世界への「橋」となるでしょう。

 

 ともに知恵と力を出し合っていきましょう!

 

 

 

 

2019年9月12日 (木)

「ヤマヒデの沖縄便りⅢ」も終わりに近づいてきました(190912)

 ブログには容量があり、2000mbのうち既に1997mbになってしまいました。このⅢを始めたのが2018年4月でしたから1年4ヶ月余り。皆様には、これまで大変お世話になりました。ありがとうございました。まだ次を決めていないのですが、多分新たな表題と形を考えようかと思っています。10月頃から心機一転始めようかと思います。こちらは文章を中心に今、暫く続けます(ほぼダブらないように)。

 思えば私が沖縄に東京から通い始めて30年が経過し、自分も歳をとりました。何しろ半世紀余りを語れる歳になっているのです。沖縄の名護に居を移してからも丸6年が経ちます。多くの人々によるご協力や励ましがあったればこそ、今日までやってこられました。沖縄を巡る闘いは、次なる局面に変わります。ぼやぼやしていたら、私たちは丸ごと奈落の底に転落させられてしまいます。ここはしっかりと落ち着いて、いきましょう。一人一人は微力でもお互いに手をつないでいければ、負けることはありません。ただ、ちょっとした行き違いが、お互いの信頼関係を壊してしまいかねません。だからこそ、いつも余裕と思いやりが大切ですね。

 最近では辺野古川河口でセイタカシギを見たり、ミナミコメツキガニを巡るバトルを観察したり、お互いに生きることは大変なのだと痛感させられています。私たち人間がもう少し欲を捨て、謙虚に生きれればいいのですが、難しいですね。

「改憲や、ああ改憲や、改憲や」の安倍の内閣改造(190912)

 台風15号が関東地方・千葉県各地に爪痕を残す中、安倍晋三首相は内閣改造を行った。さぞご苦労なことでした。結果は予想通りの顔ぶれ。高市早苗が復活し、茂木俊充が外務大臣に流れ、河野太郎が防衛大臣だぞ。出ました萩生田光一が文部科学大臣。初入閣組が19名中13名もいる。70歳以上の初入閣が4名だ。最後のおつとめか。

 なんのことはない。「改憲や、ああ改憲や、改憲や」ということでしょう。これじゃ松島が泣いている。先の参議院選で改憲派は3分の2を下回ったが、安倍たちは改憲に固執。無理に無理を重ねてでもやるつもりでしょう。このための素材が沖縄と韓国敵視策。自衛隊を憲法に明記するとは、将来的な【我が軍】をつくること、だからこそ、個人の人権や自治など踏み荒らす。国家優先であり、大日本帝国が行ってきた過去をなかったことにする。軍事産業の儲けを我がこととする。

 「安定と挑戦」を掲げているそうですが、俺たちの安定であり、そのための挑戦に他ならない。その心は独裁だ。

 小泉進次郎が環境相だと言うのも笑わせる。彼は環境について何か知っているのか。人間も酸素を吸って、水を飲んで生きていることすら自覚してないのじゃないのか。こういう者たちが省庁のトップを務まるのは、よほど官僚組織がしっかりしているからだろうが、官僚たちのお仕事も、みくびられたものだ。

 環境庁ができたのが1972年だから、沖縄返還(沖縄併合)と同じ年限が過ぎたわけか。私もこう書いていて気づいたのだが、いかなる縁があるのだろう。政権にとっては2大アキレス腱かもしれない。他方、災害が多発し激甚化していても安倍政権は知らぬふりだし、統括する省庁もない。国家公安と防災を兼務する、自衛隊の組織力に頼り、あとは野となれ山となれ。「自助」と言いながら国家の出番だけは確保している。

 改憲・改憲と叫ぶ(どこで)連中に対して、私たちが主権者ですと言い切らなければならない。何事であれ、そこからしか出発できないようだ。他人任せにしていては、またぞろお国が絶対に戻ってしまう。

 沖縄は形あるものだから、そうはさせない! 河野太郎君については別項で書くか。

玉城知事の大浦湾にて(190911)

 2019年9月11日午後、既報の通り玉城デニー知事が辺野古・大浦湾を巡った。沖縄タイムスが報じるところでは以下のようだった。辺野古側の埋め立て土砂投入現場をリーフの外から双眼鏡でのぞき、大浦湾ではゴムボートに乗り、軟弱地盤の地点や希少サンゴの移植候補地について、職員から説明を受けたようだ。ハマサンゴやアオサンゴも直接観たようだ。

