無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「集会案内(沖縄)」の記事

2019年1月10日 (木)

2.24県民投票を巡るシンポジウム(190124 名護市)

 来る19年2月24日に「辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」が行なわれます。ここにむけてシンポジウムが行なわれます。

19年1月24日
名護市港区公民館(名護市港2-8-7)
パネリスト:
○元山仁士郎(「辺野古」県民投票の会代表)
○稲嶺進(辺野古埋め立て・新基地建設反対の民意を示す県民投票連絡会共同代表)
○大城渡(名桜大教授/憲法学)
○名桜大学生ほか
主催:島ぐるみ会議名護/いーなぐ会

2018年12月12日 (水)

土砂投入を許さない! 12,14 辺野古海上大行動

日時:18年12月14日 7時

集合:辺野古テント2
カヌー、船での参加は申し込みが必要です。午前中の乗船は 締め切っています。午後になります。
申し込み:henokoblue@outlook.jp
①お名前 ②連絡先 ③カヌー又は船の別。
◎連帯メッセージも募集中。同上へ。
主催:ヘリ基地反対協議会
◎イメージカラーの青を身につけてきてください。
詳しくはf カヌーチーム辺野古ぶるー
ブログは https://henokoblue.wixsite.com
陸からの参加 12月14日 13時から 辺野古浜集会
主催:オール沖縄会議
ゲート前での座り込み 8時~16時
◎多くの参加をお願い致します。

2018年12月 6日 (木)

「県民投票」成功のために!(181218 名護市)

 政府・防衛局は、違法・無法の限りをつくして、12月14日に辺野古への土砂投入を行なおうとしています。民意に反する辺野古への新基地建設は断じて許せません。

 辺野古新基地建設ストップ、県民投票を成功させるため学習会を行ないます。お誘い合わせてご参加ください。
日時:12月18日 18時30分から
会場:名護市労働福祉センター1階
講師:新垣勉弁護士
主催:ヘリ基地反対協議会 名護市大南1-10-18 0980(53)6992

県民投票の成功を目指す学習会(181209 那覇)

今何故県民投票が必要なのか。成功させるために どんなことができるのか。

みんなで学びませんか。
日時:12月9日 13時~15時
会場:沖縄県教職員組合那覇支部3階(与儀公園かねひで隣)
   ◎駐車不可
講師:新垣勉弁護士
参加費:300円
主催:新日本婦人の会沖縄県本部
申し込み:ファックス 098(833)7617 ℡ 098(833)7616

2018年11月28日 (水)

宮古島にミサイル基地はいらない!12,3沖縄防衛局交渉報告会

日時:18年12月3日18時30分~20時30分

会場:沖縄教職員組合那覇支部事務所3階(与儀かねひで隣)
主催:ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会 
連絡先:090(6863)8394 中村 090(9784)1545 清水
 宮古島のど真ん中、千代田に陸自のミサイル基地建設が強行されています。ゲート前の監視と抗議のスタンディング行動を続けて1年になりました。私たちはあきらめていません。千代田の工事中の違法性を指摘してきました。保良(ぼら)地域では弾薬庫・訓練場の年度内着工のおそれがあります。
 今回、沖縄防衛局へ直接、要請と60余りの質問事項を用意して交渉に行きます。その報告会を以上のように那覇で行ないます。宮古島の全島要塞化計画の実態をお伝えします。辺野古の米軍基地建設強行と、離島の島々への陸自ミサイル部隊の配備は、日米の防衛政策の両輪です。辺野古も、宮古・石垣への陸自配備も止めなければ、戦争と軍事の同じ未来に突き進みます。多数、ご参加ください!!
○今こそ沖縄島と琉球諸島がもっと深く連携すべきときです。自分も体ひとつなので、ここのところ、島々にいけていません。だからこそ問題を共有化していきたい。(ヤマヒデ)

2018年11月15日 (木)

「今、私たちに何ができるのだろう」(181124 名護市)

