無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「各地を追う」の記事

2018年12月11日 (火)

霜と霜柱の世界にて(181209)

長野県駒ヶ根市 曇り  朝一人で散策。気ままに歩けるのは最高! 写真家にとっては。註:以下、時間を入れなかったのは、1台が不正確と見て外しました。他意はありません。8時~9時15分の間です。

Imgp1538_800x532_2
ホテルの庭で。
Imgp1339_800x532
バックは木曽駒ケ岳方面だろう。
Imgp1540_800x532
まだ山の上でも雪は少ない。木曽駒ケ岳方面。昨日はきっぱり見えていたのに。
Imgp1545_800x532
ふわふわ感がたまらない。
Imgp1548_800x532
あぜ道の葉に霜が付いている。自分は忘れていた光景だ。
沖縄にいたら、霜も氷もない世界。
Imgp1549_800x532
懐かしくて、ただただ楽しくなる。子ども心。
Imgp1551_800x532_5
葉の重なりがおもしろい。
Imgp1555_800x532
霜柱が立つ農地。
Imgp1558_800x532
微かに氷が張っている。
Imgp1563_800x532_2
何でもないからこそ素晴らしい。薄い青がいい。
Imgp1570_800x532
何の実だ。
Imgp1363_800x532
右側は仙丈ガ岳か。左は? 甲斐駒ケ岳はどれだろう。
思いっきり懐かしい。
Imgp1369_800x532
北岳。貫禄だね。3193M 南(右)に間ノ岳、農鳥岳と続く3000m峰
また山に行きたくなる。
もうかなわないだろうな。
青春時代を思いっきり思い出したのでした。単独行であちこち登り、歩いたな。

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31