無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「辺野古・大浦湾」の記事

2019年1月16日 (水)

こうして土砂投入が行なわれているのだ(190115-②)

2019年1月15日 晴れ 大浦湾瀬嵩のお山から。

Imgp3402_800x532
7:47 神々しい世界だ。
Imgp3410_800x532
土砂運搬船が近づいてきた。8:10
辺野古を埋めるための物をもってきた。許せぬ!
Imgp3414_800x532
k-9護岸にいつの間にかダンプ12台が並び、左から2台がやってくる。8:13
Imgp3417_800x532
重機が動き出した。8:16
Imgp3426_800x532
カヌーチームが6艇でてきた。8:20
Imgp3430_800x532
8:21
Imgp3434_800x532
大浦湾の中に入ってきた。8:23
Imgp3438_800x532
大浦湾中央部に居た運搬船からランプウェイ台船(左)に土砂を積み替え始めた。8:25
Imgp3441_800x532
k-9護岸近くでオイルフェンスを挟んで海保とにらみ合うカヌーチーム。8:26
Imgp3444_800x532
中に入ってきた土砂運搬船。8:27
Imgp2873_800x532
入ってきた4隻(手前中央は昨夜からいた)。8:32
Imgp3477_800x532
大浦湾を移動する運搬船。8:41
Imgp3481_800x532
並んでいたトラックは0に。8:45
Imgp3485_800x532
手前からランプウェイ台船、土砂運搬船、巡視船。大浦湾を席巻している。8:45
ちなみに今朝の集計。
土砂運搬船     3+4(今朝入ったもの)
ランプウエイ台船  3
クレーン台船    2
積み荷の平台船  2
巡視船(湾外)   1
計        15隻
他タグボートなどなど
もっともっと抗議の声を!! 止めるために!
私は9時過ぎにお山を下り、辺野古に向かう。

2019年1月15日 (火)

大浦湾の朝-震えるほど美しい世界で何が起きている(190115-①)

2019年1月15日。昨日の疲れも何のその、私は有津(あっつ)行きのバスに乗った。

大浦湾の瀬嵩で下りた。6:30 まだ真っ暗だ。
浜に出る。
Imgp3351_800x532
キャンプシュワブ方面。基地が放つ光。6:40
Imgp3353_800x532
左(東)側 なんともいえぬ世界が広がっている。6:43
Imgp3360_800x532
空がすきとおっている。6:48
Imgp2840_800x532
6:50 水面も。ただただ撮るしかない。
Imgp3369_800x532
潮が引いている。足下まで水が。6:58
うっかり、水溜りに足を突っ込んでしまった。まだ暗いのだ。
Imgp3375_800x532
アーサ。7:06
Imgp2851_800x532
不気味に静かに佇むランプウエイ台船。7:07
やや明るくなってきたので丘に上がる。
Imgp3381_800x532
7:22 いつの間にか太陽が出ていた。
Imgp2857_800x532
大浦湾の東から上がった。7:23
Imgp3384_800x532
7:22
Imgp3391_800x532
こんなだ。台船が多数。フロートの右端がK-9護岸7:25
Imgp3393_800x532
7:26 震えるほど美しい。
Imgp3397_800x532
あれ、今日は土砂運搬船が船団を組んでやってきた。4隻だ。7:37
来るな!

強襲揚陸艦ワスプが現れた(190114)

2019年1月14日 晴れ。

テントに行ったら、佐世保から強襲揚陸艦ワスプが沖合いにきていた。
Imgp2680_800x532
漁港沖に。逆光なので、見にくいが、ワスプだ。8:18
Imgp2692_800x532
日本は3連休。埋め立ての工事はやっていない。10:23
Imgp2696_800x532
しかしこちらはお仕事中のようです。潜水調査。10:25
Imgp2704_800x532
10:33 お仕事中の両者。
Imgp2705_800x532
米軍の暦は違います。水陸両用装甲車が出てきました。10:34
Imgp2707_800x532
横を向いた。全長250mある。F-35Bが5機乗っています。10:35
◎新聞報道によれば嘉手納基地に7機飛来(琉球新報190115)。この甲板の5機と合わせると12機か。
Imgp2718_800x532
私は松田浜へ。水陸両用装甲車が海に出た。10:50
少しでも近くへ。漁港の先端へ移動。
Imgp2730_800x532
手前のオイルフェンスは漁港から外洋への航路の浚渫作業に伴うもの。11:04
装甲車が左から右(西)へ、すり抜けていく。
Imgp2747_800x532
潜水調査の相棒格のマンタ船。11:15
防衛局に雇われている彼らは、海が好きなのだろうに、何故、海を殺す仕事につくのかな。待遇がうんといいのかな。本音を聞いてみたいものだ。
Imgp2752_800x532
装甲車が沖合いを行く。11:16 だが、ワスプに乗りこまなかったようだ。忽然と消えた。南の視界外に出たのだろう。
ここで私はテントに戻る。テントに来訪者大入り満員。
Imgp2768_800x532
沖合いをオスプレイが飛ぶ。ワスプに下りないか? 下りなかった。13:48
Imgp2774_800x532
15:03 平島近く。後部のハッチを開けている。
Imgp2776_800x532
15:05 水陸両用装甲車が戻ってきた。
Imgp2778_800x532
15:10 ヘリが甲板近くを飛んでいる。
Imgp2781_800x532
15:14 こうした動きにも要注意だ。
Imgp2786_800x532
戻ってきた装甲車。15:14
Imgp2833_800x532
15:21 ラスト(4両目)が上がった。
明日はどうなるのか? 暫く目を離せないな。

