無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「ヤマヒデ写真館」の記事

2019年1月 7日 (月)

辺野古川河口で(190106)

2019年1月6日 曇り のんびりと。

Imgp3085_800x532
今日はカヌー練習の日。松田浜から辺野古川河口を抜けて、豊原の浜まで行ったようだ。
曇り空だったが、辺野古ブルー(光)が入る瞬間があるものだ。それは一瞬だけだ。

2018年12月22日 (土)

朝ぐらい、いい気持ちでいたい(181220)

 ある朝の腕試し。

Imgp2338_800x532_3
ただの街路灯です。朝だから際だった。
Imgp2340_800x532
枯れ枝を際立たせるバックの黒と白の雲。光は偉大成り。
朝ぐらい、いい気持ちでいたい。

2018年12月12日 (水)

フライト・オブ・ドリームスの787(181209)

 2018年12月9日、上伊那からの帰り、中部空港で、最近開設(181012)されたフライトオブドリームスに立ち寄った。

Imgp1594_800x532
照明がピカピカ。ボーイング787の初試験飛行機(090215)だそうである。ホンモノだよ。圧倒的な存在感。
Imgp1573_800x532
斜め上から見下ろす。
Imgp1588_800x532
後部。「787」と。
Imgp1597_800x532
ご覧のように人が機体の下を歩ける。ただしこのエリアに入るのは要入場料。
この建物に、様々な飲食店などが入っており、賑わっていました。私たちはお寿司を食べました。
それにしても身近に、隠れ航空ファンがいた!少し驚かされた。
ただ自分的に言うと、飛行機と軍事は切っても切れないことなので、やや複雑な気持ちになる。カッチョイイ!ですけどね。

2018年11月 4日 (日)

雨に打たれ撮影不調の中でもめげず(181103)

 昨日の雨はなかなかでした。カメラもレンズもずぶぬれで、故障か。そんななかでもおニューのカメラで撮ってみた。

Imgp0350_800x532

テント前にサンゴのかけらが打ち上げられていた。ここまで、大きさ数センチのサンゴのかけらが上がることは極く珍しいことだ。波を待って、撮った。
15:35
Imgp0351_800x532
波が引いた。
自分の気持ちは沈んでいましたが、一先ず思惑通りに撮れた。自分に拍手! パチ・パチ・パチ。

2018年10月23日 (火)

華麗なるシラサギの舞(追い込み漁)(181023)

2018年10月23日 晴れ後曇り。大潮

辺野古川河口 朝
Imgp1283_2_800x495
ダイサギはこうした流れのときに、ここで魚を狙う。長靴がないとこれ以上近づけないが、ぎりぎりまで接近。光りよし。ダイサギが舞い、魚が跳ねた。その一瞬をすかさず撮る。
魚が飛び跳ねています。9:57
私は連写はしない。無論、合成もしていない。
ひたすら集中力と、表現力だ。+反省力。多くの失敗をプラスに転化することなしに、こうはできない。
◎追記:忘れてました。大事なことを。こうした写真に集中できるのも、工事が止まっているから。故翁長雄志前知事に、謝花喜一郎副知事に、玉城デニー知事に感謝。そしてデニーさんを選んだ沖縄県民に感謝。だから、自分にも、ありがとう。

2018年10月22日 (月)

ミサゴとウインド・サーフィン(181022)

本日(2018年10月22日)のスペシャル

辺野古川河口
Imgp1124_2_800x560
ミサゴがダイビングしたが失敗。左に飛び上がる。バックにウインドサーファーが。
これを一枚に入れる。
こういうものは、これできないかなと思った瞬間に心の準備を整える。入りそうになったならば、間髪を入れずにいき、構図を決め、シャッターを押す。全部で0,5秒以下。
躊躇したら出来ない。
よくをいえば、もっと光をだったが。

2018年10月18日 (木)

メジロとトベラ(実)(181018)

