無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「宮古群島」の記事

2019年4月 6日 (土)

宮古島警備隊3月26日新設と弾薬庫の問題(190406)

 2019年3月26日、宮古島警備隊が新設され、奄美大島にも警備隊、対艦ミサイル、対空ミサイル部隊が新設されたのだ。このほかにも、「島嶼防衛」(対中対峙戦線)がらみの部隊が全国で幾つか立ち上がっている。その全体像については別途書かなければならないが、ここでは省く。

 この宮古島で発足した部隊は、西部方面隊(司令部:熊本 健軍駐屯地)の第15旅団(司令部:那覇駐屯地)傘下となるが、本丸である対艦ミサイル、対空ミサイル部隊設置前に、政治的に配置したもの。宮古島市と宮古島市民を自衛隊(明確な軍隊に変質している)に馴らす為の「試用期間」との位置づけだろう。

 報道では警備部隊380名とされているが、このなかに、本部付き、通信群、兵站、警務隊(MP)もおり、警備隊員は何名なのだろう。私はまだ把握できていない。そもそもこの警備隊は何を任務としているのか。何から何を警備するのか? 演習場をどうするつもりなのか?

 長崎県の対島警備隊は、朝鮮戦争が勃発した際に難民が流れ着くことを想定した対処であり、その中に武装難民がいるだろうとの予測から配置されたのであり、対馬には小規模の演習場もある。対馬は山の、森の島なので、こんなところでドンパチやる事態になったら大変なことだ。

 宮古島の位置づけは全く異なる。中国との最前線に琉球諸島を据えているのだが、一体誰が攻めてくるというのだろうか。中国が攻めてくるなどの言説が流布されているが、中国が現在出来上がっている中日の経済関係をぶっ壊してまで戦争をしかけるメリットがどこにあるというのだろうか。軍事緊張を煽るために陸上(島)に配置したのだろう。この挑発を日本が進めるのか。米国は経済的な覇権を狙っており、米中の対立が露骨になっていくだろう。こうした動きは経済的な対立のバックに武力を構えるいつもの米国のパターンだ。その一翼に与那国島、宮古島、奄美大島に自衛隊を配備し、これから石垣島、沖縄島に配備しようとしているのだ。日本政府、自衛隊の構えは、琉球諸島に限定されていない。いざとなれば、日本全国から既に指定している部隊を緊急動員し、陸海空の共同作戦で行なうのだ。しかし当面のところ、自衛隊の輸送力は限られており、民間の輸送船も使わざるをえない。

 こうした現状を踏まえると、初動を担任する警備隊は、頗る危険性が高いことになる。高いのだからやめておけばいいのだが、指示は防衛省・陸上総体司令部からくるのだろう。不安にかられる彼らは、だからこそ、中距離多目的誘導弾や迫撃砲を持つのだ。前者は上陸侵攻を阻止する武器であり、後者は地上戦を前提にした武器だ。こうなれば、住民は逃げ惑うしかなくなるが、有事の際の「国民保護」は防衛省の所管でなく、宮古島市や警察任せになるだろう。否、自衛隊は自らの安全を最優先するかも知れず、住民を楯に使う可能性が高いのだ。

 だからこそ防衛省は、住民にこんな弾薬や武器を配備するなどと説明しなかったのだ。私たちは、だまし討ちを許さず、宮古島警備隊の新設の撤回を求めよう。同時に、住民を平時にも有事にも危険に陥れる弾薬類の即時全面撤去を求めよう。 

以下の報告も参照して下さい。

http://app.f.cocolog-nifty.com/cms/blogs/2560241/entries/126001935

2019年4月 5日 (金)

宮古島警備隊の謎を探るー宿題がたくさん(190308)

2019年3月8日 今日も小雨。

Imgp6369-800x532

宮古島空港出入り口前から空自第53警戒隊レーダー群を見る。この野原にも千代田にも直線距離で2500m。10:47

Imgp6379-800x532

琉球松の通りを行く。アカバナーを右端に入れてみた。こんな楽しみがないとやってられない。11:07

Imgp6391-800x532

サトウキビ畑の通りから近づく。12:23

Imgp6401-800x532

東側から見て正面にあるデカイ建物。多分、これは射撃訓練施設。シャッターが8枚ついている。

Imgp6394-800x532-2

大きな排気塔がついている。射撃による煙を排出するはずだ。

Imgp4573-800x532

格子戸で見にくいが。左赤い屋根が給油施設。正面緑が弾薬庫。

Imgp6407-800x532

弾薬庫。何が入っているのか?

