無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 辺野古帰りに那覇で考えてきたこと(190128) | トップページ | 疲れるね、疲れた(190129) »

2019年1月29日 (火)

朝からはらわたが煮えくり返る!(190129)

 沖縄タイムスの朝刊。「辺野古新護岸着工」、「監視リスト防衛省共有」、「県民投票改正案 一部議員が反発」だ。このトリプルの事態にはらわたが煮えくり返る。

 本来、個々に論ずべきだが、この国・防衛省の無法ぶりが露になり、まとまりかけた県民投票も自民党の一部が、反乱を起こして同調しないようだ。さてどうなるんだか。
 監視リストは2016年当時、ライジングサンセキュリティサービスが抗議を展開する市民の顔写真等のプライバシー情報を入手し、常時、沖縄防衛局と打ち合わせていたと。当時もそうに違いないと私たちは見ていたが、今になって会社側の人間が「次長に作ってくれと言われた」と。安倍政権は、ガードマン会社にも本当にスパイまがいのことをさせているのだ。当時私は船の上から彼らを見ていたが、じろじろと画像を撮る彼らの姿を何度も撮影している。
 こうしたところで私たちは、彼らの名前や住所を知りようもない。彼らは違う。沖縄防衛局は、警察や海上保安庁、自衛隊の情報部門などの調査機関とつるんでいるからだ。
 
 沖縄の自民党も地に落ちたな。あくまでも非協力が本音か。そこまで卑怯者だったか。呆れ果てる。この国に尻尾を振って、どこにいくつもり? 戦場だろうか。まさか彼らは沖縄戦を忘れたのだろうか!

 安倍首相の施政演説とやらをまだ読んでいませんが、読んだら臓腑が飛び出しそうだから、朝はやめておく。

« 辺野古帰りに那覇で考えてきたこと(190128) | トップページ | 疲れるね、疲れた(190129) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝からはらわたが煮えくり返る!(190129):

« 辺野古帰りに那覇で考えてきたこと(190128) | トップページ | 疲れるね、疲れた(190129) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30