無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 国の『違法』を許さない! 住民の訴訟(第一回口頭弁論)190328(那覇地裁) | トップページ | ゲットウが咲き出した »

2019年3月24日 (日)

東京から帰ってきました(190324)

  東京から帰宅。今回は完全なプライベートなので報告すべき事はありませんが、余談を少々。少しゆったりしてきました。久しぶりに世田谷区下北沢や、旧住所近くにも行きました。やはり懐かしさもありますね。以前良く通っていたレストランはご夫婦共にお元気そうでした。覚えていてくださいました。
 他方、新宿(駅周辺)といい、池袋(駅周辺)といい、人が多すぎで、建物が詰まりすぎていて、息が詰まる。以前よくもこんなところで暮らしていたな。うっかりコートをもっていかず、寒くて、咲きはじめたらしいサクラを見に行かなかった。これは(コートをもっていかなかったこと)大失敗。今回も本屋さんには何箇所か行きました。見たり、買ったり。それにしても「平成」本が多いこと、あきれ返る。そんなにアキヒト天皇のこの30年が喜ばしいのかな。私にはわかりません! 相変わらずうんざりするような右翼本の山。こんなのが売れるのだから、それは沖縄のことなど、視界に入らなくても、無理ないな。やはり視界を見通す軸が大きくズレている。
 そのせいなのか、わかりませんが、池袋の地図を私は忘れていた。「ここは何処?」状態で、待ち合わせに遅れた。またしても、ごめんなさいでした。他方、先日1年ぶりで行った宮古島は、空港に降りた途端に立体図が頭に戻ったのに、この違いは何だろう。フォトグラファーは常に立体図で、立体図を再構成しながら見ているのです。大都会は物質がつまり過ぎているのかな。
 そういえば、今日恐ろしい話を聞きました。天井の窓ガラスが割れたというので、そんな低空飛行をやったのかときいたところ、否、部品が落ちたのだと。航空機のネジらしい(詳細不明)。そのときはよくわからなかったというので、「今度あったら,必ず撮影しておけ」と言いました。それはそうだが、万が一が、また万が一なんて、確率論的にはないんじゃないと。そうか、そこが沖縄と「日本」の差かな。どこであったとしても、詳細不明で自宅破損とか、詳細不明で「不慮の事故死」とか嫌だ。万・万が一だとしても。帰ってきた途端の暗い話で、恐縮です。
 明日、国は辺野古の次の区域に土砂投入を始めるそうだ。埋立て反対!自然環境の破壊を許さない!「日本」の土建屋の大儲けを許さない!

« 国の『違法』を許さない! 住民の訴訟(第一回口頭弁論)190328(那覇地裁) | トップページ | ゲットウが咲き出した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国の『違法』を許さない! 住民の訴訟(第一回口頭弁論)190328(那覇地裁) | トップページ | ゲットウが咲き出した »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30