Imgp6418-800x532

弾薬庫に正面手前の建物を経て大きなパイプが通っている。

Imgp6424-800x532

このパイプだが何? 右の大きな茶色の山は?

Imgp4576-800x532

北の端から見たお山。高さ10mもあるだろう。

Imgp6413-800x532

南側から。どうみても弾薬庫だろう。この内側の構造が分からないと、不明だが。

Imgp4575-800x532

南から。この野外プールみたいなのは?何のための貯水槽? 住民に知らせた図書によれば、グランドとあったはずだ。つじつまあいません。

Imgp6421-800x532 

幌付きトラック。手前の3個は連結用の荷台。

Imgp6422-800x532

幌付きトラックが多い。多くの隊員・物資を運ぶのだろうが、島内、島外、県外、海外にも運ぶのか。

Imgp6423-800x532

正面のトラックに乗ったこの2台に注目。「資材運搬車」と自衛隊装備年鑑にあるが、不整地地域における築城資材等の局地輸送に使うと。登坂能力30度、超壕能力約1mだと。対艦ミサイルや対空ミサイルの諸施設の設置などに使うのだろう。宮古島の中でキャタピラーを使うようなところは限られているはずだが。

Imgp6440-800x532

東側から駐車場を見る。右手前は給油施設。

Imgp6442-800x532

貯油タンク。このコンクリートの中に100トンタンクが7基あるそうだ。

JP-4とあるのがジェット燃料。

Imgp6437-800x532 

 

建物のない平面に雨水浸透桝が多数。周囲から見て低地だからか。

上部に芝生を張っている。ここにヘリは降りれない(壊しちゃう)。

Imgp6430-800x532

これです。

 

 やはり謎は弾薬庫にあり。宿題が溜まるばかりだった。

 

 

 

開発が進む伊良部島・下地島に渡る(190307)

2019年3月7日 今日も小雨。強風。あぁ!