 うるま市の石川漁港での記者会見で、「生物多様性豊かな海域であると改めて認識した。相当量の土砂を投入するという工事が際限なく予算を投下する一方、環境に与える影響は計り知れないと実感した」とある。素直な感慨だろう。もっと早く観るべきだった。矢張り実際に体験しなければわからないことが多すぎる。それだけ自然環境とは緻密で繊細なものであり、多様性がなければ、お互いに生存できないのだ。工事は自然を単にぶち壊すだけに留まらず、海の多様性を根本から潰してしまうのだ。沖縄防衛局が口を開けば繰り返す「環境への影響はありません」こそ、根本的なウソの塊だ。

 玉城知事や県の幹部は可能な限り繰り返し現地を観てほしい。一度観たからわかったつもりにならないでほしい。人が二度や三度の試みで体験したり聞いたところでわかっていないことだらけなのだ。私たち人間が自然を理解しているつもりになっていることじたいが、奢りの表れに他ならない。デニーさんは、そこまで踏み込んだ知見をアピールしてほしかった。

玉城デニー県知事が辺野古・大浦湾の海上にやってきた(190911)

 2019年9月11日(水) 晴れ 暑い

 今日の海上行動は急遽変更に。安和は石炭の積み込み船が入っており、土砂の積み出しはない。午前中限定で辺野古でやると。午後はカヌーに付く船が手配できないらしい。

 久しぶりにカヌーがすぐそこで抗議行動を始めたので、私は松田浜に移動した。

 Imgp2119800x600

すると業者みたいな人が2名、前に来ている。何かな? よくわからなかったが、写真で見たら、沖縄防衛局の職員のようだ。何しにきたのだろう。8:57

Imgp1012800x600

漁港の護岸に上がる。南西を振り向けば、金武湾の石油タンクがくっきりみえる。9:11

Imgp2124800x600

K-1護岸の消波ブロックは、どうも36個になっている。9:12

Imgp2127800x600

K-2護岸辺りにいるカヌーの皆さん。奥は海保のGB.9:13

Imgp2129800x600

根固め袋材を下ろす。9:13 

Imgp1013800x600

一方で、こちらも問題。漁港と外洋への航路を浚渫した集積地の一つ。大雨が降る度に浜に土砂が流出。税金の無駄遣いと自然破壊をどちらも一緒か。9:14

Imgp1014800x600

これ(電信柱3本の上の台地)も同じく集積地。ここ滑走路予定地の延長上じゃないか。飛行場の誘導灯の形状にそっくりだ。9:14 こんな偶然ってあり?!

Imgp2138800x600_20190912003101

K-1護岸前テトラポットを落としている。9:17 やめろ!

Imgp2146800x600

いったんテントに戻ったら、今日も海兵隊のハンビーが出てきた。7両。9:36

Imgp2148800x600

テントの中の椅子に今日生まれたばかりのカマキリが一匹。体長2cm。10:14 

午後、実はこれから玉城知事がこの海にやってくるのだと。事前に教えてくれよ!

というので、私の目を海に注力していた。

Imgp2216800x600

来た!県の船「はやて」13:47 SPEEDダッシュ!

即、無線で我らの船に連絡。

Imgp2224800x600

上を見れば、こいつは米海軍のP-8対潜哨戒機。東へ。13:50

Imgp2227800x600

はやて、巡視船の前を通過していく。13:52

Imgp2231800x600

通過していく。漁港内はODB(沖縄防衛局)の船。基地建設推進の2隻と反対のはやて・玉城デニー知事。シンボリックな絵になった。13:55 こういうのを重ねる視点が我ながらいいね。 

Imgp2240800x600

知事はこうした海をどうみているのだろうか?13:55

Imgp2243800x600_20190912003301

9日~ここにいる海上保安庁巡視船PL09「くにさき」第7管区(福岡)から出張中。9日に気づかなかったのだけれど、辺野古側にいるのは、工事が辺野古側のK1-3になるからなのだろう。そうでしたか。だからこそ、 返れ! 14:40

 

  

2019年9月11日 (水)

土砂投入が再開された(190910)