2019年1月14日 (月)

3連休の来訪者に追われた一日(190113)

2019年1月13日 晴れ 今日はいい天気。1月とは思えぬ暖かさ。

辺野古漁港の浚渫作業以外の動きなし。
Imgp2660_800x532
N-3護岸にトラック等なし。8:22
9時頃から来訪者続々。私は7人・団体にお話した。たまたま沖縄にきた途中で寄った方々の関心も土砂投入以前と明らかに異なっている。危機感が広がっているのだ。
Imgp3314_800x532
カヌー練習の人たちがきていたが、私はまともに撮る暇もなかった。10:24
Imgp2666_800x532
大浦湾に入っていた土砂運搬船が出て行った。11:06
Imgp2667_800x532
おっと、先にも居たようだ。11:07
Imgp2673_800x532
西へ向かう。11:22
北海道から来たお一人と1時間余りお話した。私も北海道には随分行ったので、共通する話題も多く、北海道と沖縄との連帯の方向性を話し合った。
Imgp3317_532x800
彼が下さったものをテント内に張り出した。一言一言に彼の思いが詰まっている。12:44
13時30分頃東京の大学の一行が来た。30分がやはり1時間に伸びた。
一休み。
Imgp3321_800x532
Rが骨に噛み付いている。14:35
Imgp3324_800x532
私が前に居ると影を作ってしまう光なので、自分はほぼ横に寝て、体を低くして撮る。
Imgp3329_800x532
MとC。犬の表情と言う奴を漸く撮れるようになってきた。
Imgp3337_800x532
目の前に居てカメラを構えても咆えられないのだから、それだけでヤッタネ!なのだ。
座り込みは犬たちともやっています。
Imgp2678_800x532
朝からここにいる監視船の人たち。ご苦労様だ。14:42
Imgp2679_800x532
ふと見上げたら、米軍の対潜哨戒機P-8だった(東に飛んだ)。近頃遭遇の機会がやたらと多い。14:42
県内外からの来訪者の皆様へ。一人ひとりが見たこと、知ったこと、考えていることを伝えて欲しい。

2019年1月13日 (日)

高台から土砂投入現場を見た(190112)

