無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« F-35Bと強襲揚陸艦の訓練について(190416) | トップページ | 2つの争点を巡って(衆議院沖縄3区補選の中で)(190417) »

2019年4月16日 (火)

《命どぅ宝》命をあきらめない 2019年6月のつどい(東京と近県で)[拡散歓迎]

以下の企画をお願いできませんか?(ヤマヒデ)

《命どぅ宝》命をあきらめない

        2019年6月のつどい

 

サンゴ礁の海を踏み潰す

民意と自治を蹴散らす

血税を米国・軍事産業にばら撒く

戦争をしかける

ウソばっかりの

 

そんなニホンに笑顔でいられるの?

 

沖縄に関わり30年を迎えたヤマヒデのスライド&トークを企画・主催していただけませんか?

 

予定:201966日(木)~10日(月)(但し8日午後と夜は先約有)

会場:東京都内及び近県

条件:一回(90分のスライド&トークと質疑応答)15000+交通費1万円(交通費総額を回数で割り、1万円以下の場合は実費保障額となります)

内容の詳細についてご相談に応じます。

連絡先:email
ohpyamahide@jmail.plala.or.jp
山本英夫宛 

先着順:~19510日(締め切り日)

 

【ヤマヒデのプロフィール】山本英夫/フォトグラファー(自然写真・報道写真)1951年東京生まれの世田谷育ち。19895月から《基地の島沖縄》に通い始めこの5月で丸30年。2011年から与那国島・石垣島・宮古島にも通いだす。201310月~名護市住まい。辺野古テント村ボランティアスタッフ。20146月からブログ「ヤマヒデの沖縄便り」を日々更新中(検索-「ヤマヒデの沖縄便りⅢ」。今年も全国公募写真展「視点展」2019(6月6日~13日 東京都美術館)に入選。「沖縄-不条理をこえて」(6枚組)

○上記のPDFは以下から

ダウンロード - 190415egaodeirareruno.pdf

 

 

« F-35Bと強襲揚陸艦の訓練について(190416) | トップページ | 2つの争点を巡って(衆議院沖縄3区補選の中で)(190417) »

ヤマヒデ企画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« F-35Bと強襲揚陸艦の訓練について(190416) | トップページ | 2つの争点を巡って(衆議院沖縄3区補選の中で)(190417) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31