無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「ヤマヒデ写真館」の記事

2019年9月26日 (木)

ミナミコメツキガニを撮る要点とは(190926)

 今日、フォトジャーナリストのMさんが辺野古テント村に見えた。潮が引いた干潟でミナミコメツキガニの撮影に夢中。暑さの中、粘りづよく取り組んでおられた。さすがです。戻ってきて、「難しいね」、「なかなか正面向いてくれないんだ」。そうなんですよ。

 私もいつも苦労しているところです。ミナミコメツキガニ撮影の第一の要点は振動を立てないことです。じっと待つ。待てば砂の中から出てきます。出てきたところを撮る。しかし何百何千のコメツキガニが隊列を組み行進しているのを撮ろうとすると、彼らの行く先を読まなければなりません。彼らが求めているのは餌がある場所に向かうことです。彼らが既に食べ尽くした場所には食べかすが砂の山になっています。こちらには行かないでしょう。砂中の水分の多少も影響しています。水分が十分にあっていつでも潜れる場所がいい。しかしべちょべちょの水分過多の環境も好まない。

 何よりも難しいのは彼らの生存本能でしょう。敏感に怪しい存在を認識して、明後日の方向に向いてしまいます。いつの間にか真後ろに向かっている。このとき自分が動いたら、それこそ土中に潜ってしまいます。私にもベストな方法はわかりません。根気よくチャンスを待つしかないのですが、彼らが怪しい動きを検知するのは振動と影がちらつくことです。そもそも撮影者にとって影は難敵です。自分が影を作っていたり、第三者の物質が影を作っているのに気づかなかった場合。しかしこの場合は具体的な影以前に彼らに影が届いていない距離でも気づかれてしまうことがあります。光の濃淡がでてしまったらだめです。明るいところだとこちらがあがいても光の差など見えない。こうなると難しいとしか言いようがない。

 そしてもう一つ。動物全般に言えることですが、警戒されないためにはこちらの集中力を最小限にすることです。油断している状態がベスト。しかしこれだと本気で撮れません。逃げられる。この油断と緊張の兼ね合いが動物写真の全てを決めると言ってもオーバーではありません。

 皆さんも研究してみて下さい。ここでも「勝つ方法は諦めないこと」です。

2019年6月16日 (日)

朝を迎えてーハマオモト(190616)

 昨日の朝(190615)、これを撮った。曇っており、光はよくなかったが、風に揺られており、どうかなと思って。

Imgp9445-800x532

ハマオモトだ。やはり、ビュービュー。こういうのは風任せになる。4枚撮ったものの1枚。もっと時間があれば、いいものが撮れただろうが、ほどほどか。

花の容姿は日々刻々変わる。無論、光で変わり、風でも変わる。ここにあるからまたあとでは、できる限り禁物。イイナと思ったら即実行。

でも体力に余裕があり、気持ちが乗らなければ、不可能だ。なかなかこの状態を保っていられないのが辛い。

2019年6月14日 (金)

犬とオカヤドカリものがたり(撮影日:190612)

 東京から帰ってきたら、K8護岸が出来ており、埋め立て用の土砂が2箇所(K9とK8)から搬入されるようになっていた。この国のやりたい放題はとまらない。

 今日は休日。買い物に行くはずが、外は雷雨。東京で疲れて、一昨日のプリント作業などで疲れて、頭が回らない。こんなときはこれだ。

2019年6月12日  昼時 辺野古テント村

Imgp9225-800x532

オカヤドカリたちが犬の餌があることをキャッチ。茂みから出てきました。

Imgp9229-800x532

「なんだ!おまえたち!」。とぼとぼ退散するオカヤドカリ。

Imgp9239-800x532

ということで、オカヤドカリに餌を提供。

Imgp9241-800x532

小さなオカヤドカリも餌を抱えて住処に戻ります。

Imgp9253-800x532

こちらは食事が終って、休憩タイムに。

Imgp9259-800x532

私がカメラを近づけると、目をあけた。この瞬間を撮る。12:07

いつも感心するのは、犬たちは何処に寝たら快適かをわかっていることです。暑いの寒いのを見分けて、位置をとる。

 

 

