無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「集会案内(沖縄)」の記事

2019年9月 9日 (月)

緊急シンポジウム「辺野古のたたかいの今と展望ー2つの裁判の埋め立て工事」

発言

①辺野古新基地建設阻止のたたかいの今と展望 紙野健二さん(名古屋大学名誉教授)

②何を問う裁判なのか、2つの裁判の関係について 仲西孝治さん(辺野古弁護団)

パネルディスカッション

日時:19年9月29日(日) 13:30~16:30

会場:沖縄県市町村自治会館(2階)

主催:辺野古訴訟支援研究会

後援:オール沖縄会議・うりずんの会

問い合わせ:琉球大行政法研究室 henokoshienken@gmail.com

 

◎国と県の法的対抗がまた始まっています。昨年沖縄県が行った埋め立て承認撤回に対して国は行政不服審査請求で無効に追い込み工事を再開してきました。沖縄防衛局(国)は、法の趣旨を勝手にねじ曲げ、事業者と「私人」の2つの立場を使い分け、都合良くたち振る舞っています。この欺瞞を明らかにしなければ、沖縄は法的には如何ともしがたいかのように置かれている。この理不尽を如何にしたら払拭できるのか。「裁判所は法治主義に則って適切に判断せよ!」との憲法上、道義的にも当然のことが無視されている中で、私たちは何をどうすればいいのか?

 このさき、大浦湾側の埋め立て工事に着手しようとしてくる国に対して、これを止めていくためにも緊急な課題です。(ヤマヒデ) 

 

平和学習連続講座「平和を築く主権者教育」(190920)

第1回「沖縄と憲法」

日時:19年9月20日(金)19時~20時30分

会場:教育福祉会館3F大ホール(那覇市古島駅近く)

講師:高良鉄美さん(参議院議員 元琉球大法科大学院教授【憲法学】

 

「政治は私たちとは関係ない」と思っていませんか。

政治の主人公はわたしたちです。

フェイクやヘイトに惑わされず、自分で考え、行動することが大切ではないでしょうか。

再び戦争への道を歩まないために!

 

第2回 10月18日(金)「何故今改憲なのか?」

第3回 11月22日(金)「世界の主権者教育」

主催:沖縄県高教組教育資料センター

 

◎この大きなテーマ(「平和を築く主権者教育」)の中で、この3回の連続講座。沖縄で考えるべき事、今に流れる改憲潮流の動き、だから主権者教育はどうあるべきなのかを考えることは極めて重要でしょう。絡み合う暮らしと歴史と政治を目に見える形に据えて考えるべき時代です。(ヤマヒデ)

 

国の『違法』を許さない!住民の訴訟 第4回口頭弁論へ(190926)

 辺野古・大浦湾周辺住民16名による裁判。沖縄県による「埋め立て承認撤回」に対する国土交通大臣による「執行停止」の取り消しを求めて」提訴した訴訟は、4月5日の国交大臣による不当な「裁決」をうけ、裁決の取り消しと執行停止を求めて続けらている。裁判では原告適格、行政不服審査法を悪用した沖縄防衛局の審査請求の違法性、請求を認めた国交大臣の裁決の違法性などが争点となり、今回の弁論では、沖縄防衛局の「私人なりすまし」に対して原告代理人(弁護士)が反論します。

 (中略)

 今回の原告意見陳述は、地元の新基地建設反対運動の中で育った瀬嵩(せだけ)の渡具知武龍(琉大生)が行います。

日時:19年9月26日(木)

       10時 那覇地裁前 城岳公園集合

       10字30分 第4回口頭弁論(那覇地裁101号法廷)原告意見陳述 渡具知武龍

    終了後、城岳公園で報告集会

 訴状原告団【団長:東恩納琢磨 連絡先:090(4409)1682 田仲】辺野古弁護団

2019年8月31日 (土)

シンポジウム 名護の原点=『逆格差論』を問い直す(190906)

「名護の原点=『逆格差論』を問い直す」

と き:2019年9月6日(金)18時30分から20時30分

ところ:名護市港区公民館

参加費:300円

基調報告:真喜屋美樹(名桜大リベラルアーツ機構 准教授)

パネリスト:島袋正敏(「蔓草庵」主宰/初代名護博物館館長) 稲嶺進(前名護市長) 岸本洋平(名護市議会議員)

 

 1970年に1町4村が合併し名護市が誕生してから来年で50年。「日本復帰」間もない1973年、名護市が打ち出した「名護市総合計画・基本構想」は次のように述べています。「いわゆる経済格差という単純な価値基準の延長上に展開される開発の図式から本市が学ぶものは何もない」「多くの都市が道を急ぐ余り、ほかならずも生活環境を破壊していった例に接するにつけ、たとえ遠回りでも風格が内部から滲み出てくるような町にしたい」

 「本土に追いつけ!追い越せ!」という当時の沖縄の風潮に与せず、やんばるの自然と伝統に根ざした「身の丈の発展」をめざすこの計画は、内外に大きな反響と感銘を与え「逆格差論」と呼ばれました。

 以来、名護市は、その原点をどのように実現してきたのか、あるいはしてこなかったのか。名護市の未来のために、今こそ原点を問い直し、検証することが求められています。新たな一歩に向けて、共に学び、考えましょう。

 

主催:いーなぐ会(名護市政を考える女性の会) 連絡先:090(7586)3348

 

◎名護市政50年と聞いていましたが、渡具知市政からはイベントしか聞こえてこなかった。この「逆格差論」は開発の構図が破綻し、復帰幻想が明らかになっている今、新たな視点から見直すべき時だと私も考えます。是非とも参加したいと思います。(やまひで)

 

 

 

2019年8月 9日 (金)