 朝起きたら、雨のようだ。風も強い。そうは言っても久しぶりに来たのだから、雨にも、風にもめげないの。

 Imgp4512-800x532

ここが伊良部大橋の宮古島の起点。風が強い。8:34

Imgp4514-800x532

飛ばされそうになりながら、必死で歩く。8:55

Imgp4516-800x532

この橋の一番高いところを通過。9:06 

風は北東の風、10mから15m。いつも海面からの高さで恐い橋だが、今日は風が恐い。車はいつでも恐い。歩道に段差がないから。

ここを対艦ミサイルや対空ミサイルを積んだ車両や機動戦闘車とすれ違ったり、通過されたりしたら、どれほどこわいか。まして住民は。そんな時間が間近に迫ってきたのだ。

Imgp4517-800x532

あと少しだ。伊良部島だ! 9:16

Imgp4521-800x532

渡り終った。9:33 4500mの橋。この建築物は沖縄県による道の駅のようなものを造るらしい。せっかく渡って来ても自販機しかなかったからね。左折。

Imgp4524-800x532

すぐそこがこれだ。ホテル建設。9:37

Imgp6349-800x532

振り返れば、伊良部大橋。手前は新しいホテル。9:46

Imgp4527-800x532

長浜港。奥は海保の新拠点。10:04

Imgp6350-800x532

小型の巡視船7隻いた。10:07

Imgp6352-800x532

道路沿いにこんなものが。10:26

地代がばんばんあがっているそうだ。軍事化の中での好景気にご用心。

Imgp4535-800x532

県道204号線。やはりホテル建設。10:33

Imgp4537-800x532

こんなところまで。10:44

Imgp4543-800x532

伊良部の集落から橋を渡り、下地島へ。11:12

Imgp6357-800x532

下地島空港入り口。12:17 工事中のため中に入れない。

Imgp4547-800x532

滑走路北側の道。右が海。3月23日から車両通行止めだと。

何故だろう。12:35

Imgp6363-800x532

ここから右に曲がるのだが。12:44

雨降ってるし、視界悪いし、やめた。戻る。

伊良部島に戻り、集落の中を南へ。

Imgp4553-800x532

大きなガジュマル。いいね。タキフガー 14:41

カーとは井戸のこと。伊良部公民館からバスに乗った。市営バスで無料。ありがたい。

雨だし、午後は読書の時間に。

 

◎「みやこ下地島空港」開所 2019年3月30日

同日からジェットスターが成田~下地島を運行。海外便の運行も準備されている。観光増と軍事利用の影もあり、注目せざるをえない。滑走路は3500m。ターミナルの運営は下地島エアポートマネジメント。

 

 

 

2019年4月 4日 (木)

宮古島市役所前で抗議の宣伝活動(190306夕刻)

2019年3月6日 曇り

夕方、私は市街地に戻ってきた。

Imgp6333-800x532

宮古島市役所前。ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会。

Imgp4497-800x532

後方が宮古島市役所。

Imgp6328-800x532

手前に小学校がある。

Imgp4490-800x532

この写真は日米両軍が開いた図上演習の一幕。米国海兵隊のツイッターにでたもの。

手前の地図が宮古島。上は石垣島と西表島。宮古島・伊良部島・下地島が戦場になることが想定されているのだ。

こんな戦争を誰が望むのか?! 米日政府は、「抑止力の強化」と言いながら、緊張を煽り、軍事力を強化するものだ。絶対に許してはならない。

宮古島警備隊の看板が(19306)

