無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 米軍、限定核使用の新指針策定ーこれは断じて許されない(190731) | トップページ | シュワーブゲート前、大行動(190803)とお盆休暇のおしらせ(2019年8月11日から17日) »

2019年7月31日 (水)

アカショウビンが飛んだ!(190731)

 今年もアカショウビンは辺野古・大浦湾付近にも来ている。だがその姿を見る機会はなかった。声がする方を探してもすべて外れだった。今日、2019年7月31日、12時50分頃、第2辺野古バス停あたりで、前触れもなく飛ぶアカショウビンを見た。海側から(といっても海まで数百メートル先だが)国道329号線の上を赤い物体が放物線を描くかのように飛んだ。真っ赤な姿であり、アカショウビンに間違えようもない。手に荷物をもっており、カメラに収めることはできなかったが。27センチの真横に飛ぶ姿は、お見事だった。

 それにしても暑いし、フーフー言いながら坂を上って、歩いていたのだが、しばらくは自分の脳裏に残るだろう。アカショウビンがいる辺野古・大浦湾を守りたい。敢えて書いておく。

 

« 米軍、限定核使用の新指針策定ーこれは断じて許されない(190731) | トップページ | シュワーブゲート前、大行動(190803)とお盆休暇のおしらせ(2019年8月11日から17日) »

自然観察」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31