無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2019年8月19日 (月)

深夜のつれづれなるままに(190819)

 20日から出かけるための諸準備に追われている。台風休暇とお盆休暇が重なり、かなり整理できたり、論点整理ができた。15年5月に2週間かけて、神戸から門司まで出かけたが、今度は10日だが、計画では中身が濃い。全く未知の場所は1カ所のみであり、予定を立てやすい。また途中の何箇所かで、何人かが迎えてくれることになっている。ただの撮影を超える成果があるはずだ。後は体力と天道様次第。

 新しいパソコンの使い勝手は、色々だが、問題もある。メールののぞき方がまだうまくいかない。隠れて至りする。先ほどもそれを見つけて安堵。カメラもそうだが、シャッターを押すのは優しく優しく。ぎゅうと押していたらダメなのだが、今の器械は全くダメだ。馬鹿と叩いていたら、もっと馬鹿になる。

 明日から工事が再開されるのだろう。私は新たな発想に立ち、アクティブに動き回りたい。おやすみなさい。

2019年8月18日 (日)

重要なお知らせ(190818)

 当ブログ「ヤマヒデの沖縄便りⅢ」は2018年4月に立ち上げて今日に至っています。7月22日、パソコンが壊れてしまい中断を余儀なくされましたが、片肺飛行ながら、復活させてきました。まだ写真をあげることができませんし、メールで送ることもできません。今しばらくご容赦ください。

 そうこうしているうちに、ブログの容量が一杯に近づいてきました。今回はⅣにせず、有料ブログにする予定です。これでうるさいブログ内の宣伝がなくなります。その分、私がブログ管理者にお金を払わなければいけません。このブログから宣伝がなくなったら、有料ブログに移行したと思ってください。

 私は明後日から29日まで沖縄島を後にします。10日間、取材に出かけます。その間、ブログは休止。これからお世話になる皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。しっかりと交流できる事を楽しみにしています。

 まだまだ暑いようですから、お体にお気をつけてお過ごしください。

2019年8月17日 (土)

あのピーター・フォンダが亡くなった(190817)

 あのピーター・フォンダがなくなった。2019年8月16日 肺がんによる呼吸不全。

 私がピーター・フォンダを知ったのは、「イージー・ライダー」(1969年)。実際に映画館で見たのはずっと後のことだと記憶する。「イージー・ライダー」の冒頭に一瞬、スペイン語のシーンの出てくる。薬の密売人だ。

 「史上最大の作戦」を1962年に見たが、お父さんのヘンリー・フォンダがでていた。ヘンリーは第2次世界大戦に従軍している。あのジェーン・フォンダはピーターのお姉さん。ヘンリーの娘。ベトナム反戦運動に参加し、かっちょいいなと思っていた。

 現実と劇中と、いささかめまいがしてくるが、分かりやすい構図。アメリカ合衆国も一時代が終わり、まだ混迷が続くのだろう。日本にも時代を画する俳優がでてこないだろうか。稼ぎながら、ライフスタイルをしっかりと定める人。

安倍晋三首相にはいかなる心があるのだろうか?(190817)

 2019年の夏、私は安倍晋三首相の式辞に目を通してきた。①6月23日の沖縄の慰霊の日、②8月6日の広島、③8月9日の長崎、④8月15日の「戦没者を追悼し平和を祈念する日」の4回だ。どれもこれも官僚が書いた作文だろうが、それにしても脂汗をかくとか、呻くとか、感情が何一つ揺らいでいない。いずれの日も、万(何十万から何百万)という人が亡くなった祈念日の追悼の式辞でだ。

 8月15日の式辞全文は、700字余り。短い。このなかに「平和」が4回、「み霊」が3回出てくる。彼は「平和」主義者の振る舞いをしているつもりなのか。彼の確信は「私たちが享受している平和と繁栄は、戦没者の皆様の尊い犠牲の上に築かれたものであることを、私たちは決して忘れません」としていることのようだ。否、戦後日本の平和と繁栄は、米国が担保してくれたものであり、そこには日本国憲法も含まれてきたはずだ。軍人・軍属210万人の戦没者が平和と繁栄をもたらしたとは、いかなる了見なのだろうか?(米国も地に落ち、米国と共に日本に「武力による安全保障」を担えと強引になっている)。 

