無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 台風明けの豊原・辺野古へ確認に出た(180722) | トップページ | 台風10号は去ったが、風が強くテント復活できず(180723) »

2018年7月23日 (月)

ウミガメをバッチリ撮った-何故辺野古漁港に現れるのか?(180723)

2018年7月23日13時55分~56分。辺野古漁港に現れたウミガメをばっちり撮った。

◎先に「アカウミガメ」だと記しましたが、疑義がだされました。種の特定については、一旦保留させていただき、改めて、お知らせします。申し訳ありませんでした(ヤマヒデー180725)。

今日は何となく来るのではないかと思っていた。なので、テントの椅子に座りながらチャンスを待った。無論、潮が上がってくるころが狙い目だ。

Imgp7223_800x532
おっ!何気に茶色く見える。13:55
Imgp7224_2_800x532
デタ!撮った。今日は私が一番の発見者だったから、真っ先に撮れた。
Imgp7225_800x532_2
ほぼ全身が見えている。80センチはあるだろう。ウミガメだ。
トリミングして大きくしてみました。
Imgp7225_800x532_2
いかがですか。
Imgp7226_800x532
もう一枚。手が出ている。13:56
それにしてもこれで今夏4回目だ。180626、180715、180716、そして160723.ほぼ同じ位置だ。今回はピントが鮮明だから、かなり拡大しても大丈夫だ。
こんな漁港に入って来なければならないカメたちの不幸を哀れに思う。卵を産みたくても既に砂場がこの国によって奪われてしまった。何処に行けばいいのだ。人間達は、軍事で儲けたいらしいが、仲間殺しに現を抜かしてどうするのか。
 この海域は、生物圏は未知のまま、押しつぶされようとしている。取り返しがつかないことに手を染めるばか者達。護岸を現状に戻す闘いが重要だ。翁長知事は、埋立て承認を早く撤回し、国の暴走を止めましょう。
8月の大行動に参加してください。ウミガメたちもそう祈っているに違いない。
ついでながらヤマヒデさんのスライド&トークを主催してください。宜しくお願い致します。期間は180913~15日です。

« 台風明けの豊原・辺野古へ確認に出た(180722) | トップページ | 台風10号は去ったが、風が強くテント復活できず(180723) »

自然観察」カテゴリの記事

コメント

地球上の最悪な生き物人間。知人のエホバの証人に会うたびに、あなた方の信じている神ってとんでもない生き物を地球上に置いてしまったわね。何を考えているのやら素直に過ちを認めやるべきことをやるといいのに、、、、。などと言ってしまいます。
何もかも悪魔のせいにして神は悪くないと、、、、。

  昨日いただきながら、忘れておりました。申し訳ありません。
 無神論の私には宗教方面のことはわかりませが、私が知っている範囲で言えば、宗教には①自分を神に託してしまうもの・ひとと、②宗教の教義等から示唆をえて考えるタイプがあるようです。私は後者の方とならば、大いに議論したいです。
 人間には誰にも善と悪が同居しています。だからやっかいなのですが、社会の中に悪の部分を減らし、善の部分を増やしたいものです。戦争状態はまさに悪魔の巣窟であって、この意味からも回避しなければなりません。
 今という時間は、果たして戦前なのか、戦中なのか定かでありませんが、限りなき開戦前夜なのでしょう。私たちの洞察が足りていないのです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 台風明けの豊原・辺野古へ確認に出た(180722) | トップページ | 台風10号は去ったが、風が強くテント復活できず(180723) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31