2019年1月12日 晴れ

今朝も同じ光景。
Imgp2587_800x532
土砂運搬船が2隻きた。K-9護岸に入る。8:11
Imgp2594_800x532
今度は出て行く。8:57
Imgp2596_800x532
N-3護岸にトラックが入ってきている。10:19
朝からだが、逆光が強いと撮れず。
Imgp2597_800x532
もう一隻出て行く。11:00
Imgp2604_800x532
やけにまっすぐ西へ。河口沖。11:26
Imgp3281_800x532
土曜日は各地の方々が差し入れ弁当。琉球のお正月料理。見栄えがあり、ついつい撮った。おいしかった。海上メンバーもいただきました。11:41
海上行動は14過ぎ終了。風波が強く。行動中、拘束された人が海保のGBで船酔いしてしまう。海保は大浦湾の開口部まで連れて行くため波が荒かったようだ。
Imgp3285_800x532
食後のぜんざい。おなか一杯でした。
Imgp3286_800x532
辺野古川のきらきら河口。12:29
Imgp2608_800x532
テント裏に咲くスミレの仲間。12:32
Imgp2611_800x532
巡視船がお帰りです。戻ってこないで! 13:32
Imgp2614_800x532
土曜日なのにヘリの音。ドクターヘリだった。ご苦労様です。14:01
お天気はほどほどだし、来訪者も少ないから。
Imgp2615_800x532
私は豊原の高台へ撮影に。ツツジの仲間が美しい。14:32
Imgp2618_800x532
こうです。2本のクレーン。奥が今の土砂投入の現場。だいぶ赤土が入ってしまっている。14:41
Imgp2621_800x532_2
手前のK-1護岸に土砂。奥の土砂投入現場にトラック4台とブルドーザー1台。14:45
Imgp2628_800x532
ややしつこいですが。これが現実。悔しさを焼き付けて。
Imgp3297_800x532
こちらにも注目。コンクリートプラントの奥。赤土が積み上げられている。14:49
Imgp2637_800x532
トラックが5台。落としてる(左)。14:53
場所を移動。
Imgp3302_800x532
携帯局のアンテナの下。15:08 陸域の変化も忘れてはダメ。
Imgp2646_800x532
シュワブ岩。奥は安部オール島(右)。
Imgp3306_800x532
右奥がキャンプシュワブ。左奥が辺野古の上の集落。15:14
更に移動し、辺野古へ
Imgp2656_800x532
真正面だが高さが足りない。ここはダメだ。15:31
テントに戻れば来訪者3組。皆様お疲れ様でした。
なおゲート前からの搬入は11日、12日と2連休だった。

2019年1月11日 (金)

今日の辺野古の異変ぶり(190110)

2019年1月10日 曇り たまに晴れ間が出ると暖かい。巡視船1隻。海上行動やってました。

 昨日の安和の闘いの影響が出るかと思いきや。
Imgp2515_800x532
土砂運搬船が現れた。8:26
Imgp2516_800x532
こちらは自走できるランプウェイ台船。計2隻。3隻きていないということは、昨日の闘いの成果かもしれない。カヌーメンバーの話では、今日の船はやたらと積荷が多かったらしい。3隻分を積んできたようだ。
Imgp2522_800x532
10:43 N-3護岸を見る(長島のした。手前から3列目)。トラックが来ている。やっているようだ。
Imgp2524_800x532
俄かに大型ヘリの音。11:27
Imgp3237_800x532
CH-53の3機編隊だった。11:27。西へ飛ぶ。
慌ててレンズを替えて撮影。ヘリだから間にあうが。
Imgp2525_800x532
豊原の上を飛び去る。11:58
Imgp2530_800x532
今度は2機が戻ってきた。東へ、北部演習場方面だろう。11:58
Imgp2536_800x532
12:13 今度は1機、西へ。
Imgp2541_800x532
K-1護岸に砕石を落とす。12:54
Imgp2543_800x532
カラスも昼時。デカイパンを咥えている。もっと安定した場所で食えばいいのに。12:55
Imgp2544_800x532
水陸両用装甲車が出てきた。私は松田浜へ。13:30 2両。
Imgp2547_800x532
漁港の護岸の上から。13:31
私の撮影意図は?
Imgp2565_800x532
だが私の撮影意図とは別の展開に。おっちら、おっちら。何だ?13:41
私は慌ててフェンスに近づいた。
Imgp2575_800x532
装甲車を連結したらしい。グルングルン。13:53
Imgp3270_800x532
ご覧の通り。
Imgp2577_800x532
故障の車の乗員6名はとぼとぼと。13:54
Imgp3273_800x532
虚しさが切ない光景。戻っていく。13:54
これは演習だからいいけどね。実戦だったらオシマイだ。
Imgp2580_800x532
退場する水陸両用装甲車。13:55
こんなもので上陸作戦などは、過去の遺物なのだが。この国はこれを買ったよ。水陸機動団が昨春に出来ている。何処でどんな戦争をするつもりなのかな?
Imgp2583_800x532
辺野古川の干潟に今日もミナミコメツキガニがでている。15:38
テント撤収時に若者3名。手短に私が対応。素早く話す。
Imgp2585_800x532
土砂運搬船が出てた。16:08
Imgp2586_800x532
前にもう1隻。2隻出たのだ。16:08
今日の海上行動は12時30分頃終了。船から船への積み替えが終わらず、地上に下ろすのは更に先になるからと。
 

2019年1月10日 (木)

ヘリの軍事演習を追いかけ、+1(190109)