 2019年9月10日(火)晴れ 暑い

Imgp1886800x600

テント内にいたら突然の轟音にたまげつつ、カメラを上げた。9:50

KC-135空中給油機が沖合低空を東に飛ぶ。

Imgp1889800x600

9:50 クレーンの上を掠めるかのように。それはオーバーだが、この機種がこれほど低い位置を飛ぶのを私は初めて見た。

Imgp1932800x600_20190911224401

土砂運搬船と資材置きの台船とランプウェイ台船がおそろいでやってきた。11:31

この写真の右の小舟はタグボート。

Imgp2047800x600

干潟で自然観察中に豊原上空をオスプレイが飛んだ。3機。12:54

Imgp2055800x600  

再びランプウエイ台船と土砂運搬船が入る。13:08

今日は海上行動のメンバーは安和に出かけているので、対応できず。

Imgp0993800x600

松田浜に出た。K-1護岸前に消波ブロックを置いている。13:28

Imgp2058800x600

今度もランプウエイ台船と土砂運搬船。13:31

Imgp2065800x600

海兵隊のブルドーザーが出てきた。13:39

Imgp2067800x600

K-1護岸で消波ブロックの存置の作業が進む。13:40 23個目か。

Imgp2073800x600

海兵隊の機材が砂を下ろしている。台風ででこぼこになったところを整地するようだ。13:48

ダンプ&ブルか。

Imgp1004800x600

漁港側にミジュンがごまんといる。13:53

Imgp2083800x600

フェンスの下で観光客が撮影としゃれ込んだ。ガードマンが上からオイオイと。後方では整地作業が進められている。  13:54 彼は無事に引き返した。ヒヤッとする場面だった。

Imgp2113800x600

とうとう土砂投入が始まった。埋め立て再開だ。14:55

Imgp2115800x600

K-2にコンクリートミキサー車が入ってきた。15:24

◎自然観察の件は別稿にて。

 

 

  

昨夜は、ダウン休(190911)

 昨夜は21時30分にダウン。9日にセイタカシギの観察記録をあげ、昨日も観察記録をバッチリ撮った。だが酷暑の中だったので、バテた。結果としてこうなった。今朝はいつもより早く起き、2本書いた。今日は昨日の続きの記録を撮れた。自然観察を重ねても新基地建設を止めることはできないが、こうした自然があるところだよと言い続けていきたい。

 今日の昼にある船長がこう言っていた。埋め立ては、1%程度だと、容積比から説明されるが、自然環境への影響で言えば、4割ぐらいじゃないかと。一面だけで云々すべきじゃないと。私も同感。この問題はいくつもの視点があり、単純にはいかない。①新たな基地ができ、戦争準備が強化されるという問題。②自然環境の破壊であるという問題、③基地被害が減るどころか増強されるだろうという問題。

 さらに続けてみよう。④国家財政が一部の連中だけの儲けになるだけで、税金が主権者であるはずの私たちをスルーし無駄に使われているという問題、⑤沖縄は捨て石にされ、「日本」はいつまで米国の属国なのかという問題。⑥民主主義って何だ、人権てなんだ? 住民の自治とは何か? 地域経済を立て直す中から、人はもっとまともに生きていけるのではないかという問題。

 このどれをとってもあなた自身の問題じゃありませんか?! 私にとっては、50年あまり前に気づかされた自然環境の問題があるからこそ、未だに多義的になりながら今日まで半世紀を語るまでになったいる。悔しいけれど、だからこそしぶとく頑張れる。

 今日県内の学生に聞かれた。基地の問題は若い人からスルーされやすいのだが、どうしたら若い人に伝えられるのかと。オイ!、それは君たちが考えるべきじゃないのか。しかし私たちにも責任があり、私が考えていることを2点にまとめて説明した。なかなか十分な答えは得られないが、改めて考えるべき事であることは間違いない。

 ある高校の文化祭に私の沖縄の写真を寄せることになっており、イントロに高校生に向けた文を書く。これと併せて、考えをまとめてみたい。

移植サンゴ一部死滅の報告(190910)

 2019年9月10日の沖縄タイムスにこうある。「移植サンゴ一部死滅」と。これは昨年の8月に沖縄防衛局が強行したものの1年後の結果報告だ。環境監視等委員会の場に報告された。移植したオキナワハマサンゴ9群体のうち3群体が死滅ないし消失。防衛局は台風のせいにしているようだが、夏の海水が高くなる時期の移植は特に危険としたサンゴ学者の指摘を無視した結果でもある。

 サンゴの海は移植という外科手術では救えないことは明らかだ。そもそもこの海を壊すことを前提にした「保護」など端からナンセンスなのだ。サンゴの海に軍事基地を造ろうというおごれる者に明日はない。

«9月集中行動から(190907)

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30