無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« ふざけるな!安倍政権 緊急官邸前抗議行動(181020) | トップページ | 3冊の本を巡って(181020) »

2018年10月19日 (金)

外にはさわやかな風が吹いている(181019)

 今日の私は自宅で。昨夜メールで送ったブログがダブっており、肝心要のものが送られていないことが分かり、正しいものを大慌てで再送。書庫&資料室の第2段の整理。だいぶ空間に空きができた。ばらばらに置かれていた本を所定の位置に置きなおしたり。そのなかにサイン本が出てきた。誰かと思えば、三上智恵さん。15年6月某日の日にちも記されている。書名は「戦場ぬ止みー辺野古・高江からの祈り」(大月書店刊)。

 言うまでもないことだが、みんな、必死でやっているのだ。命(ぬち)かじりやっているのだ。涙が出てくるね。この国はもはや末期。最後の悪足掻き、もう一度戦場を引き寄せるつもりらしい。冗談やめろと、座り込めば、公務執行妨害、威力業務妨害だと。基地建設・戦争遂行が「公務」なのか?! 笑止千万。
 国の基地建設に沖縄県が待ったをかければ、行政不服審査請求で、執行停止を求めてくる。お友達内閣だからといって、「お友達」でない存在を許せないらしい。これはいじめである。地方自治とか個人の基本的人権とかを改憲する前に無効化したいらしい。
 こういう手口は正にナチス張りなのか否かはともかく、もはや民主主義から遠い時代を私たちは漂流させられているのだ。
 しかし沖縄は流されない。沖縄は、沖縄の事は沖縄が決める。この原則を常に確認し、勝つ方法は諦めないことを貫けば勝てるだろう。しかし、まだまだ日本全体のモードを変えることまで手付かずだ。市民共闘、野党共闘は一歩前進だが、これと「沖縄のように闘おう」と吼えるだけでは、ダメだろう。
 沖縄がここまで追い込まれながら、戦争は嫌だとなったのは、正に沖縄の底力だ。46都道府県にはこれがない。はっきり言うけど。ここまで沖縄が追い込まれてきたのは、日本の46都道府県の無関心のマイナスの力が大きく作用している。それぞれの場で、何を磁場に据えて歩みだすのかを定めなければ、ダメなんじゃないか。改憲反対は当然のこととして、そもそも、どうするの?
 暮らしと政治が分離しているから、金儲けに走る奴らはやりたい放題だ。擦り切れた人々は無意識にであれ、鈍感になっていく。こうしたなかで政治を変えるとすれば、暮らしの場を洗いざらい掘り返して磁場を作らなければなるまい。
 これは私の部屋を片付けることと比べても、桁違いに困難なことだろう。もはや現代のまちには、ほっといたらさわやかな風が吹くことすらないのではないか。また都会が革新的な時代はとっくに終わっている。無論、田舎は保守的な傾向が強い。どうなるかねぇ。どうするかねぇ。私にも見えないが、見えるような努力を惜しんではなるまい。頑張ろう。
 ほんとうにそうだよ。沖縄に、辺野古にきて、「頑張ってください」という人が少なくないけれど、皆さんこそが頑張るしかないのだよ。そこを自覚して欲しいものだ。

« ふざけるな!安倍政権 緊急官邸前抗議行動(181020) | トップページ | 3冊の本を巡って(181020) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外にはさわやかな風が吹いている(181019):

« ふざけるな!安倍政権 緊急官邸前抗議行動(181020) | トップページ | 3冊の本を巡って(181020) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30