2019年1月9日 曇り 巡視船1隻

今日も8時過ぎに土砂運搬船3隻が入ってきた。
Imgp2375_800x532
3隻のうちの2隻。8:18
Imgp2376_800x532
3隻目。8;18
Imgp2380_800x532
いつの間にか1隻が出て行った。9:16
Imgp2381_800x532
辺野古川河口沖。今日も潜水調査中。何しているのか? 9:41
Imgp2383_800x532
奥のN-3にトラックが入ってきている。今日も土砂投入だ。9:43
今日のゲート前すわり込みはやっていない。安和の港に行っている(ゲート前からトラックは入った)。カヌーメンバーも出張、大奮闘。
上が居ない分、ここへの来訪者が増える。何名かとゆんたくした。お出での皆さんが考えるきっかけになればありがたい。
12:30分頃から北側でヘリの音。漁港の護岸に出ても全く見えず。苛苛。
仕方なく私はテントを後にした。
Imgp2384_800x532
音源はキャンプシュワブの演習場のヘリパッドの中だ。329号の辺野古(ガソリンスタンドの脇)の信号付近で出てくるのを待つ。なかなか出てこない。仕方なく辺野古川に沿って奥の道に入る。バイパスの下を潜り、更に北へ(演習場区域の外)。音の出方を見極める。何処から出てくるか。やっとでた。13:11
視界が狭いのであっという間に見えなくなる。待つ。
Imgp2390_800x532
国立高等専門学校の奥(北側)のヘリパッドからでた。ぐるっとまわって、また下りる。木々の中なので、巧く撮れず。兵隊が6名。窓を全開にしている。13:17
明らかに軍事演習全開モード。超低空をバリバリ。
視界が狭すぎなので、一旦329号まで戻る。ガソリンスタンドの信号機の北側へ。
Imgp2403_800x532
13:28 
北側を飛ぶ。ぐるっと回って、
Imgp2408_800x532
高専の球技場の後方のヘリパッドに下りる。13:28
Imgp2413_800x532
バイパスの上を旋回。13:30
Imgp2416_800x532
同上の電線の上ですぞ。やはりここで演習場の中へ旋回。13:30
Imgp2426_800x532
再び下りる。13:31
Imgp2435_800x532
ならば私はバイパスの上まで行くぞ!329号の坂の途中で、13:37 急げ急げ!徒歩だからね。
Imgp2462_800x532
329の坂の途中(名護市街に向かって右側)。手前は電話線。位置が分かるように敢えて入れている。13:49
Imgp3224_800x532  
ここは沖縄防衛局名護事務所屋上。4名が演習を見ている。暇なのか、真剣なのか?
14:00 これで演習実態を知りませんとは言わせない。
Imgp2485_800x532
バイパスの上で。真上を飛ぶな。14:05
ヘリパッドを起点にしながら、高専手前で右に旋回し(南へ)、バイパスの上を西(左)へターン。これを繰返していた。高圧線の内側でやっていた。窓の下に吊っているのは対地ロケット弾か(両側)。ここで実弾はもっていないだろうが、おそろしや。落とさないでよ。
因みにこのUH-1は「00」と「07」の2機が交互にやっていた。14:10頃2機が出てきて西へ飛び去った。
 私はついでに豊原の丘へ。
Imgp2492_800x532
奥がK-4.ダンプが砕石を落としている。14:26
Imgp2497_800x532
N-3護岸。トラックが3台。土砂が広がっている。14:26
ああ。奥は長島。
Imgp3232_800x532
全体図。
Imgp2503_800x532
途中でキヌガサギク14:27
Imgp2508_800x532
テントに戻ったら水陸両用装甲車が1台出ていた。14:53
15時過ぎに再びヘリの音。16時ごろまで。

2019年1月 9日 (水)

今日も土砂運搬船が入ってきた(190108)

2019年1月8日 曇り 巡視船1隻

8時過ぎ今日も土砂運搬船3隻とランプウェイ台船等が入ってきた。
Imgp2374_800x532_2  
ずらずらと。先頭がランプウェイ台船。前と後ろにタグボートが押している。8:20
Imgp3193_800x532
大浦湾に入っていく土砂運搬船。
Imgp3194_800x532
8:20
Imgp3198_800x532
k-4にクレーンが展開。9:02
Imgp3202_800x532
被覆ブロックを運ぶトラック。k-1護岸。k-4に先のクレーンで設置するようだ。
Imgp3204_800x532
k-3護岸。今日の土砂投入が始まった。12:23
運搬船が入港しても、即下ろせない。一旦、ランプウェイ台船に積み替えないと下ろせないから、時間差が生じる。
私は昼にお雑煮をいただき、いざ出陣。別の撮影に出かけた。
今日の海上行動は大浦湾のk-9護岸付近で。ゲート前からの搬入は何故かなかった。

