無料ブログはココログ

ウェブページ

考えるための本

  • 川満信一、仲里効編: 琉球共和社会憲法の潜勢力-群島・アジア・越境の思想
     混沌としている状況だからこそ読まれるべき一冊。
  • 吉田敏浩、新原昭治、末浪靖司: 検証・法治国家崩壊ー砂川裁判と日米密約交渉
     今日の米日関係が米日トップの共犯関係で作られて来たことを歴史的に明らかにし、世に問うた力作。米国の核の傘の下に、私達は居続けるのか?
  • ジョン・W.ダワー: アメリカ 暴力の世紀-第2次世界大戦以降の戦争とテロ
    アメリカという国が如何に暴力にまみれた国であるかを示す好著。正規軍による戦争ばかりか、様々な謀略活動が表の顔の裏側に張り付いている。私達はこの国と如何に付き合うべきか?
  • 下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか

    下嶋 哲朗: いま、松下竜一を読む――やさしさは強靭な抵抗力となりうるか
    沖縄本の著作も多い下嶋さんが松下竜一さんの著作・生き方から考える視点を提示している。弱者でありながら強く生きることは可能なのか。

カテゴリー「弾圧を許さない」の記事

2019年6月21日 (金)

19年6月19日安和で不当逮捕された仲間は、翌20日、解放されました。

 19年6月19日名護市安和で、不当にも公務執行妨害罪で逮捕された女性1名は、20日17時頃、解放されました。余りにも当然なことです。ご本人もほっとしていることでしょう。良かったです。

 沖縄県警は、過剰な介入を図る無理無理な弾圧をやめるべし。

 因みにシュワブゲート前での工事資材の搬入は、本日から23日まで、止まるようです。6月23日の慰霊の日の警備に警察は、人を取られるからです。本日は安和からの搬出もなかったとのことです。やれやれ。

2019年6月19日 (水)

名護市安和で不当弾圧(190619)訂正(190620)

 本日2019年6月19日11時20分頃、名護市安和の琉球セメント裏門側道路で、女性1名が不当逮捕された。容疑は不詳だが、状況から判断して、「道路交通法違反」だと思われる。辺野古の基地建設のための土砂の搬出への正当な抗議行動への刑事弾圧であり、到底許されるものではない。

 情報が錯綜したが、本日夕方には、弁護士接見を行ったはずだ。なお、被疑者が女性のため、名護署から沖縄署に移管されている。抗議及び激励行動は沖縄署にお願いしたい。

 【以下訂正】19年6月20日の沖縄タイムスが報じるところによれば、警察発表では、女性が20代男性の胸を突き飛ばしたと主張し、公務執行妨害だとしている。機動隊員が押さえ込んできたときにこれを振り払おうとすることは、身を守る行動だ。これを「胸を突き飛ばした」とすることは明らかな過剰な弾圧である。即刻釈放すべきだ。

 

2019年4月 6日 (土)

不当逮捕(190405)を翌日釈放させた(190406)

 キャンプシュワブゲート前での闘いに対する弾圧を報告する。実は、私が東京に行っている間に、1件起きていた。19年3月22日か23日のことだ。容疑は公務執行妨害罪だ。女性だったので、沖縄署に留置され、統一連傘下のメンバーであり、ヘリ基地反対協議会の弾圧対策班を通さなかったので詳細不明。ただし写真撮影を拒否したところ、周囲にいた多数の警察官に暴行を受け、身体に多くのあざが残るほどだったという。なおその後、釈放されている。

 2019年4月5日9時頃、ゲート前で、機動隊に排除された男性のプラカードが、機動隊員に当たったと、公務執行妨害罪で逮捕された。過剰警備が無用な混乱を生んだのであり、その反動でプラカードが機動隊員に触れたに過ぎない事案だ。翌6日午後、釈放された。

 沖縄県警は、いつまで沖縄防衛局の手先であり続けるのか。沖縄を踏み潰すような弾圧をやめろ!

2018年8月15日 (水)

「8・6 ヒロシマ弾圧・抗議声明」-共に抗議の声を!(180815)

 先ほど、とんでもないものが飛び込んできた。「【8・6 ヒロシマ弾圧・抗議声明】勾留決定を許さない!抗議声明第2弾」だ。

 18年8月6日夜、ヒロシマ平和公園内のことらしい。福島から避難している「go west,come west!! 3.11 東北・関東放射能汚染からの避難者と仲間たち」がヒロシマとフクシマを繋ぎ、核爆弾と原発事故の共有性(核災害)を訴えていた。
 そこにミリタリースタイルの男が通行し、妨害の為の撮影を始めたと。肖像権を侵害した上に「カメラを壊された」と110番通報したようだ。駆けつけた警官は、職務質問を始めたが、その途中で態度を急変させ、強引に女性一名に手錠をかけ、引きずり出したようだ。容疑は「器物損壊」だと。
 器物損壊ならば壊されたカメラをその場で保存したのか?!後で壊して「証拠」だとでも言うのか。その男が持っていたカメラの機種は何か。
 