 2019年3月6日 朝から雨 

宮古空港南側から旧千代田牧場をめざす。

Imgp4451-800x532

千代田辺りに来たらこれだ。レンタカー屋。11:24

一体誰が使うのか? 後で聞いたところ、主に建設作業員が使うことを当て込んでいる。

Imgp6229-800x532

北側から建造地を見る。この山は何? 弾薬庫か。11:30

Imgp6232-800x532

建造地西側から野原の空自レーダー群(第53警戒隊)を見る。距離1500m。11:32

Imgp4452-800x532

こちらもレンタカー屋。後方が陸自宮古島駐屯地。11:39

Imgp4453-800x532

建造地南西側の自衛官の家族用住宅。まだ一部作業中。11:40

Imgp4455-800x532

裏側(東)に回るとここがメインゲート。11:47

Imgp6240-800x532

アップで撮れば、宮古警備隊の看板がすでに出ている。シーサーの上に監視カメラ

Imgp4464-800x532

もうゲットウが咲いている。メインゲート前の対面にある農家の庭で。

Imgp6245-800x532

ここは基地反対のハルサーです。ゲットウも輝いている。12:13

陸自のゲート前であり、ここのハルサーは「基地とは共存できない」と明言していた。これは支援を強めないといけない。

Imgp6256-800x532

 千代田から野原を見る。空自のこの斜面も怪しいのだ。緑の傾斜地の下に構造物が造られ隠されているはずだ。13:16

空自と陸自に挟まれたこの付近は有事となれば、とんでもない危険地帯にされてしまうだろう。

Imgp6265-800x532

野原の十字路(奥の建物が第53警戒隊)。あれ、ごみじゃなし、犬だ。自動車にもめげず、基地にもめげずか、大胆だな。13:16

Imgp6267-800x532

空自第53警戒隊。野原の集落(南)側から。13:21

Imgp4480-800x532

陸軍第3連隊の鎮魂碑。野原岳西側。13:44

これだけの人々が亡くなったのだ。

Imgp4481-800x532

鎮魂碑の南西を見る。右奥に赤い屋根の自衛隊の建物。再び兵隊が殺し、殺される時代を迎えるのか。

私たちは歴史を振り返り今を直視しなければならない。

Imgp4483-800x532

近くに、作業員の飯場があちこちにある。野原。13:50

Imgp6282-800x532

野原の東屋から建造地を眺める。14:08

奥に左右に広がっている。

天気悪いし、厳しい展望。

Imgp6287-800x532

見えるが、厳しい。14:11

Imgp4487-800x532

山中側の資材置き場だったが、いつのまにかこんなになっている。陸自の関連施設だろう。

ここに何ができるのか。千代田の建造地まで約1000m。

Imgp6297-800x532

やや高い位置から兵舎群。14:19

Imgp6300-800x532_1

正面にガソリンスタンド。右奥の緑の小山が弾薬庫。14:21

Imgp6307-800x532

建造地の北に広がる作業員の宿舎。15:11

Imgp6313-800x532

千代田から離れて、宮古空港におりる飛行機を南東側から撮る。16:01

詳報は3月8日にて。

 

 

 

 

 

2019年4月 3日 (水)

宮古島で遊んでしまった(190305)

 2019年3月26日、宮古島に陸自警備隊380名の部隊が新編されてしまった。

 私はこの過程にある宮古島に、久しぶりに行くことができた。もっとも初日3月5日は、前日まで「もう行けないのではないか」と思うほど疲労が溜まっており、さらに朝がたまで、締め切りが過ぎた原稿の執筆に追われていた。そんなわけで、初日は宮古島に着ければいいやの状態で行くことになった。休養といえば、熱帯植物園でしょう。

 私の宮古島は、17年12月以来だったので、宮古島をすっかり忘れていた。しかし空港に降り立った途端に、俄かに私の頭の中に立体的な地形図が蘇ったのである。

Imgp6103-800x532  

空港を出て、北へ。サトウキビの刈り取り作業を横目に歩いた。11:46

Imgp6108-800x532

12時過ぎ熱帯植物園に到着。ベニモンアゲハが舞う。吸蜜に忙しい。12:06

Imgp6148-800x532

パタパタ飛ぶので、追いかけるよりも花に下りるのを待つ。焦ってはいけない。12:20

しかしバックの葉がシルエットになってしまった。

Imgp6165-800x532

今度はシロオビアゲハ。飛び交っている。求愛行動だろう。13:09

Imgp6176-800x532

一瞬、くっついた。13:10 どうなりますやら。

Imgp6177-800x532

次の瞬間、離れた。求愛不成立。13:10

残念というか、さすがというか。チョウチョの交尾はメスが拒否権を堅持しているのだ。人間のような不正・不義は許されない。ここで「残念」というのは、次の「交尾」の撮影をできなかったからだ。

 

食事を植物園の庭でとり、平良港に向かう。

Imgp6209-800x532

空港の北端。飛び立つようだ。右下のオレンジ色に見えているのは、誘導灯。14:30

Imgp4440-532x800

北から飛んできた。下ります。程ほどの迫力。14:46

適当に切り上げて、平良港に。

Imgp6214-800x532  

丁度自衛隊のジープが出てきた。青の乗用車の後方。中央輸送隊とあった。16:58

もう駐屯部隊の輸送が始まっていたのだ。シマッタ!!

 念の為に港を探す。自衛隊の車両はいない。遅かったのだ。

Imgp6216-800x532

ひょんなところで沖縄県の船「はやて」と遭遇。17:07 何しにきているのだろう。

今日はここまで。

 この日、宮古島警備隊の車両約100両が入ったという。警察と市の港湾課によって、市民の抗議の声は排除されたのだった。

 私はこの現場にいけず、申し訳なさが募ったのだった。

 

 

2019年2月23日 (土)

宮古島に陸上自衛隊の警備部隊を3月26日新設ー抗議の声を!

 今朝(2019年2月23日)、宮古島から届いたところによれば、防衛省は、3月26日、陸上自衛隊の警備部隊(380名)を新設するとのことです。また奄美大島にも警備部隊を先行配備だと。宮古には琉球諸島におけるミサイル部隊の司令部も設置される予定。琉球諸島を対中軍事拠点にさせてはなりません。沖縄を再び戦場にさせないためにも大きな抗議行動が求められています。

宮古島、八重山と、沖縄島等との連帯を強めよう。

以下参照

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30