 ここで貫かれているトリックは、戦死者個々の状況をかき消し、「み霊」に抽象化・美化する中で戦争の実像をしらっと消しているのだ。こうしたなかで、「平和で希望に満ちあふれる新たな時代を創り上げていく」と言われてもね。例えば、「広島や長崎での原爆投下」のなかに、朝鮮人被爆者を含んでいるのか?そもそも原爆を受けるとどうなるのかを考えたことがあるのか。 「沖縄における地上戦などで、無残にも犠牲となられた方々」にスパイ扱いされて皇軍に殺された人たちは含まれているのか、皇軍に壕から出て行けと言われて殺された人たちは? 軍隊慰安婦として殺された人たちは? どう考えても含まれていないだろう。頭数は数えられているのかもしれないが、彼は追悼していないのではないか。葛藤した気配が全くない。

 沖縄タイムスの19年8月16日の2面の上に「11歳、毒で母・妹あやめた」「満州引き上げ 京都の村上さん」との記事がある。大日本帝国が植民地にしていた満州から逃げ帰るとき、足手まといになりそうな人々を殺害したのだが、11歳の少年に殺害させていたのだ。実の妹と母をだ。薬での毒殺。何も知らせずに少年を実行行為者におとしめたのだ。これが戦争というものなのだろう。

 安倍晋三首相はこうした史実を知っているのか? 知らない知らないと、目も耳も手も塞ぎ、不都合な真実を覆い隠しているのではないか。

 未明に上記を書いた。朝起きたら、村上さん11歳に衝撃を覚えた。私は11歳の時、母が死んだ。病死だった。もしも村上さんが私だったら。絶望の余り自死していただろうな。84歳の村上さんは体験を語っていると。半端な決意でできることではない。こんな犯罪を誰がやらせたのだろうか? 

 私たちは、人間には悪魔が潜んでいる事を忘れてはならない。性善と性悪の2者が同居しているのだ。戦争はこの性善を駆逐し、性悪を増殖させていく。だからこそ私は戦争に反対するのだ。悪魔に牛耳られた「平和」はいらない。

 こう考えると、言葉って難しいものだ。いいえ、人間の心が難しいのだろう。だからこそ、私たちは素直に生きられる社会を求めていかなければなるまい。「忖度おじさん・老人」になったら寂しすぎる。

 

 

2019年8月15日 (木)

那覇の8月15日は静かだった(190815)

 2019年8月15日、那覇まで出かけた。目的は様々であったのだが。実は私、これまで避けていたところがあるのだ。那覇にある護国神社であり、特に8月15日の護国神社だ。12時過ぎの境内も予想以上に静かだった。否、沖縄だからの意味は、思いのほか深いのではないか。

 ほっとしてこの後、那覇の街を歩いてしまった。暑さに絶え絶えしながらも。対馬丸記念館はお休み(木曜日定休)、不屈館に行き、2004年8月13日のヘリ墜落の写真展を見て、隣の部屋でやっていた石川真生さんの「大琉球写真絵巻」をみた。

 ヘリ墜落の写真展は継続することに意義があるだろう。忘れない、伝えるために。伝えるよりも忘れる人の方が多いのだろうか。沖縄国際大の校舎の壁をえぐった黒い爪痕はすさまじかった。あの壁を保存できなかったのは何故なのか?

 真生さんの写真展は正に真生ワールド。真生さんしかできない技であり、どれだけのエネルギーを注ぎ込んでいるのだろう。すさまじい。登場する配役には私の友人・知人も多い。真生ワールドの化身を身につけ、名優ばかり。お見それしました。

 これは必ず見に行くべし。余談ながら、先日、私の友人から写真家石川真生をしっている?、「大琉球写真絵巻」って?と聞かれたばかり。抜本的に彼への返答を撤回する。見に行くべし。

 冗談みたいな風情もありながら、生真面目。生真面目なのだが、硬直せず、人間が生きている。安倍晋三がこれをみたら、どん挽きするだろう。管官房長官も。奴らの青ざめた顔をみてみたい。

 名護に帰ってきたのは21時頃だった。お盆もたけなわ。今年の8月15日はウークイ。お先祖様をお送りする夜を迎え、シマは熱気に包まれている。この熱気は24時過ぎまで続くのだ。

 

2019年8月14日 (水)

歴史を考えると言うこと(190814)

 ここ数日、目が痛くて、頭が回っていない。今朝の名護は台風10号の返し風の中。強風域に入っている。

 ところで、昨日見えた県内の学生から、「何から学んでいるのですか?」と問われた。防衛省の文書はネットでも見れるし、日々の新聞報道、そして本も読むと。またここ現場で知り、わかることも多いのだ。それにしても、何をどう考えたら、わかるのということは、案外重要なことなのだろう。私からすれば、「常識」の一言で終わってしまうのだが、これは不親切すぎるのだろう。改めて考えておかなければならないと思った。