「塩川港からの搬出を止めよう!」第3回緊急学習会

講師:山口順一氏(全港湾沖縄地方本部委員長)「沖縄の港の現状」
    奥間政則氏(土木技術者)「海上運搬阻止へ―土木技術者からの報告」
日時:18年11月24日15時~17時
会場:名護市労働福祉センター
参加費:無料(会場カンパ)
主催:学習会実行委員会 電話 090(6864)6628
ブログ:https//atumareshiokawa.hatenabiog.com

緊急シンポジウム「埋め立て承認を巡る闘いの現段階と展望」

日時:18年11月16日 18時30分開場 19時開会(入場無料)

会場:琉球新報ホール
主催:辺野古訴訟支援研究会
後援:オール沖縄会議 
協力:辺野古基金
コーデネイター:徳田博人(琉球大教授)
パネルディスカッション:紙野健二(名古屋大名誉教授・行政法)と白藤博行(専修大教授・行政法・地方自治法)
沖縄県の埋め立て承認撤回に対抗して、沖縄防衛局は審査請求・執行停止を申し立て、国交相は撤回の執行停止を行なった。今回、沖縄防衛局は公有水面埋立法によってあたえられた特別の法的地位「固有の資格」にありながら、一般私人と同様の立場で審査請求や執行停止申し立てを行なった。これは断じて許されるものでない。国の対応の何が問題なのか、今後の展開と課題、また今後の運動への展望を行政法研究者から意見を聞くため緊急のシンポジウムを開催する。

2018年11月 4日 (日)

安倍政権の行政不服審査法の悪用を糾弾する緊急講演会(181107)

安倍政権の行政不服審査法の悪用を糾弾する緊急講演会

日時:18年11月7日(水) 18時~20時30分
会場:教育福祉会館(那覇市モノレールの古島駅から徒歩5分)
主催:平和市民連絡会
講師:徳田博人(琉大教授 行政法)
  ―辺野古埋め立て承認の意義と国の対抗措置の法的問題点
講師:北上田毅(土木技師)
  ―工事再開にどう対応すべきか?
◎タイムリーな企画です。お仲間内閣の本音を暴露し、如何に闘うか? この問題は行政不服審査を適用されてしまったで、終わらない。ここが問題なのです。(ヤマヒデ)

2018年11月 2日 (金)

国の違法行為を許さない学習会(181114 名護)

ストップ!辺野古新基地建設! 国の違法行為を許さない学習会

日時:18年11月14日(水) 18:30から
会場:名護市宇茂佐公民館
講師:白藤博行さん(専修大法学部教授 行政法、地方自治法)
主催:ヘリ基地反対協議会、島ぐるみ会議 名護
趣旨:沖縄防衛局は埋め立て承認を撤回した県の措置を不服として、国土交通省に審査請求し、撤回の効力停止を申し立てました。10月30日、国土交通相が執行停止を認めました。
 この行政不服審査法は公権力の不当な処分から国民の権利・利益を救済するものであり、今回の執行停止は法の趣旨を捻じ曲げた違法行為です。県民の民意を踏みにじり、どこまでも強権的に埋め立て推進を図る政府を許すわけにいきません。
 多数の参加をお待ちしています。

2018年11月 1日 (木)

第20回 満月まつり(名護市大浦湾―181123)

第20回 満月まつり

日時:18年11月23日 16時30分開場 17時開会~20時
会場:大浦湾の瀬嵩(せだけ)ビーチ
出演:海勢頭豊、川口真由美、知念良吉、まよなかしんや、UI Ohana(フラ)、地域の踊り、瀬嵩青年会エイサー(予定)
主催:満月まつり実行委員会(共同代表 まよなかしんや 浦島悦子、東恩納たくま)
問い合わせ:ジュゴンの里 0980(55)8587
www,dugongongnosato.jp
◎ジュゴンの海にも、やんばるの森にも新基地はいらない。
◎まぁるい地球、まぁるい月、まぁるい心
参加協力金:500円(豪華景品が当たる抽選会にエントリー)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31