 こうした事件は、明らかに法的根拠のないデッチ上げ弾圧であり、即時釈放しかないはずだ。にもかかわらず簡裁は、10日の勾留をつけたという。不当逮捕された女性は体調を崩し、点滴を受けているという。逮捕されたものが黙秘するのは基本的人権だ。「逃亡や証拠隠滅の恐れ」など考えられない。証拠隠滅や証拠の捏造は権力の常套手段だ。断じて許されない。
 8・6ヒロシマ弾圧救援会 danatsu8.6@gmail.com
賛同声明を 氏名(仮名)・所属(肩書き)・地域を添えて。
抗議先:勾留している広島県警本部   082(228)0110 
     捜査している広島中央警察署 082(224)0110
同抗議声明のアドレス http://danatsu86hatenablog.jp/entry/2018/08/10/185538
◎関連資料多し
 共に反撃の声を上げて行こう。命のために、未来のために、良心をかけて。

2018年7月16日 (月)

シュワブ作業用ゲート前に巨大な妨害物が造られた(180715未明)

 2018年7月15日沖縄2紙は「シュワブ前新たな柵」(沖縄タイムス)などと伝えた。突然真夜中に建設工事を始めるのは2014年7月27日に続いて2度目。沖縄防衛局はゲリラ部隊のようだ!よほどやましいのだろうか。

 こんなものだ。
Imgp6598_800x532
車道側の赤白の柵と、単管でできた内側の構造物。長さ45m。高さ4m。奥域6m。
Imgp6602_800x532  
かなり重い。
Imgp6620_800x532
Imgp6605_800x532
大幅にせり出している。この網の中もオレンジラインまでは国道だが。防衛局が国道を独り占め。
Imgp9575_800x532
Imgp9590_800x532
Imgp9592_800x532
あの三角鉄板(2014年7月27日に闇夜の中で作ったもの)が一部復活。コンクリートブロック3個以上置いているが、開かずの間になるのか? どけどけということだろうが、何を考えているのか。「マイ・ウェイ」過ぎるだろ
Imgp9585_532x800
歩道は一人通るのがやっと。物理的に座り込みを排除する。
Imgp9586_532x800
脇から内側を覗く。
Imgp9600_800x532
この狭さ。交通をシャットアウトか。
Imgp9581_800x532
「速やかに通行してください」とある。
以上、沖縄防衛局と沖縄総合事務局の共謀柵でした。道路法の占用を悪意で捻じ曲げた工作物でもある。180715 16時過ぎに撮影

2018年7月 3日 (火)

6月26日、大浦トンネルとの交差点で逮捕された女性は釈放されています

 2018年6月26日午前、国道329号線の大浦トンネルとの交差点付近で道交法違反で逮捕されていた女性は6月28日、無事釈放されていました。私の報告が遅れ、申し訳ありませんでした。
 
 7月3日から台風休み明けの搬入作業が始まりました。よりいっそうのご参加をお願い致します。

2018年6月27日 (水)

弾圧相次ぐ(180627)

 去る2018年6月19日に逮捕されていた女性は、2泊3日で釈放されていた(6月21日)。私が忙しく確認が遅れたことをおわびします。

 ところが、昨日、2018年6月26日午後、国道329号線で1名が道交法違反で逮捕され、連行途中で抵抗を繰返したようだ。また、本日も大浦トンネルに曲がる交差点付近で、道交法違反で逮捕。女性1名。沖縄署に留置されたが、弁護士接見を終わっている。 
 海を壊し、新基地建設を進めるトラック等の搬入に抗議し、止めるための創意工夫を。

2018年6月19日 (火)

また、道交法違反で不当逮捕(180619)

 2018年6月19日12時頃、国道329号線の大浦方面の信号付近で、女性1名が道路交通法違反の容疑で逮捕された。資材搬入のトラックに対して、抗議中だった。身柄は一旦名護署にもっていかれたが、沖縄署に移管された。女性弁護士に連絡が取れている。接見に入ったと思われる。

 微罪逮捕が続いているが、本件のように、少人数での抗議行動は、お互いに十分に注意し、記録を取る努力をお願いしたい。

2018年6月16日 (土)

6月14日逮捕された彼は昨日午後、無事に釈放されました

 2018年6月14日ゲート前で逮捕された彼は、昨日(6月15日)午後、無事に釈放されました。機動隊が鉄柵の中に囲いこんでからの事案であり、余りにも当然ではありますが、ここにご報告しておきます。Oさん、ご苦労様でした。

2018年6月14日 (木)

雨の中、公務執行妨害罪で1名逮捕(180614-辺野古)

 2018年6月14日12時前。キャンプシュワブのゲート前、機動隊が作っている柵の中に閉じ込められて中で、1名が公務執行妨害罪で逮捕された。沖縄県警は、人を物理的に閉じ込めながら、さらに逮捕するという暴挙までして、何をしたいのか。それも雨の中。

 補記:今日は弁護士さん2名が現場で監視活動をしてくれていた。だから即弁護士接見に入っていただいた。

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31