無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 5・3ヒロシマ憲法集会 2018 平和といのちと人権を! | トップページ | ゲート前で相次ぐ弾圧を許すな(180426) »

2018年4月26日 (木)

海上大行動は不屈なのだ(180425)

 2018年4月25日。昨夜までの雨は上がったが、ウームな空。私が7時に辺野古のテント2に行くとメンバーがたくさん集まっていた。決行だと。

 船への乗船希望者、テント前に8時30分集合。順次船に振り分けられていく。船は8隻。
 私が乗った船は9時過ぎに出港。
Imgp1910_800x532
K3護岸前に着いたら、カヌーの皆さん勢ぞろい。工事は始まっていた。海上保安庁は16隻のGBがでている。9時23分。
Imgp5687_800x532
私たちの主張はこれだ!分かりますか?
Imgp1980_800x532
作業員や海上保安官に私たちの主張を示す。
Imgp2012_800x532
立ち上がって示す。9時48分。
Imgp2078_800x532
オイルフェンスの外側に陣取るカヌーチーム。これだけ多いと圧巻だ。80艇余りの数。10時7分。
Imgp5744_800x532
Imgp5753_800x532
10時10分過ぎ、フェンスを乗越えての抗議が始まる。皆、工事を止めたいの一心だ。この海を守りたい、戦争を止めたい。基地を造らせないのだ。
Imgp2111_800x532
ある乗船者の所要で港に戻っていたのだが、多くのカヌーメンバーが中に入って、拘束されても抗議している。諦めない。10時32分。
Imgp2133_800x532
しかしクレーンが動き砕石が海に落とされていく。10時37分。
Imgp5781_800x532
GBに威嚇されながらも中に入る。10時37分。笑顔がまぶしかった。
Imgp2149_800x532
一瞬光が入った。中に入らずに抗議するメンバーたち。オイルフェンスを挟んで中も外も心はひとつだ。10時41分。
Imgp5790_800x532
中ではGBに挟まれながらも素早く前進した仲間が海の中に突き倒された。10時40分。
Imgp2178_800x532
拘束されながらも重機の前で抗議する。10時53分。
Imgp5831_800x532
護岸の上の保安官。両国に忠誠なのか。海を壊しながら。海を壊すのが海保の仕事なのか? 11時。
今日の海上行動は11時20分ごろ終了。皆無事だった。脱落者も出ず、怪我もなく。ほっとする。
午後浜で集会。
Imgp5860_800x532
カヌーがこれだけならぶと、美しくかっこよい。12時53分。
ヘリ基地反対協議会主催の集会。13時15分頃から始まった。主催者、カヌーメンバーや船の仲間が発言。新基地建設許すまじの思いはひとつ。
Imgp2257_532x800
そこにCH-53、2機が沖合いを飛んだ。北部演習場に向かうのだろう。13時24分。
Imgp5882_800x532
宮古島からも駆けつけてくれた仲間。
Imgp5900_800x532
「今こそ立ち上がろう」を皆で熱唱。
Imgp5917_800x532
最後はシュプレで団結を固めた。集会は270名参加。ゲート前の闘いとも呼応しながらこれからも闘いは続くのだ。私達は諦めない!

« 5・3ヒロシマ憲法集会 2018 平和といのちと人権を! | トップページ | ゲート前で相次ぐ弾圧を許すな(180426) »

辺野古・大浦湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海上大行動は不屈なのだ(180425):

« 5・3ヒロシマ憲法集会 2018 平和といのちと人権を! | トップページ | ゲート前で相次ぐ弾圧を許すな(180426) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31