無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 天皇制に終止符を! 「代替わり」で考える「天皇制」の戦争責任(190831) | トップページ | 夏休みの宿題のために(190820) »

2019年8月19日 (月)

お盆明け工事が再開された(190819)

 2019年8月19日 曇り お盆が明けた月曜。新基地建設を巡る工事が再開された。ゲート前からは空のトラックが何十台と入ったそうだ。台風で避難していた基地内での運送用のトラックだろう。またこいつらが動くのか!

 海からも、クレーン台船や土砂運搬船が大浦湾に入っていった。11時頃から、埋め立て予定地内で動くトラックを確認。埋め立て作業が再開されたのだ。午後から夕方にかけて4隻出て行った。

 海上のメンバーはまず、テント2の設営を完了させた。9時から平和丸で海に出て状況を確認してきた。10時から海案内を行っていた。

 テント村もお盆明けの印象。来訪者が訪れ、私は5回ほどお話した。暑く(風がない)30分余りしゃべるだけで、お疲れ。まだまだ辺野古・大浦湾ー沖縄の問題の真相は知られていないと思う。「再び戦争やりますか?!」これを私たちは正面から問わなければならない。沖縄はお断り!この意思をもっともっと明らかにしていかねばならない。よそ見していたら、酷い目に遭うのはあなたであり、あなたにつながるにんげんなのだ。

 午後、ヨーロッパの小国から来訪者あり。10年ほど彼の地に住んでいるが、そのぐらいの日本語はわかると(日本人)。外から見ていて、ドキドキしてくるという。日本が危ない国になっていることを痛感させられているようだ。

 そういえば、東西対立が激しかった時代に、「平和共存」と言う言葉は、まだ大文字の、マジョリティの言葉だったと思う。しかし今やどうだ!? マスメディアが伝える言葉の中にどれだけあるのか。政府が語る言葉にあるのだろうか。私は平和共存という選択こそが正しいと考えている。共に平和を求め合いながら、個が個としていきながら助け合うというつながりなしに人類は生き延びられるのか? 国家などというチャチな概念で生きていけるのか。

 大国を思考すれば奢りが吹き出る。小国でありながら、個が輝く社会を目指すことが長い眼で見たら断然勝っているはずだ。先日はカタロニアのひとたちがきた。踏みつけられている人たちがお互いに手を取り合い、小国であることを是としながら分かち合う、ハワイやグアムの先住民、先住民であるアイヌの人らと、もっと積極的な民衆・民際外交ができないものだろうか。

 私たちがやれることは、いくらでもあるのではないのか。必ずあるはずだ。

« 天皇制に終止符を! 「代替わり」で考える「天皇制」の戦争責任(190831) | トップページ | 夏休みの宿題のために(190820) »

辺野古・大浦湾」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30