無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« ある高校生の集団が県民投票U17を開催したいと学びに来た(190202) | トップページ | 今日も雨降り、演習場方面は見えず(190204朝がた) »

2019年2月 9日 (土)

米原駅から琵琶湖湖畔へ行ってみたが(190203)

 今回の旅の主たる目的は滋賀県高島市にある饗庭野(あいばの)演習場での米日共同演習の追いかけ。詳細は順次。

 そんなわけで、2月2日の夜便で那覇空港を立ち、中部空港へ。3日は名古屋経由で、米原へ。途中、カメラのSDカードを名古屋駅付近で調達。ゲートタワーなる巨大ビル。お店は10時オープンで暫し待たされた。
 このビルには、辺野古埋立ての受注企業である大成建設や、いくらかの軍事産業も入っていた。名古屋は大都会なのだ。私は大都会には住みたくない。大都会は巨大なコンクリートが注入されており、鉄骨も砂も大量に使われない限り、大都会は現出しないのだ。
名古屋を出て一先ず米原へ。今冬は雪がない。
駅から出て、琵琶湖まで歩く。
Imgp4767_800x532
用水路沿いを2キロほど。オオバンがいた。13:35
Imgp3235_800x532
干拓のための旧排水施設が展示されていた。13:51
Imgp3237_800x532
モーターと配管の要。
琵琶湖まで行ったが、雨だし、見通し悪く、さっぱりな風景だった。ただ広いね。670.3平方キロ。対岸が見えないもの。
Imgp3242_800x532
米原駅にもどる途中で。雪山を見たら撮りたくなる。伊吹山。14:12
Imgp3246_800x532
米原駅で待つ。特急「しらさぎ」がきた(これは名古屋方面)。14:51
駅のお蕎麦屋さんが懐かしい。
Imgp3247_800x532
ここで連結作業が。私は乗り鉄であって撮り鉄じゃないが、ついつい撮ったのだった。
14:52
Imgp3252_800x532
ガチャン! 子どもが食い入るように見ていた。私も負けていないのだが。14:53
このあと、北陸本線を近江塩津まで。湖西線に乗り換えて高島市内へ。
35年前はこの乗換えが不便で、何時間もまたされながら楽しんだものだった。

« ある高校生の集団が県民投票U17を開催したいと学びに来た(190202) | トップページ | 今日も雨降り、演習場方面は見えず(190204朝がた) »

各地を追う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2565143/75099513

この記事へのトラックバック一覧です: 米原駅から琵琶湖湖畔へ行ってみたが(190203):

« ある高校生の集団が県民投票U17を開催したいと学びに来た(190202) | トップページ | 今日も雨降り、演習場方面は見えず(190204朝がた) »

最近のトラックバック

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28