無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 日曜日だから、河口でゆっくり(190407) | トップページ | 岩手県議会の意見書に思う »

2019年4月10日 (水)

ウムムの状況(190408)

2019年4月8日 曇り(ガス)のち晴れ。

土砂運搬船が8時過ぎに入ったようだが、見えず。

午前中、実弾射撃演習の音。

Imgp5397-800x532

テント前の汀にタマンが打ち上げられた(全長20センチ余り)。珍しい。10:46

Imgp6972-800x532

南西に向かうKC-135空中給油機。嘉手納に下りる。11:01

11時過ぎから朝日新聞社機が上空を旋回。晴れてきた。

Imgp6985-800x532

主翼の左に社のマークが。12:25 14時30分頃まで。

どんなふうに報じたのだろうか。

Imgp6990-800x532

漁港の護岸から。2の第2工区に土砂を落としている。14:43

Imgp6991-800x532

漁港の護岸の上から。N5にテトラポットがいくつも並べられている。14:44

Imgp5399-800x532

松田浜から。こんなにでている。14:45

以前こんなことはなかったぞ。やはり下がっているのだ。護岸工事のためだろう

右の岩を下から反対側に回ってみた。難なくいけた。

Imgp5407-800x532

奥に海神様があり、お供えが幾つか置かれていた。14:56

Imgp7000-800x532

どんどん海が閉ざされていく。砕石やコンクリートの塊に。酷いことだ。15:01

Imgp7014-800x532

左側のコンクリートプラントの周囲をミキサー車が行きかう。15:10

Imgp7020-800x532

コンクリートミキサー車はこっちだ。資材置き場。あの奥でテトラポットを造っているのだろう。15:17

Imgp7030-800x532

CH-53が東に飛ぶ。海神の岩のそばから。15:17

Imgp7033-800x532

辺野古崎の作業ヤードを行くコンクリートミキサー車。15:18

誠にウムムな状況だが、土砂投入は工区2に集中されている。埋め立て用の土砂が限られているから優先順位が決められているのか。要注目。

« 日曜日だから、河口でゆっくり(190407) | トップページ | 岩手県議会の意見書に思う »

辺野古・大浦湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜日だから、河口でゆっくり(190407) | トップページ | 岩手県議会の意見書に思う »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31