2019年1月 8日 (火)

護岸の上にクレーンも出てきた(190107)

2019年1月7日 曇り時々晴れ

Imgp3097_800x532
N-5護岸から出てきたクレーン。新年の工事が本格的に始まるのだろう。8:36
Imgp3099_800x532
N-3にトラックが来た。8:51 土砂投入開始。
今日の海上メンバーは大浦湾のK-9付近で抗議中。
Imgp3106_800x532
クレーンでプレハブ設置のようだ。9:24
Imgp3113_800x532
N-3重機で均している。トラックいない。11:47 午前の部終了らしい。
Imgp2353_800x532
微妙な河口。12:02
Imgp3135_800x532
土砂運搬船が出た。13:45 南へ
私は松田浜へ。
Imgp3137_800x532
沖合いに巡視船。昨日、一隻戻ったので入れ替えだ。PL-65 13:54
Imgp3141_800x532
被覆ブロックをおいている。K-4の上。13:56
Imgp2355_800x532
午後の辺野古。穏やかだが、壊された自然は戻らない。13:58
Imgp3154_800x532
コンクリートプラント奥の斜面。どんどん土砂が落とされていた。14:06
Imgp3155_800x532
沖合いを海軍MH-60. 東へ 14:06
Imgp3156_800x532
K-1護岸に作業員。N-3に土砂投入のトラックが。14:08
Imgp3164_532x800
こういう世界に区切られている。あんたら日本国の法律に守られながら、日本国の法律を適用除外されていることをおかしいとおもわないのかな? 例えば航空特例法。そもそも日米地位協定。
Imgp3170_800x532
足下にはニガナがさんさんと咲いていた。上のフェンスから1mほどの場所。14:24
Imgp2360_800x532
テントに戻った。14:31
Imgp2365_800x532
ふふ、可愛いね。15:19
海上行動は14時30分頃終了していた。15時過ぎ、ブルーの船も上がってきた。

2019年1月 7日 (月)

新たな抵抗運動ができるかも(190105)

2019年1月5日 小雨(時々止んでいた)

巡視船1隻。土砂投入が朝から始まった。波風強く、今年最初の海上行動は船1隻のみ。1時間のみ。天候には勝てません。
 Imgp2992_800x532
テント脇から、N-3にトラックが来ている。8:51
Imgp2994_800x532
辺野古の漁港に民間ガードマンの船が2隻入ってきた。9:08
Imgp3003_800x532
やたら大勢が乗った。後ろのバンも同社のもの。9:11
何でだろう。この直後に出て行ったが、行方を追えなかった。
Imgp2342_800x532
テント前。海草等がやたらに漂着している。9:23
こんなことは埋め立てのための護岸が出来る前にはなかったことだ。
Imgp3010_800x532
これは海藻の一種だろう。
Imgp3011_800x532
ヤドカリ。海草の上を歩いている。
Imgp3017_800x532
河口上空を飛ぶミサゴ。10:28
Imgp3020_800x532
突っ込む。10:28
Imgp3024_800x532
捕った!自分は失敗。天気悪いのだが、ピントがー。10:28
Imgp2343_800x532
アメ、ザンザン。12:51
Imgp3029_800x532
トラックが動いている。14:10
Imgp3031_800x532
何だ、あの旗は?14:38
なんて書いてあるのか?
松田浜に行ってみよう。
Imgp3047_800x532
トラックは動いていると。14:39 漁港の護岸の上から
Imgp3051_800x532
落としてる。14:39
Imgp3061_800x532
護岸の上(座って)から間近(1.5mほど)にメジロ。ドッキリ、嬉しい。14:43
Imgp3067_800x532
ここは沖縄だ!ここは米国じゃない! 14:45
Imgp3069_800x532
米軍に向かって叫べ!この「日本国」に向かって叫べ!
こちらは沖縄だと。ここは沖縄なのだよ。
Imgp3079_800x532
昨年6月からフェンスバナーをつけられなくなっていたのだが。これなら米軍も手出しが出来ない。もっと集団的にいくつものバナーをつくり、何本も張り合わせれば、示威運動ができる。ただいいサオがないようだ。
沖縄が忍従する時代は終わったはずだ。終わらせよう。もっと工夫を!
○本日午前、キャンプシュワブゲート前で、19年最初の集中行動が行なわれました。ハワイのロブ・カジワラさんやエリック和田さんとネットのテレビで連帯を深めたようです。1000名が集りました(主催者発表)。
 私はテント番に残ったために、残念ながら撮影できませんでした。報告できず申し訳ありません。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31