無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« ダイサギの動きを追う(190317) | トップページ | 東京から帰ってきました(190324) »

2019年3月21日 (木)

国の『違法』を許さない! 住民の訴訟(第一回口頭弁論)190328(那覇地裁)

 去る1月29日、辺野古・大浦湾沿岸に住む住民15人が原告となり、沖縄県の『辺野古埋立て承認撤回」に対して国土交通大臣が行なった「執行停止」の執行停止(=『撤回』の復活)を求めて提訴しました。
 裁判では、国民の権利救済のための法律である行政不服審査請求を悪用して、「撤回」の執行停止を求める沖縄防衛局の申し立てを認めた国交大臣の決定の違法性を明らかにします。違法性が明らかになれば、『撤回』の効力が復活し、工事はとまります。
 沖縄防衛局は昨年12月14日、違法・不法の限りを尽くしながら、世界に誇る生物多様性の宝庫であり、地域住民の命と暮らしを支えてきた辺野古の海への土砂投入を強行し続けています」。2月24日の「辺野古埋立ての是非を問う県民投票」で明確に示された「辺野古新基地NO」の圧倒的民意を一顧だにせず、大浦湾の超軟弱地盤・活断層などによって、工事の先行きは見えないにもかかわらず、やみくもに進められている工事を一刻も早く止めましょう。第1回、口頭弁論に多くのご結集を呼びかけます。
日時:19年3月28日(木)9時 事前集会 那覇地裁前 城岳公園
             10時 第1回口頭弁論(那覇地裁101法廷)
訴訟原告団:団長 東恩納琢磨 辺野古弁護団
連絡先:090(4409)1682 田仲

« ダイサギの動きを追う(190317) | トップページ | 東京から帰ってきました(190324) »

集会案内(沖縄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイサギの動きを追う(190317) | トップページ | 東京から帰ってきました(190324) »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30