無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 2つの国家賠償請求訴訟の判決がでます(190315と19) | トップページ | 蒸かし芋とゆしどうふの味噌汁とコーヒーの朝食(190315) »

2019年3月14日 (木)

STOP!土砂投入 3・25海上大行動へ

2019年3月25日(月)

カヌー 7:00 辺野古テント2集合
乗船  8:30 辺野古テント村(辺野古川河口)
◎以上要申し込み
申し込みは
henokoblue@outlook.jp
①お名前 ②連絡先 ③カヌーまたは船の別
メールが送れない方は、℡ 080(6494)4915へ
3月20日締め切り
辺野古浜連帯集会 13:30~
 辺野古崎付金では、昨年の12月14日以来、政府が数々の違法を重ねながら埋立て土砂投入を強行しています。
 国は沖縄県民が県民投票で示した「辺野古新基地建設に反対する強い意思」を完全に無視し、3月25日からは、現在土砂投入が続く区域の西側に位置する区域②でも、新たに土砂投入に着手すると公言しています。東京ドーム7倍の面積にも及ぶこの区域には、絶滅の危機にある渡り鳥エリグロアジサシが営巣するシュワブ岩や、ジュゴンが好んで食べる海草の藻場など、貴重な自然環境が残されています。
 軟弱地盤の問題等により基地建設計画の破綻が明らかになったにもかかわらず、基地建設の利権に群がる政治家、官僚、大手ゼネコンなどは計画を断念することなく工事を強行し、税金を吸い上げ続けるつもりなのでしょう。
 辺野古新基地建設は自然を壊し、戦を呼び込みます。それに反対する意思を辺野古の海から全世界に改めて示し、誰もを不幸にする基地建設をもう終らせましょう。
 
主催:ヘリ基地反対協議会
チラシは
カヌーでの参加は①辺野古でカヌーに乗っての海上行動の経験がある。②海上行動のブランクが半年以下の方。
 上記条件に当てはまらない方は事前にカヌー教室に参加すること。
◎カヌー教室 集合:辺野古テント2 7:30 日曜 9時
要予約 参加費無料 初心者OK
予約受付 メール henokoblue@outlook.jp
               ℡    090(1865)8536 【担当】キム

« 2つの国家賠償請求訴訟の判決がでます(190315と19) | トップページ | 蒸かし芋とゆしどうふの味噌汁とコーヒーの朝食(190315) »

集会案内(沖縄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STOP!土砂投入 3・25海上大行動へ:

« 2つの国家賠償請求訴訟の判決がでます(190315と19) | トップページ | 蒸かし芋とゆしどうふの味噌汁とコーヒーの朝食(190315) »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30