無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 沖縄県知事選での玉城デニーさんへのご支援、ご声援に感謝 | トップページ | 西日本新聞の『沖縄知事選 この民意を無視できるのか』に注目 »

2018年10月 5日 (金)

昨日から台風25号の最中に(181005)

 沖縄島名護市は昨日(181004)朝から台風25号の中にある。森はゴーゴーと吼え続けている。まだ自宅は停電になっていないが、今回も沖縄島、宮古島などであらたに停電しているエリアがあるようだ。

 私は、今回の台風対策として、停電から断水になることを予測して飲料水も3リットルばかり用意している。ヘッドランプの電池も整えた。私のことはともかく、屋外にある農作物の被害は免れないし、対策と言っても限界がある。特に深刻なのは離島だろう。船便が止まれば、物資が届かなくなる。生活必需品が入らなくなるのだ。
 私たちの日常を支えてくれている仕組みが機能しなくなったとき、これをどうカバーするのか、これも政治の問題だろう。
 玉城デニーさんが昨日知事として沖縄県庁に初登庁した。私も様々なことを期待しているが、単に期待するに留まらず、自分は沖縄で何が出来るのかをしっかりと考えたい。今月10月で、私が沖縄に居を移し丸5年を迎える。沖縄暮らし5年で何を思うのか、考えなければならないだろう。
 しかし台風の中だと気圧が下がっているせいか、自分の体調がよろしくない。体が重いのだ。一先ず頼まれている原稿をあげなければならない。

« 沖縄県知事選での玉城デニーさんへのご支援、ご声援に感謝 | トップページ | 西日本新聞の『沖縄知事選 この民意を無視できるのか』に注目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日から台風25号の最中に(181005):

« 沖縄県知事選での玉城デニーさんへのご支援、ご声援に感謝 | トップページ | 西日本新聞の『沖縄知事選 この民意を無視できるのか』に注目 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30