無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« オスプレイ暫定配備反対7.1県民大集会(木更津) | トップページ | 韓国ドキュメンタリ-映画 「共犯者たち」を見て(180628) »

2018年6月28日 (木)

本当に疲れているけれど、これだけは忘れない(180628)

 昨夜、ご飯が炊き上がらないまま、寝てしまった。失敗。本当に疲れているんだ。ブログも書けなければ、集中できない。困ったものだ。

 この疲れは肉体的なものだけじゃない。他人の不用意な言動による、精神的な疲れ。ディスコミニュケーション。平気で人の気持を踏みにじる人がいるからだ。ご本人は何も思い当たることがないのか、忘れてる。ますます腹を立てる自分。特に一人になる夜は、自分の中で、あーでもない、こーでもないと。
 それにしても政治家は勝手なことばかり言うな。「生まないは勝手な考え、食べるに困らない」(二階自民党幹事長)だそうだ。産む生まないは、何も食べれるか食べれないの判断ばかりじゃない。そもそもこの国の常識がおかしいから、政治家はこんな勝手なことばかり言うのだろう。 
 戦前も今も、タダタダ働け、働くでやってきた。労働という目安しかないから、生活ビジョンを描けない。タダタダ働かされているから、コミュニケーション能力もない。これで対の暮らしが成り立つのか。子育てができるのか。これは自分もそうだから、他人事ではない。
 自公の政治家にこんなことを問うほうが無理だろうが、個人の幸福追求権について、とやかく言うんじゃない。裏が透けて見えてるよ。お国のためなら、エンヤコーラ。これだよね。「高度プロフェッショナル」とか言って、「24時間戦う」労働の枠を作り、あたかも特別待遇ですよ、の囲い込み。特別な人々だってこれだけやっているんだから、有象無象はつべこべ言うな。自公の政治家の狙いはこうでしょ。
 
 私は忘れない。「政府の最も重要な責務は、わが国の平和と安全を維持し、その存立を全うするとともに、国民の命を守ることである」(「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」 14年7月1日の閣議決定)。
 これ、話が逆。国の存立があって、そのために従う国民の命を守ってあげますと。彼らが大嫌いなはずの日本国憲法から「幸福追求権」をもちだして、戦えとやる身勝手さ。この国の態度はこの150年変わっていない。国防国家から経済成長へ、そして再び軍事力への軌跡の中で、人々は踊らされてきたのだ。踊らされているのだ。命の価値はずーっと「鴻毛の如し」だ。軽々と捨てられている原発被災者、震災被災者、公害被害者、基地被災者。自殺に追い込まれた人や殺人等の事件に手をかけた人だって、切り捨てられて、幸福追求権が見えなかったのだろう。政府は、こうしたところには目もくれず、「国家存立事態」とか言っている。
 
 あーぁ!、つくづく情けない。金で保障されればいいかの論議も、初めに国家ありき。特につかみ金は危ない。国がこれだけ払ったんだから、黙って従え。彼らが金を出すときはその裏を見なければ危なすぎる。再び「お国のために生きろ・死ね」の時代がやってきているのだ。すぐそこまで。
 沖縄の人々はこれまで騙されてきたのに、人がいい。お国のために働かされ、命を盗られてきた。再び命を盗られるのか。再び命を取るのか。私たちが平和を創るのであれば、お国に任せてはならない。自分たちで作るしかないのだ。だからこそ、歩まされてきた歴史を学ばなければならず、俗説に踊らされてはならないのだ。

« オスプレイ暫定配備反対7.1県民大集会(木更津) | トップページ | 韓国ドキュメンタリ-映画 「共犯者たち」を見て(180628) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本当に疲れているけれど、これだけは忘れない(180628):

« オスプレイ暫定配備反対7.1県民大集会(木更津) | トップページ | 韓国ドキュメンタリ-映画 「共犯者たち」を見て(180628) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30