無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 米軍の各種演習が強行された(190227)米軍の | トップページ | 埋立て工事は進む、軍事演習は激しく(190228) »

2019年3月 4日 (月)

疲れましたが、そんなことも言っていられないさんしんの日(190304)

 今日はサンシンの日。12時を挟んでゲート前に上がりました。この場で聴くサンシンは一種独特。緊張を和ませてくれる。しかし機動隊が来て排除されて、私は後ろから前から横から撮り捲り。壷を心得ている私が撮れば、どうだと言えるものが量産できる。こうなると体調が悪いなどといっていられない。ガチガチガチっとやりました。だから嫌なんだが。

 機動隊のやり口は相変わらずだった。知り合いが排除される段は特に丁寧に撮りました。終ってからそのことをある方に話したら、承知していましたと。自分で撮れないので、宜しくと思っていたと。私も頑張った分、体が痛い。足踏まれたし。
 彫刻家の金城実さんは、やはり役者。渋い顔してないで楽しくいこうぜと。おっしゃるとおり。機動隊に排除されるからといって、気概を示せと。特に「日本人」に向かってこう言います。承知、承知、承知。
 今日サンシンの日のプログラムが始まる前に、ある友人からカメラを渡されて、自分も踊るので全体を撮ってと言われました。自分のと、他人のとで大忙し。久しぶりに器用なことをやったからか、あまり上出来に撮れず、申し訳ありません。タダだからお許しを。
 踊りをあわせるのは、先ず上手い人を撮るのが常道。上手い人を撮れば、動きが分かる。その動きを合わせていけば、大概の人も撮れます。否、撮れるはず。上手い人の動きはやはりひと目で分かる。いつもステキです。
 今日の圧巻は、片方で機動隊の乱入が繰り返され、反対側で泰然と踊っている図。彼女はプロだから、いつ見てもすばらしい。機動隊員があほらしく見えます。機動隊ももう30分待てば、サンシンの日のプログラムは終るのに、そうしない。お陰で道路の渋滞が続きました。沖縄防衛局・防衛省は「ここは俺の世界だ」と思っているようです。米軍の下請け役がこざかしい。
 皆さん、がんばりましょう。

« 米軍の各種演習が強行された(190227)米軍の | トップページ | 埋立て工事は進む、軍事演習は激しく(190228) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 米軍の各種演習が強行された(190227)米軍の | トップページ | 埋立て工事は進む、軍事演習は激しく(190228) »

最近のトラックバック

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30