無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 安倍晋三のウソの繰り言に騙されないで(191006) | トップページ | 日曜日・祝日(工事がお休みの時)は抗議行動もお休み »

2019年10月 6日 (日)

ミサゴは不時着水しないのです(191005)

 昨日(20191005)のことだ。ミサゴがダイビングした。これを撮りました。①突っ込む直前、②水しぶ気が跳ね上がり、ミサゴの体が見えなくなる、③飛び上がる。3枚。だが当のミサゴは魚をゲットできなかった。

 ミサゴの英名がOsprey(オスプレイ)なんですね。2016年12月13日の現場を私は何回も見ています(報告済み)。どうみても墜落であって、「不時着水」ではない。そもそも「不時着水」なんてことばはない。不時着とは「航空機が飛行中故障または燃料の欠乏などのため航続不能となり、予定しない時、予定しない地点に下りること。不時着陸」(広辞苑)だから水面に下りることは想定されていない。つまりかろうじてであれ、操縦可能な段階での着陸なのだ。何も岩場(潮間帯)に落ちるなよ。

 これができなかったんですよね。何よりも機体が4分解し、細かい部品もぐじゃぐじゃに。これを新造語をでっち上げて、「不時着水」と称した安倍政権とNHKなどのマスコミ。アホコミ。

 ミサゴが「オスプレイが不時着水」とかきいたら、カンカンに怒るだろう。私たちはそんなどじしませんよ。せいぜい魚を取り損ねるだけ。無論バランスを崩したら魚を捕れるわけもない。生物の世界は厳しいのだ。

 日米政府に警告しておきます。「私たちのダイビングシーンを評価していただき、ありがとうございます。でもね、私たちは墜落なんかしませんよ。自然界をナメってもらっては困ります。このまま放置しておくならば名誉毀損で訴えます。」

« 安倍晋三のウソの繰り言に騙されないで(191006) | トップページ | 日曜日・祝日(工事がお休みの時)は抗議行動もお休み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31