 今朝のタイムスの「大弦小弦」(1面コラム)に「沖縄に住む私たちが平和を訴え続けるのは、歴史に裏付けられた必然性がある。沖縄の心とは。ウヤファーフジ(ご先祖様ー引用者註)と過ごすお盆の期間に、仏壇の前で考えたい。(吉田央)」とある。

 過去を洗い流してしまえば、楽なのかもしれぬ。だが、こうすると、再び三度手痛い失敗もする。悪いことに失敗だとすら気づかぬまま。だからこそ、歴史から考えることが、どこにいても、どこで育っても重要なのだ。

 たった15年前のヘリの沖縄国際大への墜落、74年前の沖縄戦、東京大空襲、広島・長崎も。こうなったのは誰のため? どうして? まずは事実の認定ができなければならぬ。大日本帝国がしかけた侵略戦争が様々な問題を起こし、あげくに最終的に悲劇が半ば可視化されてしまったのだ。だから被害のみならず加害をみつめなければ、何も見えてこない。「勝てば官軍」「夢をもう一度」てな調子で再び戦争などやられては、たまったものじゃない。

 東京に官邸があり、そこの指揮で、さしがねで、事が動かされているのだ。その肝心の都民の感度の悪さが沖縄を俄然圧迫しているのだ。人間は反省しなければ、ずんずん悪の道にはまっていく。このままいけば、必ずや日本は自滅していく。沖縄などを巻き込みながら。冗談じゃないと言えるためにも、歴史から学ぶことが重要だと覚悟しなければならないのだ。

2019年8月13日 (火)

香港はどうなっているのか?(190813)

 私は数日前から、目を痛めてしまい、よく見えない。眼科医に行くしかないようだ。だから頭もよく働かない。

 

 それにしても香港はどうなっているのか? 過激化しているとも見えたが、どうもそうでもなさそうだ。明らかに警察が過激化している。殴る蹴るが半端じゃない。高層ビルの上から催涙弾を無差別攻撃。催涙弾て、明らかな化学兵器ですぞ。こんなものを目に食らったら失明しかねないものだ。香港空港が閉鎖になっているようだが、空港内座り込みに対して、警察が排除にかかった。こうした対立が激化し、広汎化している。

 雨傘革命とも言われていたが、今出てきたスローガンの一つは、[be water]だ。要するに水のように柔軟に、水のようにしなやかにだろう。だとすれば、どこかのイデオロギー集団が運動をのっとったのではなく、香港市民革命の延長だろう。変わったのは香港政府のバックにいる中国政府があからさまな警戒心をうちだしてきて、対立が先鋭になってしまったのではないか。

 もっときちんと調べないとわからないが、言葉の壁があり、動画も出ているのだが、英語への翻訳であり、私の読解力では追いつかない。いずれにしても、いかなる権力がであれ、市民の自治、人権侵害を許すべきではない。この限りだけでも、私は今の香港市民の運動にYESといいたい。

 那覇から香港まで約1200キロぐらいだろう。東京までより近いのだ。与那国島から見たら600キロもない。もっと情報を集めて、考えたい。少なくとも人権弾圧は止めろ!

https://twitter.com/hashtag/香港加油?src=hash

これツイッター、ハッシュタグ、見てください。」

◎ただし、日本のネトウヨが多数書き込み中。見るべきは香港からの情報。

 

 

 

2019年8月11日 (日)

「視点」展に励まされている私(190811)

 2019年視点展は去る6月に東京都美術館で開催された。巡回展が7月に名古屋、8月大阪(~11日)で行われている。全国公募写真展であり、大規模なものだ(まだ浜松展以下続く)。私の入選作は「沖縄 不条理を超えて」(6枚組)。

 先日、辺野古テント村に見えた方から、ハイテンションで「視点展、見てきました」との挨拶をいただいた。去年のも今年のも見たと。私の写真も辺野古を思い、沖縄を思う一助になっているとすれば、素直に嬉しい。こうして現地に来るエネルギーになっていれば、なおさらだ。

 もっとも写真をみていても、私の顔とダブらなければ、こうした挨拶に至らない。だから声に形に出ていないケースもあるだろう。

 昨夜、奈良のN君から大阪展を見てきたとメールが入ってきた。様々な分野の写真が並び、見て良かったと。そして私の写真についてこう批評されていた。「不条理』に込められたこれまでの歴史と、抗ったり闘ったりじゃなく(時にはそれも大事だけど)これまでもこれからも『乗り越えて』いくんだっていう想いを感じました」と。

