無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« cocolog-niftyの全面リニューアルに伴う様々な障害の発生について | トップページ | 現況の確認のために(190321) »

2019年3月26日 (火)

こんな日に強襲揚陸艦ワスプが現れた(190325)

2019年3月25日 曇りのち雨。新基地建設の辺野古区域の埋立て工事が始まる日。朝一番。


Imgp4830-800x532_1 


私は今日の守備位置に移動中、これをみた。米国海軍の強襲揚陸艦ワスプだ。画面左上の航路内に水陸両用装甲車が動いている。7:46


辺野古川の辺野古橋の上から撮影。


ワスプが辺野古沖に現れたのは2019年1月14日。2月7日にホワイトビーチに寄航していたが、2月17日に佐世保に戻っていた。


なお、ドック型揚陸艦のグリーンベイは19年3月24日に辺野古沖に来たとの情報を得ている。


Imgp4831-800x532


航路と航路沖に11両。7:47


Imgp4841-800x532


豊原の丘から。南側。甲板にF35Bが9機載っている。8時。オスプレイもヘリもいない。


1月14日は5機だった。


Imgp4857-800x532


水陸両用装甲車は14両か(詳細未確認)。航路から西側に回り、揚陸艦のハッチに入るのか?


必ずしも中に納まっていない。8:15


Imgp4859-800x532


これはハッチに入っている。8:16


Imgp4873-800x532


8時24分。装甲車はまだ付近をのろのろしている。


Imgp4893-800x532


土砂投入の撮影に集中していると、頭上を海兵隊のUH-1が2機飛んだ。9:17 脅かすな!


Imgp4896-800x532


頭上を飛ぶヘリに対地ロケット弾発射塔がついている。ここは集落の上だ。9:17


Imgp4939-800x532


10:31 ハッチを閉めた。装甲車を納めたのか? 南西に航行している。ホワイトビーチに向かうのか、どこにいくのか。


Imgp4954-800x532


沖合いをAH-1が1機西へ。12:10


Imgp4960-800x532


今度はUH-1.13:02


Imgp4975-800x532


戻ってきたUH-1.13:36 うるさい!


土砂投入の日に米海軍揚陸艦が来るのは偶然なのか、何らかの意図があるのか。

« cocolog-niftyの全面リニューアルに伴う様々な障害の発生について | トップページ | 現況の確認のために(190321) »

米軍・自衛隊の動向」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31