無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「差別を許さん」の記事

2019年9月 3日 (火)

週刊ポストの「暴発」を聞いて思うこと(190903)

 週刊ポストが「暴発」している。曰く「韓国などいらない」などを特集記事にした。私はここまで来たかと呆れるが、少なからぬ日本のマスコミはとうにマスゴミに堕していた。ヘイトやって幾ら儲けるかにマスコミの経営・編集部の関心が集中しているのだ。既に許しがたい時代になっているのだ。

 「いらない」であれ、「断韓」であれ、すぐそこにある・いるものをいらないというのは、殲滅し征服するぞの意だろう。「大日本帝国の夢のまた夢」をまたやるぞなのではないのか?! ただの恥知らずなのか? この国が犯したことに蓋をして、よくもまぁ言えるものだ。週刊ポスト編集部は、ここまで覚悟した上でこうした煽動記事を載せたのか。それにしても、そんなで日本が良い国になるんですか?! 

 だがしかし、今私たちが考えるべき事は、国のレベルじゃない。もっと言ってしまおう。国民のレベルでもない。ひとりひとりの人々がまっすぐに生きれるのか、命を大切に生きれるのかだ。命を第一に考えれば、これ「国家・国民」という概念自体がおかしくないか。私はおかしいと考えている。

 私たちは、たまたまマルマル国民だと言われている。そこで生まれたから(地縁主義)、あるいは両親の国籍を受けて(血縁主義)。因みに日本国では血縁主義が採用されている。

 護憲派の皆さん、リベラルの皆さんにも、国民主義が好きな人が多い。何故だろうと、私は不思議に思っていた。日本国憲法のテキストには、「国民主権」が基礎概念だとされている。確かに「臣民」よりは、「YESサー」を畏まりつつ連発しないで済むだろう。しかし日本国憲法の草案段階ではpeopleだったものを「国民」に意図的に誤訳してしまい、大日本帝国が台湾・朝鮮・「満州」などを植民地支配してきた、こうした人々の「日本国籍」を一方的に剥奪したのだ。「国民」とは、侵略・植民地支配の過去の影を消し去ろうとした概念でもあるのだ。

 だからこそ、今私たちは、「国民」という仮面を被りながら、ものを考え続けるのか、そうした囚われから解放させながらものを考えるのか、ここが問われているのだ。全く遅ればせながらだが、「嫌韓」であれ「断韓」であれ、隣人を見下した見方を私たちは何故是とするのだろうか。これを問い直すことがまず重要だろう。そのためには、私たちはお互いの歴史を学び合うことが避けられない。友好のために何が必要なのか、ここが問われている。偏見を捨て、個人と個人の関係を作り出すことからしか始まらない。しかし偏見を捨てるのは易しくない。私たちが歩まされてきた(偏見をもたされてきた)歴史を、もう一度真摯に問い直しながら、個人と個人の関係をつくりだすしかあるまい。

 売られたけんかは買うと言う安倍政権だが、違うでしょう。大日本帝国が犯してきた罪過を、私たちは不問にしてはならないのだ。歴史はつながっているのだよ。

 儲けのためならば差別も戦争も厭わない危険なラインを超えているマスゴミ状況の中で、私たちは何ができるのか。

2019年4月 3日 (水)

詩織さんを巡る裁判が始まります(190410)

◎改めて発進元から連絡がありました。参加希望の方は以下の通り事前の申し込みが必要です。

<拡散希望>

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「Fight Together With Shiori」(FTWS)はじめます

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

●日時:2019年4月10日 19:00〜21:00(18:30開場)

●場所:文京シビックセンター4階ホール

2019年4月10日、伊藤詩織さんの民事裁判を支援する「Fight Together With Shiori」(FTWS)を立ち上げます。伊藤詩織さんの民事訴訟は現在、弁論準備手続(非公開)を重ねており、早晩、公開の口頭弁論が始まる見込みです。

#Me Too運動が世界に拡散する中、日本でも声を挙げる女性たちが出始め、日本の#Me Too運動も確実に始まっていると感じます。それでもなお、声をひそめている被害者たちがいます。そのような人々が声を挙げるためには、被害者が言われない中傷や非難を受けない、その勇気が全うに支持される社会が必要です。

私はあなたを信じる。私はあなたを支持する。私はあなたと共にいる。

「With You」の声が、今も声を押し殺している女性たちに届くような取り組みが切実に求められています。

「Fight Together With Shiori」は、声を挙げた被害者を孤立させず、その勇気に応えようとする人々の闘いが、被害者と共にあらねばならないと考えます。「With」の先にはたくさんの「Shiori」さん(You)がいることを念頭に、伊藤詩織さんの民事裁判をサポートするFTWSの活動を、多くの方々と共に開始したいと思います。性暴力のない社会を実現するため、共に声を挙げましょう。

<プログラム>

FTWSの発足について(北原みのり)

伊藤詩織さんの民事裁判について(弁護団)

性暴力に反対する取り組みについて(諸団体から)

=======================

*※要予約**―**メールにて事前予約をお願いいたします。*

*Email**:**info@ftwshiori.com <info@ftwshiori.com>*

◎上記の案内が届いたので転載します。

 加害者は恥知らずにも反訴の裁判を起こすつもりらしい。盗人猛々しいにも程がある。

男の良識と生き方が問われているこの問題・裁判。私たちも、with you を貫ける人間になろう。

そうだ。with you であり、with Okinawa でもあるだろう。だとすれば、沖縄の男は、家父長制を克服し、もっともっと、with you の道を歩かなければ、いけないはずだ。

 これは転載する中で気付いたことだ。改めて感謝。(ヤマヒデ)

 

2018年7月29日 (日)

180727夜の自民党前に4000人だって(180728)

 18年7月27日の夜、自民党前で杉田水脈議員のあからさまな差別発言に怒る集会が呼びかけられていた。昨夜は疲れ果て、私は寝てしまっていたが、今ネットで見たら4000名が参加だと。皆真剣に怒っている。当たり前のことだが、有志の呼びかけに4000名も集まったことに、時代に対する緊張を見る思いがする。

 「LGBTは生産性がない」という端的な言葉に怒りを覚える当事者達。この場で初めてカミングアウトした人も。また怒りに共感を自分ごととして露にしている人たち。つまり怒っている人たち。
 杉田たち自民党は正に「生産性」が全てなのだろう。儲かるための経済学が全てなのだ。だから安倍政権・自民党は杉田議員を何ら処分せず、庇うばかりだ。この国がやってきたことを顧みれば、差別の歴史だ。軍隊が大手を振るう時代は正に差別が大手を振るうのだ。強いか弱いか、子どもを何人生んで軍隊に貢献したのか、差別が蔓延しているから敵だと殺せるようになり、人体実験も大々的にやってきた。中国でやった「731部隊」を見ろ。
 杉田の発言は、正に歴史を73年前に戻すものだ。この人は知らないのか、知っているからなのか分からないが、他人に優劣をつけ、自分は評論家風情で、誰を生かし誰を殺すのかまで言い募るようになるだろう。
 時代は改憲を巡る対立を超えて、もっと深いところで、せめぎあっているのだ。自分は自分たちは人間だという、プライドを上げる人々に私も感動した。ここに集まった4000名の
人たちがこの国を変える大きな原動力になるだろう。東京にも、人権を具現化している人たちがいることに、私は大いに励まされた。人々の日常の中に怒りが灯されたのだ。これは一時の怒りに収まらないだろう。凄い闘いだったし、凄い闘いになるだろう。

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31