無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 辺野古川河口テント前にセイタカシギが来た!(190909) | トップページ | コンサート・自由な風の歌14「南の海 貝はうたう」(191006-東京) »

2019年9月 9日 (月)

辺野古テント村復旧しました(190909)

2019年9月9日 晴れ 暑い 

 昨日の悪天候がウソのよう。おかげさまで、テント村(テント2も)完全復旧させました。あちらは、ランプウエイ台船が来ていないので、今日の埋め立て工事はなさそうだ。新聞記者さんが「ないのですか?」ときくので、「ないでしょう」と答えたのですが、腑に落ちないらしい。

 来訪者が午前中続出。テント立ち上げた頃からおいでになり、一休みするまもなく説明に入る。

 

Imgp0832800x600 

 11時頃、シュワブの浜で水陸両用装甲車が陸の上を爆走。松田浜に様子を見に行ったが、いなくなっていた。走り回った跡はある。11:08

Imgp0834800x600

ちらとみたら、これだ。デカイテトラポットが2個。釣り下ろしているところだ。11:09

何をするつもりか?

Imgp0836800x600

海上行動は中止と聞いていたが、カヌー練習をやっていた。11:26

あちらの工事がないのだから、中止はあたりまえ。ブルーの船でK8,K9護岸を見に行った。動きなし。

Imgp1871800x600

台風13号であげられたゴミの山。11:28

Imgp0889800x600

k2護岸にコンクリートミキサー車が入ってきた。12:31

Imgp0908800x600

今日はこれで楽しみました。セイタカシギ。テント前。13:04

Imgp1878800x600

漁港の中にミジュンの群れが入っている。巡視船がやってきた。PL09 「くにさき」だ。14:25

暑い暑い一日だった。巡視船が来たと言うことは明日からまた工事が始まる。

午後も水陸両用装甲車が浜で訓練。

Imgp0991800x600

15時過ぎ。テント脇から撮影。バギーかと思えば、ハンビーだ(6両)。何をしている? 台風で荒れた場所での走行訓練だろう。

追加:先日窓枠を落下させたCH-53の同型機が辺野古沖合を2,3回飛んでいた。沖合いすぎて撮影していないが、北部訓練場に向かったもよう。

 

 

 

 

 

 

« 辺野古川河口テント前にセイタカシギが来た!(190909) | トップページ | コンサート・自由な風の歌14「南の海 貝はうたう」(191006-東京) »

辺野古・大浦湾」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31