2019年3月21日 (木)

ダイサギの動きを追う(190317)

◎このブログが新たな様式になったため、練習させてください。(ヤマヒデ)
2019年3月17日 11時40分 ダイサギが一羽、テントの近くまで来た。これを撮るしかないな。
じーッと動きを待つ。
Imgp4699-800x532
魚を狙ってはばたきながら。11:40
Imgp4706-800x532
半回転したが不正解。11:41
Imgp4701-800x532
あんまりかっこよくないね。勝手にしやがれ!
なおこのダイサギは羽が冬羽から夏羽にかわったばかり。まだ嘴は夏型になっていない。黄色が黒くなる。


2019年2月17日 (日)

県民投票のための1枚

 今日、名護の県民投票勝手連に1枚のパネル(a3)を貸し出しました。

Imgp2807_2_800x532
19年1月1日朝、辺野古の松田浜でのカヌーチーム。
太陽がこの左奥から出たので当然逆光です。1と3分の2プラス補正。これを伸ばすときに再度補正しています。
 これを見たある方が、「いいね」と言って、お買い上げいただきました。ありがとうございました。ウン万円です。A3額縁付き。
ご希望の方は、メールでご相談ください。A3 3万円/A4 2万円(送料別)

2019年1月27日 (日)

ヒカンザクラ咲く(190126)

 名護市の名護城(ナングスク)は、例年この時期にヒカンザクラが咲き誇ります。今年は遅れていますが。ともかく、19年1月26日と27日に名護サクラ祭りが開催されています。私は両日とも所要で行かれません。そこで辺野古のヒカンザクラを撮影しました。

Imgp4286_800x532
路上から眼下に咲く。沖縄のサクラには、派手さはありませんが、熱く可憐に咲きます。辺野古
名護サクラ祭りは名護城(名護中央公園、名護漁港、名護十字路等で開催されています。1月26日~27日。

2019年1月 7日 (月)

辺野古川河口で(190106)

2019年1月6日 曇り のんびりと。

Imgp3085_800x532
今日はカヌー練習の日。松田浜から辺野古川河口を抜けて、豊原の浜まで行ったようだ。
曇り空だったが、辺野古ブルー(光)が入る瞬間があるものだ。それは一瞬だけだ。

2018年12月22日 (土)

朝ぐらい、いい気持ちでいたい(181220)

 ある朝の腕試し。

Imgp2338_800x532_3
ただの街路灯です。朝だから際だった。
Imgp2340_800x532
枯れ枝を際立たせるバックの黒と白の雲。光は偉大成り。
朝ぐらい、いい気持ちでいたい。

2018年12月12日 (水)

フライト・オブ・ドリームスの787(181209)

 2018年12月9日、上伊那からの帰り、中部空港で、最近開設(181012)されたフライトオブドリームスに立ち寄った。

Imgp1594_800x532
照明がピカピカ。ボーイング787の初試験飛行機(090215)だそうである。ホンモノだよ。圧倒的な存在感。
Imgp1573_800x532
斜め上から見下ろす。
Imgp1588_800x532
後部。「787」と。
Imgp1597_800x532
ご覧のように人が機体の下を歩ける。ただしこのエリアに入るのは要入場料。
この建物に、様々な飲食店などが入っており、賑わっていました。私たちはお寿司を食べました。
それにしても身近に、隠れ航空ファンがいた!少し驚かされた。
ただ自分的に言うと、飛行機と軍事は切っても切れないことなので、やや複雑な気持ちになる。カッチョイイ!ですけどね。

2018年11月 4日 (日)

雨に打たれ撮影不調の中でもめげず(181103)

 昨日の雨はなかなかでした。カメラもレンズもずぶぬれで、故障か。そんななかでもおニューのカメラで撮ってみた。

Imgp0350_800x532

テント前にサンゴのかけらが打ち上げられていた。ここまで、大きさ数センチのサンゴのかけらが上がることは極く珍しいことだ。波を待って、撮った。
15:35
Imgp0351_800x532
波が引いた。
自分の気持ちは沈んでいましたが、一先ず思惑通りに撮れた。自分に拍手! パチ・パチ・パチ。

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31