無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« テント2も撤収だ(180815) | トップページ | 豊原の高台から護岸を確認(180812) »

2018年8月15日 (水)

「8・6 ヒロシマ弾圧・抗議声明」-共に抗議の声を!(180815)

 先ほど、とんでもないものが飛び込んできた。「【8・6 ヒロシマ弾圧・抗議声明】勾留決定を許さない!抗議声明第2弾」だ。

 18年8月6日夜、ヒロシマ平和公園内のことらしい。福島から避難している「go west,come west!! 3.11 東北・関東放射能汚染からの避難者と仲間たち」がヒロシマとフクシマを繋ぎ、核爆弾と原発事故の共有性(核災害)を訴えていた。
 そこにミリタリースタイルの男が通行し、妨害の為の撮影を始めたと。肖像権を侵害した上に「カメラを壊された」と110番通報したようだ。駆けつけた警官は、職務質問を始めたが、その途中で態度を急変させ、強引に女性一名に手錠をかけ、引きずり出したようだ。容疑は「器物損壊」だと。
 器物損壊ならば壊されたカメラをその場で保存したのか?!後で壊して「証拠」だとでも言うのか。その男が持っていたカメラの機種は何か。
 
 こうした事件は、明らかに法的根拠のないデッチ上げ弾圧であり、即時釈放しかないはずだ。にもかかわらず簡裁は、10日の勾留をつけたという。不当逮捕された女性は体調を崩し、点滴を受けているという。逮捕されたものが黙秘するのは基本的人権だ。「逃亡や証拠隠滅の恐れ」など考えられない。証拠隠滅や証拠の捏造は権力の常套手段だ。断じて許されない。
 8・6ヒロシマ弾圧救援会 danatsu8.6@gmail.com
賛同声明を 氏名(仮名)・所属(肩書き)・地域を添えて。
抗議先:勾留している広島県警本部   082(228)0110 
     捜査している広島中央警察署 082(224)0110
同抗議声明のアドレス http://danatsu86hatenablog.jp/entry/2018/08/10/185538
◎関連資料多し
 共に反撃の声を上げて行こう。命のために、未来のために、良心をかけて。

« テント2も撤収だ(180815) | トップページ | 豊原の高台から護岸を確認(180812) »

弾圧を許さない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« テント2も撤収だ(180815) | トップページ | 豊原の高台から護岸を確認(180812) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31