無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 不屈館で学ぶ沖縄の戦後史「0(ゼロ)からの出発展」 | トップページ | 台風9号が去る(190811) »

2019年8月10日 (土)

今日も台風の影響下にある(190810)

 朝起きたら、あたりはまだまだ台風の影響下にある。森から唸りが聞こえ、雨も強い。台風9号は八重山から華南に抜けたはずだ。他方で、10号が小笠原近海にあり、この影響も出てくるだろう。いつまで悪天候が続くかね。食糧尽きてきた。こういうときに先日いただいたレトルトカレーは俄然意味を発揮する。

 しかしこちらはこの程度の不満でなんとかなっているが、被害に遭われた八重山、宮古の人々に励ましを。那覇市、宜野湾市、石垣市で6名が重軽傷を負ったそうだ。ご快癒を願うばかりだ。

 私は一昨日来、目の調子が悪い。よく見えないのだ。早く眼科に行きたいが、これじゃでれないし、連休明けか。不快だ。

 昨夜は8月の旅の計画を練った。知らないところは、入念に慎重に考えないとダメだ。大失策を発見。だからデジタルでの調べはこれだから。バスがあると思いきや、今は走っていないようだ。「徒歩7時間」とでた。3時間以内と見込んでいたのに、このルートは不可。1日行程ならば、フル装備でも7,8時間歩くのは問題なしだが。午前の部、午後の部をこなしたうえでの計画だから、この原案はおじゃん。事前に気づいて良かった。こうなれば迂回路を行くしかない。

 前日の場所は私が予測したとおり、見るべきところがあった。ここを外すわけに行かぬ。目的は遊びじゃないが、日程が長いので、途中休みをいれないと、体力が持たない。昨日の算段では初日から踏ん張らないと行き着けない。集中力は常に重要だが、過剰でも過小でもダメなのだ。適度。これが難しい。これを常に保つ。猛暑でないことを願うばかりだ。

« 不屈館で学ぶ沖縄の戦後史「0(ゼロ)からの出発展」 | トップページ | 台風9号が去る(190811) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30