無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

« 映画「新聞記者」実録版 2019年11月15日 上映開始 | トップページ | 反省の上に今がある?(191008) »

2019年10月 7日 (月)

今日の記事からー米軍の本部港使用(191007)

 今日の沖縄タイムスの2面「想い風(うむいかじ)」に去る9月17日の海兵隊が本部港で救援ゴムボートを使おうとしたことに住民らが座り込み、使用を阻止した行動について報じている。本部港は民間港である。米軍は地位協定で使用を認められているとしているが、米軍優先の地位協定が有効である限り、住民はおちおちと暮らせないのだ。従来通りの伊江島でのパラシュート降下訓練のためならば、何も本部港を使う必要性がない。他に何かの意図があるからだろう。ここに疑義を挟むのは当たり前のことだ。

 米軍の準機関紙「星条旗新聞」は9月19日「抗議者が海兵隊の船舶の進水を阻止」との見出しで記事を出している。在日大使館も国務省や国防省に地元紙の報道を交えながら報告したそうだ。米日政府の頑なな姿勢を革めさせようとする市民の力が吹き上がることを米軍/米国は恐れているのだ。「非暴力で米軍の訓練を中止させた沖縄には、世界のあり方を問う、『地場の力』が秘められている。私たちは足下にある力を過小評価してはいけない。」(平安名純代・米国特約記者)

 米国政府の注目を浴びるような現場での闘いは益々重要だろう。特に常に現行の地位協定のおかしさを暴き出す視点を欠いてはならない。米軍の存在を、行動を優先する/沖縄の人々の生活をおとしめるような米軍の行動に、私たちは常に目を開き、闘うことが求められている。生活者の主権をはっきりと打ち出していこう。

« 映画「新聞記者」実録版 2019年11月15日 上映開始 | トップページ | 反省の上に今がある?(191008) »

米日安保・地位協定」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31