無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 2018沖縄県知事選を巡って①(180912) | トップページ | 安倍政権、県の「撤回」への対抗措置を知事選後に(180912) »

2018年9月13日 (木)

いよいよだ(2180913)

 今日から県知事選が告示されます。13日午後、オール沖縄の候補者がキャンプシュワブ・ゲート前に来ます。明日13日の私は辺野古テントを休みますが、某大学のゼミナール生をご案内。辺野古・大浦湾をご案内します。

 ここのところ、連日、14日-15日の大船・三多摩でのトークと懇談会等の準備に追われています。注文の多い料理店ならぬ、懇談会の様相で、四苦八苦。食われてしまう心配はないので、大丈夫ですが、フォー・ビギナーズに話すのは、どこからやればいいのか、主催者の心意気に押されながら、あーでもない、こーでもないと。うまくいけば主催者のお手柄だし、失敗すれば自分の責任。やってみるしかない。やっとレジュメをつくってひといきいれてます。
 
 昨夜のデニーさんと女性の会に、そんなわけで私は行けませんでしたが、彼のご家族総出で、また会場が一杯だったそうです。熱気溢れる集会になったそう。初めが肝心だから、強気で緻密にいきましょう。
 
 私は沖縄タイムスが編集した翁長雄志さんの語録集読みました。時間軸に沿って読み返すと、そうだったなぁとしみじみ。思いを繋いで生きたいです。

« 2018沖縄県知事選を巡って①(180912) | トップページ | 安倍政権、県の「撤回」への対抗措置を知事選後に(180912) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよだ(2180913):

« 2018沖縄県知事選を巡って①(180912) | トップページ | 安倍政権、県の「撤回」への対抗措置を知事選後に(180912) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30