無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 沖縄 18年6月~9月 沖縄県知事選に向かう今(180913~15) | トップページ | 沖縄防衛局-元環境監視等委員に取材拒否を求む »

2018年7月22日 (日)

今日は自宅でお仕事の事前準備中(180722)

 今日の名護市西海岸は晴れています。自分の予定では、お仕事に邁進する予定でしたが、その前に、私が沖縄に来てお世話になってきた人たちへの感謝の気持ちをこめたお礼に、パネルを差し上げようと、16年6月分から見ています。これは第一陣を去る5月31日に4名様に渡しています。その続き。これから2陣、3陣、4陣になるかもしれません。

 なかなかめんどうなのは、お一人お一人の好みがあることですし、沖縄との距離感も勘案し、一枚一枚を見ながら、これは誰にとやっています。
 先日同じ大きさのパネルの発送をやりましたので、発送はオーケイです。お送りする人には、制作費よりも発送代のほうが高いので、手渡しできない人には最小限になります。申し訳ありません。
 前回お渡しした人は、パネルを見て、元気付けられたという人もおり、可能な限りそうだったらいいなと思っています。また個人の部屋でない、いささ公共的な場をお持ちの方には、不特定多数の方々に、ひとつの話題提供になればと願っています。
 同時に、どんな写真があるかを見直しながら、新たなパネル制作の事前準備を兼ねています。両方同時に頭が回ればいいのですが、私には無理。目的から選ぶパネル制作と個々人をイメージしながら選ぶのは全然別の話。ということでブログ執筆は今日はしないと思います。悪しからず。

« 沖縄 18年6月~9月 沖縄県知事選に向かう今(180913~15) | トップページ | 沖縄防衛局-元環境監視等委員に取材拒否を求む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は自宅でお仕事の事前準備中(180722):

« 沖縄 18年6月~9月 沖縄県知事選に向かう今(180913~15) | トップページ | 沖縄防衛局-元環境監視等委員に取材拒否を求む »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30