無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 辺野古テント村復旧しました(190909) | トップページ | ちょっと反省(190911朝) »

2019年9月10日 (火)

コンサート・自由な風の歌14「南の海 貝はうたう」(191006-東京)

 主催:コンサート・自由な風の歌14実行委員会

日時:2019年10月6日(日)14時開演

会場:杉並公会堂大ホール(荻窪駅北口7分)

前売り 2500円 当日3000円 高校生以下100円

問い合わせ/申し込み ℡・fax 03-3998-3685 伊東

 

主な曲目:J.S.バッハ「シャコンヌ」無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番より

B.バルト-ク「コントラスト」(バァイオリン・クラリネット・ピアノ)

「平和の琉歌」「見果てぬ夢」メドレー

林光「ティンサグヌ花」「ベーベーぬ草刈が」

  「新 原爆光景 あるいは平和の使徒たちの行列と死者たちの歌」原民喜・林光 詩

  「日本国憲法・はじめのことば(前文)」「第9条」

 

崔善愛(企画構成・ピアノ) 飯村孝夫(合唱指揮) 戸島さや野(ヴァイオリン) ダヴィット・ヤジンスキー(クラリネット)

上原なな江(打楽器) 自由な風14合唱団(教職員と市民有志による)

 

◎沖縄から駆けつけたかったけれど、無理。でも、勇気をもらえるコンサートだと思います。日の丸/君が代反対運動に対する処分攻撃に抗してきた人たちによる実行委員会が14回も続いてきたことが、不屈の道しるべ。時には力を抜いて、入れ直して、いけるコンサートのはず。応援してます。(ヤマヒデ)

« 辺野古テント村復旧しました(190909) | トップページ | ちょっと反省(190911朝) »

集会案内(日本)」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31