今日は思いのほか、ナイスな写真が撮れたので、これをご覧いただきたい。もっとも、自主採点すれば、70点程度。

 18年10月18日 晴れてきた。2羽のメジロが西側から飛んできた。私はこのとき西側(辺野古川の上流側)に居た。通過。反対側にカメラを担いで走った。
Imgp0856_800x532
間にあうか? ム、いないか。まて。おっ!
きた、きた!
テント脇(漁港側)の防潮林の中に来たメジロ。13:05
Imgp0860_800x532
赤い実を咥えている。13:08
Imgp0861_800x532
真正面で、メジロ仮面か? 13:08
Imgp0868_800x532
葉に覆われていて良く見えないのが、残念。13:08
Imgp0870_800x532
小さなメジロが大きな実を食べるのか。がっついている。13:08
この実はトベラ。春に白い花が咲き美しかった。芳香が心地よかった。あれが真っ赤な実になるのか。
台風24号、25号で木々は塩害の被害を著しく受けた。メジロ等の食べ物も激減したはずだ。メジロはどこかに何か食えるものはないかと、必死で探しているのだろう。
自分は久しくルーティン・ワークみたいなものしか撮れず、いじいじしていたので、非常に嬉しくなった!
まだまだここの実はこれから熟すのが多い。暫くはこんな写真が撮れるだろう。80点、95点、100点を目指したい。

2018年9月 8日 (土)

お隣のネコ(180907撮影)

昨日の猫。テント2で。

Imgp9464_800x532
彼のお隣に寝込もうとしたネコ。
Imgp9465_800x532
うるせえな!と、こちらを向いたグレオ。
私は無機質な護岸工事を撮るよりも、こっちのほうがいい。
県の撤回で、工事が停まっているこのときに何をするかだ。人間は猫の頭よりもましなのだろうか?
今日帰宅したら謀略ビラが入っていた。人間はこんなのに騙されるのだろうか、ニャ。
明日2018年9月9日、名護市議選他で統一地方選挙。忘れずに投票に行こう。

2018年8月 3日 (金)

「この海を取り戻そう」-テント村に掲示しました(180803)

 辺野古テント村に今日あらたな写真パネルを展示しました。このパネルは、私が海上の様子をご理解いただきたいと始めたものです。今回は以下の3枚です。

タイトルは「この海を取り戻そう」。

Imgp9913_800x532
豊原の高台から見た辺野古の海と長島。左上(奥)が大浦湾。180722撮影。護岸工事で18年8月2日閉じこめられてしまった。
Imgp7225_800x532_2
辺野古漁港に現れたウミガメ。これまで漁港内に現れたことのないものが来る。護岸工事で砂浜への道が閉ざされたからだろう。180723
Imgp7675_800x532
k-4護岸の南側でオイルフェンスを挟んで工事現場と対峙するカヌーメンバー。180728
 今日早速、来訪者に見ていただきました。このウミガメには、せめて大活躍してほしいです。護岸を取っ払って私たちの海を取り戻しましょう。
 なお私は豊原の高台を推奨しています。今日は某テレビ局のスタッフにも教えました。先日は某新聞記者にも。どんどんこの場所をご活用ください。但し農地際だったり、民家の隣です。ご迷惑にならないようにお願いします。

2018年6月 7日 (木)

含蓄の深いこの言葉を私なりに考えた(180606)

これは送られてきたバナー。テントの中に展示した。

Imgp7794_800x532
「海も自然も守ることが平和なんだ」-私はこれを見て、撮って、読んで、深さにしばし感動。誰が書いたのか知らないが。
人間も生物だ。地球に海が出来たから、人間も生まれてきた。
だが人間は悪さばかりしている。無自覚だから困る。
起源を考えれば、人間は自然に感謝し、祈り、守ることが必須だろう。人間の生存の土台を守れずに平和はやってこないのだ。
Imgp4651_800x532
昔、海人(ウミンチュ)は、アジサシの傍に魚が居ることを知っていた。こうして漁をしてきたのだ。だが、今やこのように分断されている。悲しくなる。
上方の漁船は沖縄防衛局と契約している警戒船。
Imgp4667_800x532
基地建設の現場を見つめるエリグロアジサシ。
Imgp4666_800x532
沖のマナヌ岩も海神様だ。私たちがなすべきことは、戦争のための、自然破壊の固まりのような愚行ではないはずだ。今目覚めないでどうする。
Imgp4662_800x532
飛ぶエリグロアジサシ。
「海も自然も守ることが平和なんだ」。ありがとう。この意味を深く深く考えていこう。
上記の撮影は全て、18年6月6日、辺野古です。ヤマヒデ

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31