不屈館で学ぶ沖縄の戦後史「0(ゼロ)からの出発展」

 不屈館の正式名称は「瀬長亀治郎と民衆資料 不屈館」です。住所は那覇市若狭2ー21-5 ℡ 098(943)8374

火曜日定休 開館時間:10時~17時 入館料:500円(大学高校生:300円 小学生:無料)

www.senaga-kamejiro.com/about.html

今『0(ゼロ)からの主発展』が開催中。19年7月15日~9月30日

 沖縄戦が終わり、沖縄の人々は、家も着るものも、すべて焼き尽くされ、何もない中から、たくましく立ち上がりました。

 米兵が飲んだ、コ-ラ瓶で、コップを作り、飛行機の残骸で、様々な生活道具を作りました。その実物を展示します。

 夏休みの「自由研究」になるようなアイデアがひらめく事でしょう。(以下略)

 

是非お立ち寄りください。 

2019年6月20日 (木)

Save Henoko,Oura Bay! 辺野古・大浦湾 命を守る写真展(190713-15) 

上記の写真展が近く開催されます。

写真は現場の皆さんが撮られたものです。貴重なものばかり。タイトルにもあるとおり、「命を守る」が主題です。

決して挫けない、諦めない気持ちも伝わってくると思います。(ヤマヒデ)

Save Henoko,Oura Bay! 辺野古・大浦湾 命を守る 写真展

 

日時:2019年7月13日(土)~15日(月) 11時~18時(最終日は17時まで)

会場:ゆかるひ(那覇市久茂地3-410久茂地YAKAビル3階 県庁前から国際どおりを牧志方面へ約5分。)

主催:ヘリ基地反対協議会 海上チーム

メール henokoblue@outlook.jp

tel:080(6494)4915

入場無料

◎パネルデスカッション 7月15日14時から

チラシは以下

ダウンロード - img_20190620_0001.jpg

 

 

 

 

高江座り込み12周年報告集会(190630)

高江座り込み12周年報告集会ー手をつなごう!軍拡に抗う島々 第2弾

伝え合い、つながろう。

そして、わたしたちは あきらめない!

日時:2019年6月30日(日)13:00~15:00

会場:東村農民研修施設(平良550-4 村営グランド向かい公民館2階)

発言団体:戦争をさせない種子島の会

     戦争のための自衛隊配備に反対する奄美ネット

     高江弁護団

     グアムからのメッセージ

     音楽:高江スワロッカーズ

主催:「ヘリパッドいらない」住民の会

http://takae.ti-da.net   tel:090(9789)6396  mail:info@nohelipadtakae.org

 

皆で参加しよう!負けるわけには行かないよ(ヤマヒデ)

 

 

 

2019年5月31日 (金)

資料展「宮森小学校ジェット機墜落事故 あれから60年」(190601-0731)

 1959年6月30日、米軍ジェット戦闘機が旧石川市の宮森小学校に墜落・炎上。大惨事となった。子ども達を初め17名がなくなり、200名余りが負傷した。あれから60年が経つのだね。

 今年の資料展は、当時事故を目の当たりにした画家の伊波則雄さんが描いた油絵(具ま象画)や、棟方志功の版画、慈母観音像が20年ぶりに公開される。この60年、沖縄では何が変わったのか、変わっていないのかを深く考えたい。

 59年6月といえば、東京で言えば、60年安保・反安保闘争の1年前の出来事だ。まだまだ沖縄の情報は入ってこなかったようだ。いや、沖縄の情報を手にする努力が欠けていた。

 沖縄ではその後も事故は続いている。米軍、米・日政府は沖縄の声を無視し続けている。改めて当時を考え、今何をしたらいいのかを考えよう。

59年といえば、私とほぼ同世代の人たちだったのだ。小学校3年ぐらいか。

会期:190601から0731(月曜休館) 9時~17時

会場:うるま市石川歴史民俗資料館

問い合わせ:098(965)3866

https://www.city.uruma.lg.jp/culture/139/1277/1282

 

 

2019年5月27日 (月)

米国海軍兵による女性殺害 緊急追悼・抗議集会(190602)

米国海軍兵による女性殺害 緊急追悼・抗議集会

「彼女」は「わたし」だったかもしれない

 

日時:2019年6月2日(日)15時~

会場:ちゃたんニライセンター カナイホール(北谷町字桑江467-1 ℡098-936-3492)

主催者共同代表:瑞慶覧功(沖縄県議会議員)

        亀谷長久(北谷町議会議長)

        高里鈴与(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会) 

        糸数慶子(参議院議員)

事務局:玉那覇淑子(沖縄うないネット)

問い合わせ:090-9781-8843(玉那覇)

賛同団体(以下参照)

ダウンロード - img_20190527_0001.pdf

当日は黒のアイテムを身に付けてのご参加をお願いします。

2019年5月21日 (火)

国の「違法」を許さない!住民訴訟 第2回口頭弁論に結集を!(190523-那覇地裁)

 去る1月29日辺野古・大浦湾沿岸地域に住む住民16人が原告となり、沖縄県の『辺野古埋立て承認撤回』に対して、国土交通大臣が行なった「執行停止」の取り消しを求めて提訴しました。(以下参照)

ダウンロード - img_20190520_0001.pdf

日時:19年5月23日(木)

15:20 那覇地裁前 城岳公園集合 15:30 傍聴券配布

16:00 第2回口頭弁論(那覇地裁101号法廷/原告意見陳述:金城武政さん)

16:30 報告集会(城岳公園)

  訴訟原告団(団長:東恩納琢磨)/辺野古弁護団(連絡先:090-4409-1682 田仲)

多数の方々の傍聴をお願い致します。

 

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31