無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 安倍晋三首相にはいかなる心があるのだろうか?(190817) | トップページ | 護岸埋め立て工事の再開の兆し(190817) »

2019年8月17日 (土)

海自空母艦載機にF-35B正式導入(190817)

 防衛省は2019年8月16日、F-35Bを正式に導入すると発表した。ついに日本国自衛隊が航空母艦をもとうとしているのだ。航空母艦とは端から外征軍の艦種であり、「専守防衛」を投げ出したことを国内外にうちだしたのだ。いずも型戦闘艦に42機導入。

 防衛省は「常時搭載はしない」と言っているが、世界に冠たる米国海軍の航空母艦の艦載機だって、常時搭載などしていないのだ。だからロナルドレーガンの艦載機の拠点は岩国基地になっている。つまり、いずも型(いづもは横須賀基地、「かが」は呉基地配備)の艦載機はどこに置くのか? やはり岩国ですか? それとも鹿児島県の鹿屋でしょうか。もしかしたら、辺野古新基地かもね。冗談きついな!

 日本は再び「守るも攻めるも黒金の」などとワクワクしながら、世界を股にかけた戦争をやるつもりなのだろうか。「攻撃は最大の防御」などといいながら米国第7艦隊などと共同作戦をやれば、かってと違い負けるわけがない、ナーンチャッテ。

 しかしF-35AもBもだが、ステルス戦闘機で軍事機密の塊。定期点検・修理を日本側で実施できない。そのたびに米国企業の技術者を招いてやるしかないのだ。1機110億円とか140億円と言われているのだが、+修理費にどこまでお金をつぎ込むつもりなのだろう? 日本って、そんなに豊かな国だったんか? おマヌケ国=日本

 こんなことを私たちは、断じて許してはならない!! お金は主権者のために使うべし! 主権者は私たちだ! 忘れるなかれ!

« 安倍晋三首相にはいかなる心があるのだろうか?(190817) | トップページ | 護岸埋め立て工事の再開の兆し(190817) »

米軍・自衛隊の動向」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30