 まさに私が本作に込めた思いを正確に読み取ってくれた。写真は事実を記録し、記憶することも大事だが、その上に立って、これでいこうとの思いを喚起したいものだ。

 だからこそ、こうした応答があると、励まされるというか、またやるぞと思える。表現したことが、また自分にも返ってくるのだ。展覧会とはまさにコミュニケーションの場なのだ。私にとって視点展は、貴重な発表と交流の場だ。

 また、新たな貸し出し用のパネルを作ったが、もっと練り込んで作ってみようとの意欲もわいている。

 関連してお礼の言葉を。今回の制作は、あるひとの講演資料として始まった。ならば、一度ならず何度かやれるようにしたい。パソコンが壊れるという不測の事態が起きてしまったが、なんとか間に合わせた。こうして私を押してくれる人がいるから、やっていられるのだ。また日常のテントの運営でも、ヤマヒデはフォトグラファーとしてやるために沖縄に来たと言うことを承知いただいている。細かなご配慮をいただいている。ありがたいことです。

 こうした声に応えるためにも、私は表現の場を作っていかなければならないだろう。これは2019年後半の決意だ。

台風9号が去る(190811)

 昨夜まで、ここ名護も台風9号の影響下にあった。夕方、買い物に出ようかと思ったがやめた。冷蔵庫の中、ほぼ空っぽだ。台風が来ると体は一休みでき、いろいろとやれそうなものだが、気圧の低下の影響か、だるくなり、結果的に何もできていない。今回も。困った。

 できたのは、新たなパソコンに、皆さんのメールアドレスを入れ直したことくらい。記録が残っている限りだから、かなり取りこぼしがありそうだ。また、8月の旅のスケジュールも漸く組んだ。多義的立体的な設計なので、いささか苦しんだ。やはり紙の「時刻表」がほしい。ネット検索の留意点として、過去の時刻表が出てくるので、うっかりすると大失態につながる。危なかった。おかげで大幅な迂回路を通ることになった。思い出の場所よ、もう一度。

 私のようなアナログ人間は、じかの勘で記憶し考える。紙の時刻表を記憶しておけば、列車の乗り換えなど間違えない。ポイントしかわかっていないと、ポカを起こす。今回の計画はかなり濃度が濃いので、指さし確認しながらやらないと、ポカをやらかしそうだ。理屈上これで行けるというのと、本当に行けるかは別であり、自身の体調管理とお天気、交通機関がスムースに動いていること。アウトの場合の善後策。

 今回の楽しみの一つは地元の方との交流会。個人的に再会できればと思っていたのだが、仲間を集めてくれるという。少しは気の利いたことを言わねば。他方で、ある場所の昔からの仲間は、メールで連絡したのに、連絡なし。行ってから電話すれば良いか。それでも友人たちが全国に広がっているのは、心強い。人と人の輪こそ隠れた財産である。

2019年8月10日 (土)

今日も台風の影響下にある(190810)

 朝起きたら、あたりはまだまだ台風の影響下にある。森から唸りが聞こえ、雨も強い。台風9号は八重山から華南に抜けたはずだ。他方で、10号が小笠原近海にあり、この影響も出てくるだろう。いつまで悪天候が続くかね。食糧尽きてきた。こういうときに先日いただいたレトルトカレーは俄然意味を発揮する。

 しかしこちらはこの程度の不満でなんとかなっているが、被害に遭われた八重山、宮古の人々に励ましを。那覇市、宜野湾市、石垣市で6名が重軽傷を負ったそうだ。ご快癒を願うばかりだ。

 私は一昨日来、目の調子が悪い。よく見えないのだ。早く眼科に行きたいが、これじゃでれないし、連休明けか。不快だ。

 昨夜は8月の旅の計画を練った。知らないところは、入念に慎重に考えないとダメだ。大失策を発見。だからデジタルでの調べはこれだから。バスがあると思いきや、今は走っていないようだ。「徒歩7時間」とでた。3時間以内と見込んでいたのに、このルートは不可。1日行程ならば、フル装備でも7,8時間歩くのは問題なしだが。午前の部、午後の部をこなしたうえでの計画だから、この原案はおじゃん。事前に気づいて良かった。こうなれば迂回路を行くしかない。

 前日の場所は私が予測したとおり、見るべきところがあった。ここを外すわけに行かぬ。目的は遊びじゃないが、日程が長いので、途中休みをいれないと、体力が持たない。昨日の算段では初日から踏ん張らないと行き着けない。集中力は常に重要だが、過剰でも過小でもダメなのだ。適度。これが難しい。これを常に保つ。猛暑でないことを願うばかりだ。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31